東大寺大仏さまお身拭い2018/8/7

大仏さまお身拭い

大仏さまお身拭いは奈良の夏の風物詩です。大仏さまお身拭いは毎年8月7日に行われています。大仏さまお身拭いでは先ず僧侶らが早朝二月堂の湯屋で身を清め、白装束・藁草履姿に着替えます。その後大仏さまの魂を抜く撥遣(はっけん)が行われ、全員で読経した後に大仏さまお身拭いが行われます。(詳細下記参照)

【大仏さまお身拭い2018 日程(要確認)】
大仏さまお身拭い2018は2018年(平成30年)8月7日(火曜日)7:00~9:30頃まで行われます。なお拝観は7:30から行われます。

【大仏さまお身拭い・東大寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市雑司町406-1
最寄り駅・バス停・・・東大寺大仏殿・春日大社前(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バス

*近鉄奈良線(徒歩約20分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【大仏さまお身拭い 歴史・簡単概要】
東大寺大仏さまお身拭い(だいぶつさまおみぬぐい)は1964年(昭和39年)から毎年8月7日に行われるようになりました。大仏さまお身拭いは以前から行われていたが、その頻度は住職の任期中に一度行われる程度だったそうです。かつて大仏殿の参道は砂利道だった為、砂ボコりの量はかなり多かったそうです。
大仏さまお身拭いでは先ず僧侶や関係者が早朝二月堂(国宝)の湯屋(ゆや)で身を清め、白装束・藁草履姿に着替えます。その後7:00から大仏さまの魂を抜く撥遣(はっけん)が行われ、全員で読経した後に大仏さまお身拭いや周囲の清掃が行われます。ちなみにホコリを被るとご利益があると言われているそうです。またホコリを取り除くと自動車などから排出される窒素酸化物・硫黄酸化物による大仏さまの腐食を防ぐとも言われているそうです。大仏さまお身拭い終了後、大仏さまに魂を戻す開眼が行われ、大仏殿で放水試験などの消防設備の点検が行われます。
大仏さま(国宝)は8世紀頃に鋳造されたが、1180年(治承4年)の南都焼討により、台座や下半身の一部を残して焼けました。その後俊乗房重源が再鋳造し、1185年(文治元年)に開眼供養が行われたが、1567年(永禄10年)の松永・三好の合戦によって再び焼けました。その後1690年(元禄3年)に頭部が鋳造され、1692年(元禄5年)に開眼供養が行われました。大仏は台座・袖などは当初のものだが、体の大部分は中世、頭部は江戸時代のものになりました。ちなみに大仏は像高約14.7メートル・顔長約5.3メートル・台座高約3メートルです。頭の螺髪(らほつ)は966個あります。

【東大寺 歴史・簡単概要】
東大寺(とうだいじ)・金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)は728年(神亀5年)第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(こんしゅじ・金鍾山寺)が起源と言われています。金鍾寺は733年(天平5年)に創建され、741年(天平13年)に国分寺・国分尼寺建立の詔が発せられると翌742年(天平14年)に大和国分寺になり、名称を大和金光明寺(きんこうみょうじ)に改められました。その後743年(天平15年)聖武天皇が大仏造立の詔を発し、当初紫香楽宮(滋賀甲賀市信楽町)で大仏の造立が開始されました。しかし745年(天平17年)に都が平城京に戻ると東大寺で大仏の造立が開始され、752年(天平勝宝4年)にインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)を導師として、大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われ、758年(天平宝字2年)には大仏殿が完成しました。なお東大寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
東大寺は華厳宗の大本山です。
*参考・・・東大寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ東大寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【大仏さまお身拭い 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
お水取り・東大寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東大寺見どころお水取り2018

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る