藤原宮跡

藤原宮跡

藤原宮跡(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。藤原宮跡の藤原宮は694年(持統8年)から710年(和銅3年)まで持統天皇・文武天皇・元明天皇が3代に渡って宮居したが、676年(天武天皇5年)頃から建設が始まり、藤原京遷都後の704年(慶雲元年)頃に完成したそうだ。この後708年(和銅元年)には平城京遷都の勅が下されたそうです。

【藤原宮跡 アクセス・地図】
場所・・・奈良県橿原市高殿町外 奈良県橿原市醍醐町
最寄り駅・バス停・・・畝傍駅(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR桜井線

*近鉄耳成駅(徒歩約30分)
*近鉄畝傍御陵前駅(徒歩約30分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【藤原宮跡 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【藤原宮跡 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【藤原宮跡 歴史・簡単概要】
藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)は藤原京(うじわらきょう)の中にあった宮殿・藤原宮の跡です。藤原宮は広さが約1キロ四方で、周囲が高さ約5メートルの塀で囲まれ、東西南北にそれぞれ3か所門がありました。藤原宮には政治・儀式などを行う大極殿(だいごくでん)・朝堂院(ちょうどういん)や天皇の住まいである内裏(だいり)などがあり、694年(持統8年)から710年(和銅3年)までの約16年間に第41代・持統天皇、第42代・文武天皇、第43代・元明天皇が宮居しました。ちなみに藤原京(新益都・しんやくのみやこ)は690年(持統天皇4年)に着工され、694年(持統8年)に飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)から遷都されました。藤原京は唐(中国)の長安を模し、道路によって都を区画する条坊制が日本で最初に取り入れられ、建物には日本で初めて屋根瓦が葺かれました。藤原京はかつて奈良・平城京や京都・平安京よりも小さな都と考えられていたが、東西の京極大路の発見により、面積は少なくとも25平方キロあり、平城京の24平方キロ・平安京の23平方キロを超える都だったことが分かりました。ただ藤原京は710年(和銅3年)の平城京遷都後の711年(和銅4年)に焼失したとも言われています。
*参考・・・藤原宮跡(アクセス・歴史・・・)ホームページ藤原宮跡(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【藤原宮跡 見どころ・文化財】
藤原宮跡の見どころは菜の花・キバナコスモス・ハナハス・コスモスです。菜の花は4月上旬頃~4月中旬頃、キバナコスモスは7月下旬頃~8月中旬頃、ハナハスは7月下旬頃~8月中旬頃、コスモスは10月上旬頃~10月下旬頃に見ごろを迎えます。なお重要眺望景観に指定された藤原宮跡から大和三山(天香久山・畝傍山・耳成山)への眺めも魅力です。

【藤原宮跡 連絡先】
電話番号・・・0744-21-1115(魅力創造部観光政策課)

【藤原宮跡 おすすめ散策ルート】

【藤原宮跡 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場なし。
*参考・・・藤原宮跡アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 練供養会式
    奈良で2018年5月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 三枝祭

    率川神社三枝祭2018/6/16~18

    三枝祭は奈良の初夏の風物詩です。三枝祭は毎年6月17日に行われています。三枝祭では罇(そん)に白酒(…
  2. 薪御能

    薪御能2018/5/18・19

    薪御能は奈良の春の風物詩です。薪御能は毎年5月の第3金曜日・土曜日に行われています。薪御能では午前中…
  3. 練供養会式

    当麻寺練供養会式2018/5/14

    練供養会式は奈良の春の風物詩です。練供養会式は毎年5月14日に行われています。練供養会式は中将姫(ち…
  4. 春日大社献茶祭

    春日大社献茶祭2018/5/10

    献茶祭は奈良の春の風物詩です。献茶祭は毎年5月10日に行われています。献茶祭はわび茶の完成者である茶…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る