新薬師寺

新薬師寺

新薬師寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。新薬師寺などに安置されている薬師如来は菩薩時代に十二の大願を立てて如来となった東方瑠璃光浄土で説法する過去仏とされています。また薬師如来は医王如来とも言われ、病を癒す為の薬壷(やっこ)を持った仏様ともされています。

【新薬師寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市高畑町1352
最寄り駅・バス停・・・高畑町(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バス
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【新薬師寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00
年中無休

【新薬師寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生600円、高校生・中学生350円、小学生150円

団体
大人・大学生550円、高校生・中学生300円、小学生120円

スポンサーリンク


【新薬師寺 歴史・簡単概要】
新薬師寺(しんやくしじ)は寺伝によると747年(天平19年)第45代・聖武天皇の妻・光明皇后が夫・聖武天皇の病気平癒の為、七仏薬師像を造仏して創建したと言われています。聖武天皇は743年(天平15年)に大仏造立の詔を発し、紫香楽宮(滋賀甲賀市信楽町)で大仏の造立が開始されたが、745年(天平17年)に地震や山火事が頻発し、平城京に戻って東大寺(とうだいじ)で大仏の造立を再開したが、聖武天皇は体調を崩したと言われています。聖武天皇の病気平癒の為、畿内の寺院では薬師悔過法要(やくしけかほうよう)が命じられ、諸国に薬師仏像の造仏も命じられたと言われています。ちなみに新薬師寺は香薬寺・香山薬師寺とも言われていたそうです。その後780年(宝亀11年)の落雷によって伽藍の一部が焼失したり、962年(応和2年)の台風によって伽藍の一部が倒壊したりして衰退したと言われています。しかし鎌倉時代に華厳宗中興の祖・明恵が一時入寺して復興し、現在の伽藍の多くが再建されたと言われています。
新薬師寺は華厳宗の寺院です。
*参考・・・新薬師寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ新薬師寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【新薬師寺 見どころ・文化財】
新薬師寺の見どころは国宝である本堂です。本堂は新薬師寺が創建された奈良時代に建立されたと言われています。なお本堂は本尊・薬師如来像(国宝)を安置しています。
新薬師寺見どころ(見所)詳細

国宝・・・本堂、木造薬師如来坐像、塑造十二神将立像
重要文化財・・・南門、東門、鐘楼、地蔵堂、銅造薬師如来立像、木造不動明王二童子像、木造十一面観音立像、絹本着色仏涅槃像、銅鐘(梵鐘)、銅手錫杖

【新薬師寺 連絡先】
電話番号・・・0742-22-3736

【新薬師寺 おすすめ散策ルート】
新薬師寺近くの春日大社(かすがたいしゃ)・不空院(ふくういん)・奈良公園・志賀直哉旧居(しがなおやきゅうきょ)などを散策するのがおすすめです。ちなみに春日大社は世界遺産です。

【新薬師寺 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・新薬師寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. けまり祭
    奈良で2018年11月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…
  2. 中金堂ライトアップ
    中金堂ライトアップは奈良の風物詩です。中金堂ライトアップ・夜間特別拝観はかつて興福寺伽藍の中心で最も…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お渡り式

    春日若宮おん祭お渡り式2018/12/17

    春日若宮おん祭・お渡り式2018は奈良の初冬の風物詩です。お渡り式は毎年12月17日に行われています…
  2. 大宿所祭

    春日若宮おん祭大宿所祭2018/12/15

    大宿所祭は奈良の初冬の風物詩です。大宿所祭は毎年12月15日に行われています。大宿所祭は大宿所詣(お…
  3. 御湯立

    春日若宮おん祭御湯立2018/12/15

    御湯立は奈良の初冬の風物詩です。御湯立は毎年12月15日に行われています。御湯立では湯立巫女(ゆたて…
  4. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭2018/12/15~18

    春日若宮おん祭は奈良の初冬の風物詩です。春日若宮おん祭は毎年7月1日から始まり、12月15日から18…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る