帯解寺子安地蔵会式2018/7/23・24

子安地蔵会式

子安地蔵会式は奈良の夏の風物詩です。子安地蔵会式は毎年7月23日・24日に行われています。子安地蔵会式では長さ約30メートルの紅白の岩田帯を持った信者・僧侶・楽人・ミス奈良などが町を練り歩き、本尊・子安地蔵菩薩に岩田帯を供え、求子・安産を祈願する岩田帯練供養が行われます。なお屋台も立ち並びます。(要確認)

【子安地蔵会式2018 日程(要確認)】
子安地蔵会式2018は2018年(平成30年)7月23日(月曜日)・24日(火曜日)に行われます。なお23日19:00から岩田帯練供養(隆興寺(春日神社)~帯解寺)、24日19:30から法要が行われます。

【子安地蔵会式・帯解寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市今市町734
最寄り駅・バス停・・・帯解駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR桜井線
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

●隆興寺(隣接する春日神社)・・・奈良県奈良市今市町661(帯解駅徒歩約3分)

スポンサーリンク


【子安地蔵会式 歴史・簡単概要】
帯解寺子安地蔵会式(こやすじぞうえしき)では地蔵菩薩の縁日と前夜の宵縁日に行われます。子安地蔵会式は平安時代から行われていたとも言われるが、明治維新後の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)や戦争によって一時中断し、昭和50年代に再興されました。なお子安地蔵菩薩は真言宗の宗祖である弘法大師・空海が一刀三礼で自ら刻んだとも言われています。子安地蔵菩薩は腹前に布や結び紐が彫られていることから腹帯地蔵とも言われ、求子・安産のご利益があるとされています。
子安地蔵会式では長さ約30メートルの紅白の岩田帯を持った信者・僧侶・楽人・ミス奈良などが町を練り歩き、本尊・子安地蔵菩薩(重要文化財)に岩田帯を供え、求子・安産を祈願する岩田帯練供養が行われます。また子安地蔵会式では本堂で理趣三昧大法要が行われ、諸願成就を祈願します。子安地蔵会式では雅楽も奉納されます。なお屋台も立ち並びます。(要確認)
地蔵菩薩は菩薩の一尊です。地蔵菩薩は大地が全ての命を育むように苦悩する衆生を慈悲の心で救うことから名付けられたそうです。地蔵菩薩はお釈迦様が入滅し、弥勒菩薩(みろくぼさつ)が如来として現れるまでの無仏の期間、六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道)の衆生を救済するとされています。ちなみに地蔵菩薩は日本では平安時代中期以降に信仰されるようになり、子供の守り神とされています。なお地蔵菩薩は菩薩だが、一般的に右手に錫杖(しゃくじょう)・左手に宝珠(ほうじゅ)を持った僧形をしています。
岩田帯は妊娠5ヶ月目、または7ヶ月目の戌(いぬ)の日に巻きます。戌(犬)は多産だが、お産が軽いことからお産が軽く済むと信じられています。ちなみに岩田帯には腹部を保護したり、胎児の位置の正常を保ったりする働きあります。

【帯解寺 歴史・簡単概要】
帯解寺(おびとけでら)は寺伝によると真言宗の宗祖である弘法大師・空海の師とも言われている勤操大徳が開いた巌渕千坊のひとつが起源とも言われています。帯解寺はかつて霊松庵とも言われたそうです。その後858年(天安2年)第55代・文徳天皇の勅願によって伽藍が建立され、勅命によって帯解寺と称するようになりました。文徳天皇と后・染殿皇后(藤原明子)は長く世継ぎに恵まれなかったが、祖神・春日明神のお告げにより、帯解寺で祈願したところ第56代・清和天皇(惟仁親王)を授かりました。以来帯解寺は子授け・安産祈願の寺として信仰されるようになったそうです。その後江戸時代に世継ぎがなかった江戸幕府第2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)の正室・お江の方が祈願すると第3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)を授かり、家光の側室・御楽の方が祈願すると第4代将軍・徳川家綱(とくがわいえつな)を授かったと言われています。家光は瑞祥記を下賜したり、仏像・仏具などを寄進したりし、1663年(寛文3年)には家綱が手水鉢(ちょうずばち)を寄進したとも言われています。
帯解寺は華厳宗の寺院です。
*参考・・・帯解寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ帯解寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【子安地蔵会式 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
帯解寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 転害会
    奈良で2018年10月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 平城京天平行列東大寺参詣

    平城京天平行列東大寺参詣2018/11/3

    平城京天平行列東大寺参詣は奈良の秋の風物詩です。平城京天平行列東大寺参詣は毎年11月に行われています…
  2. 平城京天平祭秋

    平城宮跡平城京天平祭秋2018/10/20・21

    城京天平祭秋・みつきうまし祭りは奈良の秋の風物詩です。平城京天平祭秋は毎年秋に行われています。平城京…
  3. 正倉院展

    奈良国立博物館正倉院展2018/10/27~11/12

    正倉院展は奈良の秋の風物詩です。正倉院展は毎年秋に行われています。正倉院は通常非公開の為、奈良国立博…
  4. 天武忌法要・万燈会

    薬師寺天武忌法要・万燈会2018/10/8

    天武忌法要・万燈会は奈良の秋の風物詩です。天武忌法要・万燈会は毎年10月8日に行われています。天武忌…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る