秋篠寺

秋篠寺

秋篠寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。秋篠寺に安置されている伎芸天立像(重要文化財)は瞑想しているような表情が美しいと言われています。伎芸天立像(ぎげいてん)は頭部が奈良時代に造られた脱活乾漆造で、体部は鎌倉時代に補作された木造です。ちなみに伎芸天立像は像高約206センチです。

【秋篠寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市秋篠町757
最寄り駅・バス停・・・秋篠寺(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄大和西大寺駅から奈良交通バス・押熊行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【秋篠寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:30~16:30

【秋篠寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人500円、大学生500円、高校生500円

団体(30人~80人)
大人450円、大学生400円、高校生350円

団体(80人~200人)
大人400円、大学生350円、高校生300円

スポンサーリンク


【秋篠寺 歴史・簡単概要】
秋篠寺(あきしのでら)は起源が明確ではありません。秋篠寺は奈良時代に法相宗の僧・善珠(ぜんしゅ・ぜんじゅ)が秋篠氏の氏寺として創建したとも、776年(宝亀7年)善珠が第49代・光仁天皇の勅願によって創建したとも言われています。ちなみに善珠は法相六祖のひとり数えられ、794年(延暦13年)に延暦寺(えんりゃくじ)・根本中堂落慶の導師を務めて、「唯識義燈増明記」・「唯識分量決」などを記しました。その後862年(貞観4年)には806年(延暦25年)に崩御した第50代・桓武天皇の五十七忌が行われたと言われています。平安時代後期には西大寺(さいだいじ)と度々寺領を巡って争いがあったと言われています。1135年(保延元年)の火災によって伽藍の多くを焼失し、鎌倉時代に本堂(国宝)が旧講堂跡に再建されました。なお秋篠寺はかつて法相宗と真言宗の兼学だったが、その後浄土宗に改めた時期もあったが、現在は単立になっています。
秋篠寺は単立の寺院です。
*参考・・・秋篠寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【秋篠寺 見どころ・文化財】
秋篠寺の見どころは国宝で、鎌倉時代に再建された本堂です。本堂は本瓦葺の寄棟造です。ちなみに本堂は本尊である薬師三尊像(重要文化財)・地蔵菩薩立像(重要文化財)・帝釈天立像(重要文化財)・伎芸天立像(重要文化財)・十二神将像などを安置しています。

国宝・・・本堂
重要文化財・・・木造伝・伎芸天立像、木造薬師如来及両脇侍像、木造帝釈天立像、木造梵天立像、木造伝・救脱菩薩立像、木造地蔵菩薩立像、木造地蔵菩薩立像、木造十一面観音立像、木造大元帥明王立像など

【秋篠寺 連絡先】
電話番号・・・0742-45-4600

【秋篠寺 おすすめ散策ルート】
秋篠寺から西大寺(さいだいじ)まで散策するのがおすすめです。

【秋篠寺 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・秋篠寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 釆女祭

    采女神社釆女祭2018/9/24

    釆女祭は奈良の秋の風物詩です。釆女祭は毎年中秋の名月の日に行われています。花扇奉納行列では秋の七草で…
  2. 奈良バサラ祭り

    奈良バサラ祭り2018/8/25・26

    バサラ祭りは奈良の夏の風物詩です。バサラ祭りは毎年夏に行われています。バサラ祭りでは春日大社・平城宮…
  3. 平城京天平祭夏

    平城宮跡平城京天平祭夏2018/8/24~26

    平城京天平祭夏は奈良の夏の風物詩です。平城京天平祭夏は毎年夏に行われています。天平たなばた祭りではメ…
  4. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る