興福寺歴史

興福寺

興福寺歴史(興福寺の歴史)は次の通りです。なお興福寺は歴史的・文化的価値などから1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)に登録されました。興福寺は歴史的な文化財である東金堂(国宝)・五重塔(国宝)などを有しています。

【興福寺歴史以外の情報】
興福寺歴史以外の情報
興福寺歴史以外の情報(見どころ)

【興福寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市登大路町48
最寄り駅・バス停・・・近鉄奈良駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線

*JR奈良駅から市内循環バスの場合、県庁前(徒歩すぐ)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【興福寺歴史 年表】
669年(天智天皇8年)に藤原鎌足(うじわらのかまたり)の妻・鏡大王(かがみのおおきみ)が夫・鎌足の病気平癒の祈願の為、鎌足発願の本尊・釈迦三尊像や四天王などを安置する興福寺の前身・山階寺(やましなでら)を山背国山階陶原(京都市山科区)に創建しました。
672年(天武天皇元年)の藤原京遷都とともに移り、地名から厩坂寺(うまやさかでら)と称しました。
710年(和銅3年)の平城京遷都とともに鎌足の子・藤原不比等(うじわらのふひと)が現在の場所に移し、興福寺と名付けました。
720年(養老4年)に藤原不比等が亡くなると造興福寺仏殿司が設けられ、国家事業として伽藍が整備されました。
奈良時代に四大寺に数えられました。
970年(天禄元年)に定昭が創建した子院・一乗院(いちじょういん)と1087年(寛治元年)に隆禅が創建した子院・大乗院(だいじょういん)が門跡寺院として栄え、一乗院門跡と大乗院門跡が交互に興福寺別当を務めました。
平安時代に七大寺に数えられ、春日大社の実権を握るだけでなく、大和国も実質的に支配しました。
1180年(治承4年)に平重衡(たいらのしげひら)が興福寺などを焼討し、伽藍が全焼しました。その後1181年(治承5年)から興福寺別当・信円らが再建を始め、間もなく三重塔が再建されたと言われています。
1208年(承元2年)頃に焼討で焼失した北円堂が再建されました。
1415年(応永22年)に6度の被災した東金堂が再建されました。
1426年(応永33年)頃に5度被災した五重塔・大湯屋が再建されました。
1717年(享保2年)の火災により、西金堂・講堂・南大門などが焼失したが、その後再建されませんでした。ただ1789(寛政元年)頃に南円堂が再建されました。
明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)などにより、子院は全て廃止になり、一乗院門跡・大乗院門跡の門跡は還俗しました。
1871年(明治4年)の上知令により、寺領は没収され、僧は春日大社の神職になりました。
1881年(明治14年)に興福寺の再興が許可されました。

【興福寺歴史 鏡大王】
鏡大王(鏡女王・鏡姫王)は詳細が明確ではありません。鏡大王は鏡王の娘とも、額田王(ぬかたのおおきみ)の姉とも、第34代・舒明天皇の皇女とも、舒明天皇の皇孫とも、また藤原不比等の生母とも言われています。鏡大王は第38代・天智天皇の妃だったが、、その後藤原鎌足の正妻となったと言われています。なお鏡大王は万葉集の女流歌人で、万葉集に四首の歌が収録されています。

【興福寺歴史 藤原不比等】
藤原不比等は659年(斉明天皇5年)に父・藤原鎌足と母・車持与志古娘(くるまもちのよしこのいらつめ)の二男として生まれ、鎌足の死後に家を継ぎ、708年(和銅元年)に正二位右大臣になり、養老律令の編纂に関わったり、平城京遷都を推進したりし、720年(養老4年)に亡くなりました。なお藤原不比等の娘・宮子は第42代・文武天皇の妃、光明子は第45代・聖武天皇の皇后になり、藤原氏繁栄の基礎となりました。

【興福寺歴史 文化財】
●東金堂(国宝)は1415年(応永22年)に再建されました。
●北円堂(国宝)は1208年(承元2年)頃に再建されました。
●五重塔(国宝)は1426年(応永33年)頃に再建されました。
●三重塔(国宝)は1180年(治承4年)に被災し、間もなく再建されたと言われています。
●南円堂(重要文化財)は1789(寛政元年)頃に再建されました。
●大湯屋(重要文化財)は五重塔と同じ、1426年(応永33年)頃に再建されました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春日若宮おん祭
    奈良で2018年12月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容…
  2. 春日若宮おん祭
    春日若宮おん祭2018日程・タイムスケジュールを紹介しています。春日若宮おん祭・お渡り式では日使・神…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お渡り式

    春日若宮おん祭お渡り式2018/12/17

    春日若宮おん祭・お渡り式2018は奈良の初冬の風物詩です。お渡り式は毎年12月17日に行われています…
  2. 大宿所祭

    春日若宮おん祭大宿所祭2018/12/15

    大宿所祭は奈良の初冬の風物詩です。大宿所祭は毎年12月15日に行われています。大宿所祭は大宿所詣(お…
  3. 御湯立

    春日若宮おん祭御湯立2018/12/15

    御湯立は奈良の初冬の風物詩です。御湯立は毎年12月15日に行われています。御湯立では湯立巫女(ゆたて…
  4. 春日若宮おん祭

    春日若宮おん祭2018/12/15~18

    春日若宮おん祭は奈良の初冬の風物詩です。春日若宮おん祭は毎年7月1日から始まり、12月15日から18…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る