吉祥寺

吉祥寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。吉祥寺を創建したとも言われている弘法大師・空海は774年(宝亀5年)に父・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)と母・阿刀大足(あとのおおたり)の妹の間に生まれ、15歳で京都に上京し、804年(延暦23年)に遣唐使として唐に渡り、真言密教を日本に伝えました。

【吉祥寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県五條市丹原町914
最寄り駅・バス停・・・上丹原(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR和歌山線・五条駅からバス・十津川方面行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【吉祥寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00

【吉祥寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【吉祥寺 歴史・簡単概要】
吉祥寺(きっしょうじ)は816年(弘仁7年)真言宗の宗祖である弘法大師・空海が創建したと言われています。空海が高野山を開創する際、毘沙門天(びしゃもんてん)を浄域・高野山七里結界の北東(丑寅)に安置する為に訪れたところ生身の毘沙門天が出現し、伽藍を建立するように告げられ、自ら毘沙門天を刻んで祀ったと言われています。吉祥寺は日本三毘沙門霊場(朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)・京都鞍馬寺(くらまでら))のひとつに数えられています。ちなみに毘沙門天は方滅天・伍代天・三納天とともに四天王の一尊に数えられる北方守護の武神で、多聞天(たもんてん)とも言われています。また毘沙門天は室町時代から恵比寿・大黒天・弁財天・寿老人・福禄寿・布袋とともに七福神の一神に数えられ、招福と勝負の神とされています。なお現在の本尊である毘沙門天立像は室町時代に造仏されたと言われています。ちなみに毎年5月3日に毘沙門天王会式が行われています。
吉祥寺は高野山真言宗の寺院です。

【吉祥寺 見どころ・文化財】
吉祥寺の見どころはモミジアオイ(紅葉葵)です。モミジアオイは夏に鮮やかな赤い花を咲かせます。毎年8月1日から25日までもみじ葵祭りが行なわれます。(要確認)なおモミジアオイは、アオイ科の宿根草です。

【吉祥寺 連絡先】
電話番号・・・0747-22-0332

【吉祥寺 おすすめ散策ルート】
吉祥寺からは丹生川上神社上社(にうかわかみじんじゃかみしゃ)・御霊神社(ごりょうじんじゃ)まで散策するのがおすすめです。

【吉祥寺 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・吉祥寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る