阿陀比売神社

阿陀比売神社(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。阿陀比売神社は古来から安産の神として信仰され、男の子の誕生を願う場合に白い鈴の緒、女の子の誕生を願う場合に赤い鈴の緒を授け、妊婦は腹帯にするそうです。その後妊婦が無事に出産すると返礼に新しい鈴の緒を神社に奉納するそうです。

【阿陀比売神社 アクセス・地図】
場所・・・奈良県五條市原町24
最寄り駅・バス停・・・近鉄大阿太駅(徒歩約50分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄吉野線

【阿陀比売神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【阿陀比売神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【阿陀比売神社 歴史・簡単概要】
阿陀比売神社(あだひめじんじゃ)・阿陀比賣神社は起源が明確ではありません。阿陀比賣神社は紀元前83年(崇神天皇15年)に造営されたとも言われています。阿陀比売神社は古来から安産の神として信仰されていたそうです。その後728年(神亀5年)藤原不比等(ふじわらのふひと)の長男・藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)が社殿を寄進したとも言われています。なお阿陀比売神社は木花咲耶比賣(このはなさくやひめのみこと・木花咲耶姫)・火須勢理命(ほすせりのみこと)・火照命(ほあかりのみこと)・彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)を祀っています。木花咲耶比賣は大若子神と結婚するとすぐに小若子神を生んだとされ、子宝・安産の神とされています。また木花咲耶比賣は酒解子神(さかとけこのかみ)とも言われる酒解神(さかとけのかみ)の子で、産業(酒造)・農業などにご利益があるともされています。

【阿陀比売神社 見どころ・文化財】
阿陀比売神社の見どころは五條市の指定文化財である本殿です。なお10月の第3日曜日に行われる秋季例祭も見どころです。例祭では腹帯が希望者に授けられるそうです。(要確認)

【阿陀比売神社 連絡先】
電話番号・・・0747-23-0178

【阿陀比売神社 おすすめ散策ルート】

【阿陀比売神社 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・阿陀比売神社アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2018年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2018/8/23・24

    地蔵会万灯供養は奈良の夏の風物詩です。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。地蔵会…
  2. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2018/8/14・15

    中元万燈籠は奈良の夏の風物詩です。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万燈籠では…
  3. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2018/8/13・14

    大仏殿夜間参拝は奈良の夏の風物詩です。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。大仏殿…
  4. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2018/8/5~14

    なら燈花会2018は奈良の夏の風物詩です。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る