石光寺

石光寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。石光寺ゆかりの中将姫は美しく、聡明だったが、継母からいじめれ、父の従者に殺害され掛かります。しかし従者は極楽往生を願って読経する中将姫を憐れみ、ひばり山に置き去りにし、改心した父が連れ戻したが、その後当麻寺(たいまでら)に出家したと言われています。

【石光寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県葛城市染野387
最寄り駅・バス停・・・二上神社口駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄南大阪線

【石光寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~17:00(4/1~11/30)
9:00~16:30(12/1~3/31)

【石光寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人400円、小学生200円

団体(30名以上)
大人360円、小学生180円

スポンサーリンク


【石光寺 歴史・簡単概要】
石光寺(せっこうじ)・染寺(そめでら)は起源が明確ではありません。石光寺は修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)が第38代・天智天皇の勅願によって開山したと言われています。天智天皇の勅命により、霊光を放つ大石に弥勒如来を彫らせ、堂宇を建立したと言われています。1991年(平成3年)の弥勒堂改築に伴う発掘調査により、飛鳥時代後期に造仏された石造如来坐像・瓦・せん仏が出土しました。石造如来坐像は日本最古の石仏とも言われ、堂宇に安置されていた本尊と言われています。なお石光寺は中将姫(ちゅうじょうひめ)に因んで、染寺とも言われています。中将姫は蓮の茎を集めて糸を採り出し、石光寺の境内に掘った井戸・染の井に糸を浸したところ五色に染まり、井戸の傍らにあった桜・糸掛桜に糸を干し、その糸を使って一夜の内に当麻曼茶羅(たいままんだら)を織りあげたとも言われています。ちなみに中将姫は右大臣・藤原豊成(ふじわらのとよなり)の娘とされています。
石光寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・石光寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ石光寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【石光寺 見どころ・文化財】
石光寺の見どころは境内にある塔の大心礎です。塔は飛鳥時代後期に建立されたとも言われています。なお染の井や糸掛桜も見どころです。更にボタンも見どころです。ボタンは中国から薬用として伝えられ、古くから植えられていたそうです。ちなみに石光寺は関西花の寺二十五霊場の20番札所です。

【石光寺 連絡先】
電話番号・・・0745-48-2031

【石光寺 おすすめ散策ルート】
石光寺の境内に植えられているはボタン・シャクヤク・アジサイ・サクラ・サルスベリなどの草木を見ながら散策するのがいいかもしれません。

【石光寺 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
石光寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 練供養会式
    奈良で2018年5月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 三枝祭

    率川神社三枝祭2018/6/16~18

    三枝祭は奈良の初夏の風物詩です。三枝祭は毎年6月17日に行われています。三枝祭では罇(そん)に白酒(…
  2. 薪御能

    薪御能2018/5/18・19

    薪御能は奈良の春の風物詩です。薪御能は毎年5月の第3金曜日・土曜日に行われています。薪御能では午前中…
  3. 練供養会式

    当麻寺練供養会式2018/5/14

    練供養会式は奈良の春の風物詩です。練供養会式は毎年5月14日に行われています。練供養会式は中将姫(ち…
  4. 春日大社献茶祭

    春日大社献茶祭2018/5/10

    献茶祭は奈良の春の風物詩です。献茶祭は毎年5月10日に行われています。献茶祭はわび茶の完成者である茶…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る