金峯山寺節分会・鬼火の祭典2018/2/3

節分会・鬼火の祭典は奈良の新春の風物詩です。節分会・鬼火の祭典は毎年節分の日に行われています。節分会・鬼火の祭典では修験者が1年分の般若心経を唱える日数心経を行い、1年間の除災招福を祈願します。その後鬼に「福は内 鬼も内」と豆を撒く鬼の調伏式も行われます。豪華な景品も用意されているそうです。(要確認)(詳細下記参照)

【節分会・鬼火の祭典2018 日程(要確認)】
節分会・鬼火の祭典2018は2018年(平成30年)2月3日(土曜日)10:00から行われます。なお11:00から星供秘法・鬼の調伏式・採灯大護摩供、13:00から福豆まきが行われます。

【節分会・鬼火の祭典 金峯山寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
最寄り駅・バス停・・・吉野山駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄吉野線・吉野駅から吉野ロープウェイ

スポンサーリンク


【節分会・鬼火の祭典 歴史・簡単概要】
金峯山寺節分会・鬼火の祭典(せつぶんえ・おにびのさいてん)では厄除け・招福を祈願します。
節分会・鬼火の祭典では先ず修験者(山伏)が1年分の般若心経(摩訶般若波羅蜜多心経・まかはんにゃはらみったしんぎょう)を唱える日数心経を行い、1年間の除災招福を祈願します。次に人の運命を司る星を供養する星供秘法(ほしくひほう)・鬼に「福は内 鬼も内」と豆を撒く鬼の調伏式・蔵王堂前で採灯大護摩供(さいとうおおごまく)が行われます。その後福豆まきも行われます。豪華な景品も用意されているそうです。(要確認)ちなみに金峯山寺の開祖・役行者は鬼神を使役できるほどの法力を持ち、前鬼・後鬼を左右に従えたとも言われ、葛飾北斎の北斎漫画にも描かれています。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。
般若心経は全16部(会)・600巻・字数500万字にも及ぶ大般若経(大般若波羅蜜多経・だいはんにゃはらみったきょう)を簡単にまとめた262文字の経典です。大般若経は最高の真理である般若から見ると全てのものは実体がない空(くう)だと説いています。

【金峯山寺 歴史・簡単概要】
金峯山寺(きんぷせんじ)は起源が明確ではありません。金峯山寺は白鳳年間(7世紀後半)に大峰山寺(おおみねさんじ)とともに修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)が金峯山での修行中に感得した蔵王権現を自ら刻んで開祖したとも言われています。金峯山寺と大峰山寺は元来金峯山寺として蔵王権現像を祀り、金峯山寺は吉野山、大峰山寺が大峯山系(大峰山脈)の山上ヶ岳(約1719.2メートル)の山頂にあることから金峯山寺の本堂は山下(さんげ)の蔵王堂、大峰山寺の本堂は山上の蔵王堂と言われていました。金峯山寺は大峰山寺と約20キロほど離れているそうです。ちなみに大峰山寺と金峯山寺に分かれるのは近代以降のことだそうです。明治維新後に修験道が禁止され、一時期廃寺になったが、1886年(明治19年)に天台宗の寺院として復興し、1948年(昭和23年)には金峯山修験本宗を立宗し、総本山になりました。なお金峯山寺は2004年(平成16年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(紀伊山地の霊場と参詣道)のひとつに登録されました。
金峯山寺は金峰山修験本宗の総本山です。
*参考・・・金峯山寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ金峯山寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【節分会・鬼火の祭典 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
金峯山寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る