しあわせ回廊なら瑠璃絵2018/2/8~14

しあわせ回廊なら瑠璃絵

しあわせ回廊なら瑠璃絵は奈良の冬の風物詩です。しあわせ回廊なら瑠璃絵は毎年2月8日から14日まで行われています。しあわせ回廊なら瑠璃絵では夜間特別拝観を実施する春日大社・興福寺・東大寺を幻想的な瑠璃色の光の回廊で繋ぎます。なおしあわせ回廊なら瑠璃絵ではイベントが行われます。(詳細下記参照)

【しあわせ回廊なら瑠璃絵2018 日程(要確認)】
しあわせ回廊なら瑠璃絵2018は2018年(平成30年)2月8日(木曜日)~14日(水曜日)18:00~21:00まで行われます。(イベント現在確認中)

【しあわせ回廊なら瑠璃絵・興福寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市登大路町48
最寄り駅・バス停・・・近鉄奈良駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線

*JR奈良駅から市内循環バスの場合、県庁前(徒歩すぐ)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【しあわせ回廊なら瑠璃絵 歴史・簡単概要】
しあわせ回廊なら瑠璃絵(しあわせかいろうならるりえ)では夜間特別拝観を実施する春日大社・興福寺・東大寺を幻想的な瑠璃色の光の回廊で繋ぎます。なおしあわせ回廊なら瑠璃絵では奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の庭園でイルミネーションが行われたり、冬七夕ロード・夜参り提灯・アートプロジェクション ・ミラーボーラー ・光の夜神楽・バレンタインマーケットなどのイベントが行われたりします。(要確認)
しあわせ回廊なら瑠璃絵は春日大社・興福寺・東大寺で手を合わせ、心が洗われて幸せが訪れ、小さな祈りが集めって大きな平和の祈りになり、瑠璃色の星がいつまでも美しく輝くようにと願いを込めて実施されるそうです。

*参考・・・しあわせ回廊なら瑠璃絵ホームページ

【春日大社 歴史・簡単概要】
春日大社(かすがたいしゃ)は社伝によると約1300年前に常陸国・鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を御蓋山(みかさやま)の山頂・浮雲峰(うきぐものみね)に勧請したのが起源と言われています。その後768年(神護景雲2年)左大臣・藤原永手(ふじわらのながて)が第48代・称徳天皇の勅命により、現在の場所に社殿を造営して、下総国・香取神宮の経津主命(ふつぬしのおおみこと)や河内国・枚岡神社(ひらおかじんじゃ)の天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)を勧請したと言われています。その後平安時代に藤原氏が隆盛すると官祭が行われるようになりました。ちなみに春日大社の例祭・春日祭は賀茂社(かもしゃ(上賀茂神社・下鴨神社))の葵祭・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の石清水祭と合わせて、三大勅祭に数えられました。春日大社は藤原氏の氏寺だった興福寺(こうふくじ)と関係が深く、興福寺が実権を握っていた時期もありました。なお春日大社は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
*参考・・・春日大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ春日大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【興福寺 歴史・簡単概要】
興福寺(こうふくじ)は669年(天智天皇8年)藤原鎌足(うじわらのかまたり)の妻・鏡大王(かがみのおおきみ)が夫・鎌足の病気平癒の祈願の為、鎌足発願の本尊・釈迦三尊像や四天王などを安置する山階寺(やましなでら)を山背国山階陶原(京都市山科区)に創建したのが起源と言われています。672年(天武天皇元年)の藤原京遷都とともに移り、地名から厩坂寺(うまやさかでら)と称したが、710年(和銅3年)の平城京遷都とともに鎌足の子・不比等(ふひと)が現在の場所に移し、興福寺と名付けました。その後720年(養老4年)に不比等が亡くなると造興福寺仏殿司が設けられ、国家事業として伽藍が整備されました。ちなみに興福寺は奈良時代に四大寺、平安時代に七大寺に数えられ、春日大社(かすがたいしゃ)の実権も手に入れたそうです。なお興福寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
興福寺は法相宗の大本山です。
*参考・・・興福寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ興福寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【東大寺 歴史・簡単概要】
東大寺(とうだいじ)・金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)は728年(神亀5年)第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(こんしゅじ・金鍾山寺)が起源と言われています。金鍾寺は733年(天平5年)に創建され、741年(天平13年)に国分寺・国分尼寺建立の詔が発せられると翌742年(天平14年)に大和国分寺になり、名称を大和金光明寺(きんこうみょうじ)に改められました。その後743年(天平15年)聖武天皇が大仏造立の詔を発し、当初紫香楽宮(滋賀甲賀市信楽町)で大仏の造立が開始されました。しかし745年(天平17年)に都が平城京に戻ると東大寺で大仏の造立が開始され、752年(天平勝宝4年)にインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)を導師として、大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われ、758年(天平宝字2年)には大仏殿が完成しました。なお東大寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
東大寺は華厳宗の大本山です。
*参考・・・東大寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ東大寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【しあわせ回廊なら瑠璃絵 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
春日大社(アクセス・見どころ・・・)情報
興福寺(アクセス・見どころ・・・)情報
お水取り・東大寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る