河分神社

河分神社(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。河分神社ゆかりの春日大社は社伝によると常陸国・鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を御蓋山の山頂・浮雲峰に勧請し、768年(神護景雲2年)に左大臣・藤原永手が第48代・称徳天皇(第46代・孝謙天皇)の勅命により、社殿を造営しました。

【河分神社 アクセス・地図】
場所・・・奈良県吉野郡黒滝村大字中戸字川戸394
最寄り駅・バス停・・・川戸(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄吉野線・下市口駅から奈良交通バス・総合案内センター前、総合案内センター前から黒滝ふれあいバス
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【河分神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【河分神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【河分神社 歴史・簡単概要】
河分神社(かわわけじんじゃ)は起源が明確ではありません。河分神社は古来から背後の宮山が祈雨祈晴の神として信仰され、川分大明神とも言われていました。河分神社は黒滝村内の赤滝・中戸・寺戸・脇川・堂原・御吉野地区の産土神でした。しかし春日大社(かすがたいしゃ)の分神を勧請して祀るようになりました。その後神宮寺(別当寺)・南光寺が創建され、1536年(天文5年)には本尊・阿弥陀如来座像が造仏されたと言われています。1872年(明治5年)に名称を四社神社に改め、1874年(明治6年)には神宮寺・南光寺が廃寺になり、大日堂が建立されました。1896年(明治29年)には名称を更に河分神社と改めました。なお河分神社は武甕槌命(たけみかづちのみこと)・経津主命(ふつぬしのみこと)・天児屋根命(あまのこやねのみこと)・姫大神(ひめおおみかみ・比売神)を祀っています。祭神は春日大社と同じです。
*参考・・・河分神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【河分神社 見どころ・文化財】
河分神社の見どころは春日造の本殿です。本殿は1881年(明治14年)に造営され、1920年(大正9年)に修繕されたそうです。なお樹齢600年とも言われている夫婦杉も見どころです。

【河分神社 連絡先】
電話番号・・・不明

【河分神社 おすすめ散策ルート】

【河分神社 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場不明。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る