手向山八幡宮

手向山八幡宮

手向山八幡宮(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。手向山八幡宮ゆかりの東大寺は728年(神亀5年)第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した基皇子の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(金鍾山寺)が起源と言われています。

【手向山八幡宮 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市雑司町434
最寄り駅・バス停・・・大仏殿春日大社前(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス・市内循環バス
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【手向山八幡宮 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【手向山八幡宮 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【手向山八幡宮 歴史・簡単概要】
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)は東大寺(とうだいじ)の大仏造立の際、749年(天平勝宝元年)に大分・宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)から勧請され、平城宮の南にあった梨原宮に東大寺(とうだいじ)の守護神として造営されました。手向山八幡宮は宇佐八幡宮の分社では第一号とされ、鎮守八幡宮とも言われていたそうです。第45代・聖武天皇は743年(天平15年)に大仏造立の詔を発し、紫香楽宮(滋賀甲賀市信楽町)で大仏の造立が開始されたが、745年(天平17年)に都が平城京に戻ると東大寺で大仏の造立が開始され、752年(天平勝宝4年)にインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)を導師として、大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われ、758年(天平宝字2年)には大仏殿が完成しました。その後1180年(治承4年)の平重衡(たいらのしげひら)の南都焼討によって焼失し、1188年(文治4年)に東大寺再建勧進職・俊乗坊重源上人(しゅんじょうぼうちょうげんしょうにん)が再建したが、1250年(建長2年)には鎌倉幕府5代執権・北条時頼(ほうじょうときより)が現在の場所に移しました。明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)により、東大寺から独立しました。なお手向山八幡宮は応神天皇(第15代)・姫大神(ひめおおみかみ)・仲哀天皇(第14代)・神功皇后(じんぐうこうごう)・仁徳天皇(第16代)を祀っています。
*参考・・・手向山八幡宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【手向山八幡宮 見どころ・文化財】
手向山八幡宮の見どころは重要文化財である境内社・住吉社の本殿です。なお手向山八幡宮がある手向山は紅葉の名所で、紅葉も見どころです。

国宝・・・唐鞍
重要文化財・・・境内社住吉社本殿、宝庫、木造舞楽面、木造菩薩面、木造獅子頭、木造狛犬、赤銅造太刀、黒漆四枚居木鞍、素木鞍、黒漆海松円文螺鈿鞍、壺鐙、錦貼神輿、桐竹鳳凰蒔絵瓶子、鉦鼓、彩絵鼓胴など

【手向山八幡宮 連絡先】
電話番号・・・0742-23-4404

【手向山八幡宮 おすすめ散策ルート】
手向山八幡宮からゆかりがある東大寺・興福寺(こうふくじ)・春日大社(かすがたいしゃ)・奈良公園(若草山・猿沢池)などを散策するのがおすすめです。東大寺・興福寺・春日大社は世界遺産です。

【手向山八幡宮 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場なし。
*参考・・・手向山八幡宮アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 釆女祭
    奈良で2018年9月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 天武忌法要・万燈会

    薬師寺天武忌法要・万燈会2018/10/8

    天武忌法要・万燈会は奈良の秋の風物詩です。天武忌法要・万燈会は毎年10月8日に行われています。天武忌…
  2. 転害会

    手向山八幡宮転害会2018/10/5

    転害会は奈良の秋の風物詩です。転害会は毎年10月5日に行われています。転害会では明治維新後の神仏分離…
  3. 塔影能

    興福寺塔影能2018/10/6

    塔影能は奈良の秋の風物詩です。塔影能は毎年10月の第1土曜日に行われています。塔影能では東金堂に安置…
  4. 氷室神社例祭

    氷室神社例祭の舞楽2018/9/30・10/1

    例祭の舞楽は奈良の秋の風物詩です。例祭の舞楽は毎年10月1日に行われています。ちなみに前日の9月30…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る