石上神宮

石上神宮(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。石上神宮はかつて本殿はなかったが、1874年(明治6年)の大宮司・菅政友(かんまさとも)による禁足地発掘により、出土した刀(布都御魂剣)や曲玉などのご神宝を奉斎する為、1913年(大正2年)に本殿が造営されました。

【石上神宮 アクセス・地図】
場所・・・奈良県天理市布留町384
最寄り駅・バス停・・・石上神宮前(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR天理駅・近鉄天理駅から奈良交通バス・苣原(ちしゃわら)行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【石上神宮 拝観時間・時間(要確認)】
自由、ただ楼門内は日の出から日の入りまでです。

【石上神宮 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【石上神宮 歴史・簡単概要】
石上神宮(いそのかみじんぐう)は社伝によると紀元前23年(崇神天皇7年)に物部氏の伊香色雄命(いかがしこおのみこと)が勅命により、物部氏の祖宇摩志麻治命が宮中で祀っていた布都御魂剣を祭神・石上大神(いそのかみのおおかみ)として、石上布留(ふる)の高庭(たかにわ)に祀ったのが起源とも言われています。石上神宮は歴史が古く、「日本書紀」に神宮と記されているのは伊勢神宮と石上神宮だけで、日本最古の神宮とも言われています。ただ石上神宮はかつて本殿がなく、拝殿後方の禁足地(きんそくち)に主祭神を埋斎していたと言われています。ちなみに禁足地は現在も布留社と刻まれた剣先状石瑞垣で囲まれています。石上神宮は武門の棟梁・物部氏の総氏神として祀られ、大和政権の武器庫の役割も果たしたとも言われています。その後平安時代後期に第72代・白河天皇が宮中の神嘉殿(しんかでん)を寄進し、現在の拝殿(国宝)になったとも言われています。中世以降は布留郷の鎮守となったが、奈良・興福寺(こうふくじ)と度々抗争を繰り返したり、戦国時代には織田信長により、社頭が破却されたり、神領を没収されたりしました。なお石上神宮は神体とされる布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る神霊・布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)を主祭神に祀り、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)・布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)を配神しています。また五十瓊敷命(いにしきのみこと)・宇摩志麻治命(うましまじのみこと)・白河天皇(しらかわてんのう)・市川臣命(いちかわのおみのみこと)も祀っています。
*参考・・・石上神宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ石上神宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【石上神宮 見どころ・文化財】
石上神宮の見どころは拝殿(国宝)です。拝殿には白河天皇が宮中で新嘗祭(にいなめさい)を行う神嘉殿を寄進したという伝承が残されているが、現在の拝殿は鎌倉時代初期に造営されたとも言われています。
奈良桜名所

国宝・・・拝殿、摂社出雲建雄神社拝殿、七支刀
重要文化財・・・楼門、鉄盾、色々威腹巻 兜・壺袖付、石上神宮禁足地出土品

【石上神宮 連絡先】
電話番号・・・0743-62-0900

【石上神宮 おすすめ散策ルート】
石上神宮からは少し距離があるが大和神社(おおやまとじんじゃ)まで散策するのがおすすめです。

【石上神宮 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・石上神宮アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 釆女祭
    奈良で2018年9月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 天武忌法要・万燈会

    薬師寺天武忌法要・万燈会2018/10/8

    天武忌法要・万燈会は奈良の秋の風物詩です。天武忌法要・万燈会は毎年10月8日に行われています。天武忌…
  2. 転害会

    手向山八幡宮転害会2018/10/5

    転害会は奈良の秋の風物詩です。転害会は毎年10月5日に行われています。転害会では明治維新後の神仏分離…
  3. 塔影能

    興福寺塔影能2018/10/6

    塔影能は奈良の秋の風物詩です。塔影能は毎年10月の第1土曜日に行われています。塔影能では東金堂に安置…
  4. 氷室神社例祭

    氷室神社例祭の舞楽2018/9/30・10/1

    例祭の舞楽は奈良の秋の風物詩です。例祭の舞楽は毎年10月1日に行われています。ちなみに前日の9月30…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る