玄賓庵

玄賓庵(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。玄賓庵を創建した玄賓は謡曲・三輪に登場します。仏に供える樒と閼伽水を持った美しい女性が玄賓の元に訪れるようになり、玄賓が女性に所望された衣を与えます。玄賓が女性の後を追うと衣が杉(衣掛杉)に掛けられ、女性に化していた三輪明神が現れ、三輪山の故事神徳を聞かせます。

【玄賓庵 アクセス・地図】
場所・・・奈良県桜井市茅原377
最寄り駅・バス停・・・三輪駅(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR桜井線

【玄賓庵 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~15:00

【玄賓庵 拝観料金・料金(要確認)】
200円

スポンサーリンク


【玄賓庵 歴史・簡単概要】
玄賓庵(げんぴんあん)は平安時代初期に法相宗の僧・玄賓僧都(げんぴんそうずが)が三輪山の檜原谷に結んだ庵が起源と言われています。玄賓僧都は法相六祖の一人で、第50代・桓武天皇と第52代・嵯峨天皇から厚い信任を得たが、俗事を嫌って任じられた大僧都を辞退し、檜原谷に隠棲したと言われています。ちなみに玄賓僧都は805年(延暦24年)に桓武天皇の病気平癒を祈願し、809年(大同4年)には嵯峨天皇の命により、兄・平城上皇(第51代)の病気平癒を祈願したと言われています。玄賓庵は山岳仏教の寺院として栄えたが、その後荒廃しました。1667年(寛文7年)に比久宴光が再興しました。明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)により、現在の場所に移されました。
玄賓庵は真言宗醍醐派の寺院です。
*参考・・・玄賓庵(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【玄賓庵 見どころ・文化財】
玄賓庵の見どころは大神神社(おおみわじんじゃ)の境内にある衣掛杉(ころもがけのすぎ)です。ちなみに大神神社は「古事記」・「日本書紀」によると国造りを行っていた出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)の前に国作りに協力すると大国主神の幸魂奇魂(さきみたまくしみたま・和魂)である大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が現れ、「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と言って、三輪山に祀られたのが起源とも言われています。

重要文化財・・・木造不動明王坐像

【玄賓庵 連絡先】
電話番号・・・0744-42-6447

【玄賓庵 おすすめ散策ルート】

【玄賓庵 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場なし。
*参考・・・玄賓庵アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. けまり祭
    奈良で2018年11月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…
  2. 中金堂ライトアップ
    中金堂ライトアップは奈良の風物詩です。中金堂ライトアップ・夜間特別拝観はかつて興福寺伽藍の中心で最も…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お渡り式

    春日若宮おん祭お渡り式2018/12/17

    春日若宮おん祭・お渡り式2018は奈良の初冬の風物詩です。お渡り式は毎年12月17日に行われています…
  2. 大宿所祭

    春日若宮おん祭大宿所祭2018/12/15

    大宿所祭は奈良の初冬の風物詩です。大宿所祭は毎年12月15日に行われています。大宿所祭は大宿所詣(お…
  3. 御湯立

    春日若宮おん祭御湯立2018/12/15

    御湯立は奈良の初冬の風物詩です。御湯立は毎年12月15日に行われています。御湯立では湯立巫女(ゆたて…
  4. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭2018/12/15~18

    春日若宮おん祭は奈良の初冬の風物詩です。春日若宮おん祭は毎年7月1日から始まり、12月15日から18…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る