奈良国立博物館正倉院展2018/10/27~11/12

正倉院展

正倉院展は奈良の秋の風物詩です。正倉院展は毎年秋に行われています。正倉院は通常非公開の為、奈良国立博物館で特別展示が行われています。倉院展には第45代・聖武天皇遺愛の品約650点や東大寺(とうだいじ)の法会(仏事)に用いられた法具、そしてペルシャ・インド・中国などから伝わった品などが納められています。(詳細下記参照)

【正倉院展2018 日程時間(要確認)】
正倉院展2018は2018年(平成30年)10月27日(土曜日)~11月12日(月曜日)9:00~18:00まで行われます。(受付17:30終了)なお金曜日・土曜日・日曜日・祝日は9:00~20:00までです。(受付19:30終了)

【正倉院展・奈良国立博物館 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市登大路町50
最寄り駅・バス停・・・氷室神社・国立博物館(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通・市内循環バス

*JR奈良駅・近鉄奈良駅
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【正倉院展 歴史・簡単概要】
奈良国立博物館正倉院展(しょうそういんてん)は毎年1回秋に行われています。正倉院は通常非公開の為、奈良国立博物館で特別展示が行われています。倉院展には第45代・聖武天皇遺愛の品約650点や東大寺(とうだいじ)の法会(仏事)に用いられた法具、そしてペルシャ・インド・中国などから伝わった品などが納められています。宝物には調度・服飾品・文房具・楽器・飲食具・仏具・文書などがあります。なお正倉院展は東新館・西新館で行われます。
正倉院展2018は平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)・山水図(さんすいず)・繡線鞋(ぬいのせんがい)・櫃覆町形帯(ひつおおいのまちがたのおび)・玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)・沈香木画箱(じんこうもくがのはこ)・雑葛形裁文(ざつかずらがたのさいもん)・錦紫綾紅臈纈絁間縫裳(にしきむらさきあやべにろうけちあしぎぬのまぬいのも)・磁鼓(じこ)・新羅琴(しらぎごと)・白銅剪子(はくどうのせんし)・華厳経論帙(けごんきょうろんのちつ)・犀角如意(さいかくのにょい]など北倉から10件、中倉から16件、南倉から27件、聖語蔵から3件、合計56件の宝物が出陳されます。その内の10件は初出陳だそうです。

【正倉院 歴史・簡単概要】
正倉院(しょうそういん)は当初東大寺(とうだいじ)の正倉(倉庫)として建立されました。正倉には各地から上納された米穀などの保管する倉庫という意味があるそうです。ちなみに東大寺は728年(神亀5年)第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(金鍾山寺)が起源と言われています。その後756年(天平勝宝8年)6月21日、光明皇后が夫で、聖武天皇の49日の忌日に天皇遺愛の品約650点や約60種の薬物を東大寺の大仏(廬舎那仏)に冥福を祈念して奉献しました。ちなみに聖武天皇は756年(天平勝宝8年)5月2日に崩御しました。光明皇后は自身や聖武天皇ゆかりの品を3度に渡って大仏に奉献したと言われています。1875年(明治8年)に東大寺から内務省、1881年(明治14年)に内務省から農商務省、1884年(明治17年)に農商務省から宮内省に管理が移され、現在は宮内庁の正倉院事務所が管理しています。ました。なお正倉院は1997年(平成9年)に国宝に指定され、1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
正倉院は校倉造の高床式倉庫です。
*参考・・・正倉院(アクセス・歴史・・・)ホームページ正倉院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【奈良国立博物館 歴史・簡単概要】
奈良国立博物館(ならこくりつはくぶつかん)は1895年(明治28年)4月29日に帝国奈良博物館として開館しました。1889年(明治22年)の宮内大臣通達により、奈良・京都に帝国博物館を設置することが決定し、1892年(明治25年)から興福寺(こうふくじ)の旧境内である現在の場所で建築が始まり、1894年(明治27年)に本館が竣工し、翌1895年(明治28年)には開館しました。その後1947年(昭和22年)に文部省に移管され、国立博物館奈良分館になり、1952年(昭和27年)には名称が奈良国立博物館に改められました。1972年(昭和47年)に新館が竣工し、1997年(平成9年)には東新館が竣工したことから従来の新館は西新館に改められました。なお1950年(昭和25年)に文化財保護委員会、1968年(昭和43年)に文化庁に移管され、2001年(平成13年)に独立行政法人・国立博物館、2007年(平成19年)には独立行政法人・国立文化財機構が運営するようになりました。
奈良国立博物館は独立行政法人・国立文化財機構が運営する博物館です。
*参考・・・奈良国立博物館(アクセス・歴史・・・)ホームページ奈良国立博物館(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【正倉院展 備考・リンク】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
正倉院(アクセス・見どころ・・・)情報
奈良国立博物館(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春日若宮おん祭
    奈良で2018年12月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…
  2. 春日若宮おん祭
    春日若宮おん祭2018日程・タイムスケジュールを紹介しています。春日若宮おん祭・お渡り式では日使・神…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お渡り式

    春日若宮おん祭お渡り式2018/12/17

    春日若宮おん祭・お渡り式2018は奈良の初冬の風物詩です。お渡り式は毎年12月17日に行われています…
  2. 大宿所祭

    春日若宮おん祭大宿所祭2018/12/15

    大宿所祭は奈良の初冬の風物詩です。大宿所祭は毎年12月15日に行われています。大宿所祭は大宿所詣(お…
  3. 御湯立

    春日若宮おん祭御湯立2018/12/15

    御湯立は奈良の初冬の風物詩です。御湯立は毎年12月15日に行われています。御湯立では湯立巫女(ゆたて…
  4. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭2018/12/15~18

    春日若宮おん祭は奈良の初冬の風物詩です。春日若宮おん祭は毎年7月1日から始まり、12月15日から18…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る