元興寺

元興寺

元興寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。元興寺の五重塔は寺伝によると総高約72.7メートルで、東寺(京都)の五重塔よりも高かったとされていたが、1859年(安政6年)に観音堂などの伽藍とともに焼失しました。ただ五重塔は実際に50メートルぐらいだったとも言われています。

【元興寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市中院町11
最寄り駅・バス停・・・近鉄奈良駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線

*JR奈良線・奈良駅(徒歩約20分)
*JR奈良線・奈良駅からバスの場合、田中町(徒歩約5分)
*近鉄奈良線・奈良駅からバスの場合、福智院町(徒歩約5分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【元興寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 受付16:30終了

【元興寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人500円、高校生・中学生300円、小学生100円

団体(20名以上)
大人400円

スポンサーリンク


【元興寺 歴史・簡単概要】
元興寺(がんごうじ)は588年(崇峻天皇元年)蘇我馬子(そがのうまこ)が甥で、第32代・崇峻天皇が即位した際、法興寺(ほうこうじ)を創建したのが起源と言われています。ちなみに法興寺は地名から飛鳥寺とも言われたそうです。710年(和銅3年)の平城京遷都後の718年(養老2年)に平城京に移され、名称も法興寺(飛鳥寺)から元興寺に改められました。元興寺の名称は「仏法元興之場、聖教最初の地」の言葉に由来するそうです。その後平安時代末期からの末法思想の流行や阿弥陀信仰の隆盛により、曼荼羅(まんだら)を祀る堂は極楽坊とも言われ、発展しました。1451年(宝徳3年)の土一揆によって炎上し、曼荼羅を祀る極楽院・五重塔を中心とした元興寺観音堂・小塔院の3つに分裂しました。極楽院は1955年(昭和30年)に元興寺極楽坊、1977年(昭和52年)には元興寺に名称を改めました。なお元興寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
元興寺は真言律宗の寺院です。
*参考・・・元興寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ元興寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【元興寺 見どころ・文化財】
元興寺の見どころは本堂です。本堂の屋根瓦には飛鳥時代・奈良時代の瓦が一部に使われているそうです。また高さ約5.5メートルの五重小塔も見どころです。
元興寺見どころ(見所)詳細

国宝・・・本堂、禅室、五重小塔、木造薬師如来立像
重要文化財・・・東門、著色智光曼荼羅図(板絵)、木造阿弥陀如来坐像、木造弘法大師坐像、木造聖徳太子立像 善春作、木造十一面観音立像、元興寺塔址土壇出土品 玉類銅銭等一括

【元興寺 連絡先】
電話番号・・・0742-23-1377

【元興寺 おすすめ散策ルート】
元興寺から元興寺塔跡(芝新屋町)・元興寺小塔院跡(西新屋町)まで散策するのがおすすめです。なお周辺のなら町(奈良町)を散策するのもいいかもしれません。

【元興寺 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。北門駐車場は大型バス、東門駐車場は乗用車が駐車できます。
*参考・・・元興寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 三枝祭
    奈良で2018年6月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式

    法華寺蓮華会式2018/7/17

    蓮華会式・茅の輪くぐりは奈良の夏の風物詩です。蓮華会式・茅の輪くぐりは毎年7月17日に行われています…
  2. 弁財天供

    興福寺弁財天供2018/7/7

    弁財天供は奈良の夏の風物詩です。弁財天供は毎年7月7日に行われています。弁財天供では弁財天を安置する…
  3. 夏越大祓式

    春日大社夏越大祓式2018/6/30

    夏越大祓式は奈良の夏の風物詩です。夏越大祓式は毎年6月30日に行われています。夏越大祓式(なごしのお…
  4. 竹供養

    大安寺竹供養2018/6/23

    竹供養は奈良の初夏の風物詩です。竹供養は毎年6月23日に行われています。竹供養では本尊・十一面観音に…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る