龍田神社

龍田神社(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。龍田神社ゆかりの法隆寺(斑鳩寺)は第31代・用明天皇が自らの病気平癒を祈願する為に発願したが、実現しないまま崩御し、607年(推古天皇15年)第33代・推古天皇と用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が用明天皇の遺志を継いで創建し、本尊・薬師如来を安置しました。

【龍田神社 アクセス・地図】
場所・・・奈良県生駒郡斑鳩町龍田1-5-3
最寄り駅・バス停・・・龍田神社前(竜田神社前)(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*JR王寺駅・近鉄王寺駅から奈良交通バス

*近鉄筒井駅からバス・王寺行きの場合、龍田神社前(徒歩すぐ)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【龍田神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【龍田神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【龍田神社 歴史・簡単概要】
龍田神社(たつたじんじゃ)・竜田神社は起源が明確ではありません。龍田神社は第10代・崇神天皇の時代に祀られたとも言われています。その後法隆寺(ほうりゅうじ・斑鳩寺)の鎮守になったと言われています。第31代・用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が法隆寺を創建する場所を探していた際、老人に化した龍田大明神が現れ、「斑鳩の郷は仏法が末永興隆する地として伽藍建立に適している」と告げられ、聖徳太子は法隆寺の守護を願って、龍田大明神を祀ったと言われています。龍田神社は当初龍田比古命(たつたひこのみこと)・龍田比女命(たつたひめのみこと)を祀り、龍田比古龍田比女神社とも言われていたそうです。龍田神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」によると小社に列せられました。明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)によって法隆寺から離れ、龍田大社(たつたたいしゃ)の摂社になったが、1922年(大正11年)には龍田大社から独立しました。なお龍田神社は天御柱命(あめのみはしらのみこと)・国御柱命(くにのみはしらのみこと)・龍田比古命・龍田比女命を祀っています。ちなみに天御柱命・国御柱命は龍田大社から勧請されたと言われています。
*参考・・・龍田神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【龍田神社 見どころ・文化財】
龍田神社の見どころは7月に行われる風鎮祭・千燈明祭(ふうちんさい・せんとうみょうさい)です。千燈明祭では夕方から本殿前に千燈明に明かりが灯されます。

【龍田神社 連絡先】
電話番号・・・0745-75-3163

【龍田神社 おすすめ散策ルート】
龍田神社から吉田寺(きちでんじ)・法隆寺(ほりゅうじ)・中宮寺(ちゅうぐうじ)まで散策するのがおすすめです。

【龍田神社 備考(駐車場・御朱印・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・龍田神社アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. けまり祭
    奈良で2018年11月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…
  2. 中金堂ライトアップ
    中金堂ライトアップは奈良の風物詩です。中金堂ライトアップ・夜間特別拝観はかつて興福寺伽藍の中心で最も…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お渡り式

    春日若宮おん祭お渡り式2018/12/17

    春日若宮おん祭・お渡り式2018は奈良の初冬の風物詩です。お渡り式は毎年12月17日に行われています…
  2. 大宿所祭

    春日若宮おん祭大宿所祭2018/12/15

    大宿所祭は奈良の初冬の風物詩です。大宿所祭は毎年12月15日に行われています。大宿所祭は大宿所詣(お…
  3. 御湯立

    春日若宮おん祭御湯立2018/12/15

    御湯立は奈良の初冬の風物詩です。御湯立は毎年12月15日に行われています。御湯立では湯立巫女(ゆたて…
  4. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭2018/12/15~18

    春日若宮おん祭は奈良の初冬の風物詩です。春日若宮おん祭は毎年7月1日から始まり、12月15日から18…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る