長谷寺見所ランキング-修学旅行・観光必見

長谷寺見どころ

長谷寺見所ランキング

長谷寺見所ランキングを紹介。長谷寺見所ランキングは1位が像高約10.18メートルの本尊・十一面観世音菩薩立像を安置する本堂、2位が下登廊・繋屋・中登廊・蔵王堂・上登廊から構成されている登廊、3位が日本三如意輪に数えられる如意輪観音坐像を安置する本堂(灌頂堂)です。(長谷寺見所ランキング下記参照)

長谷寺見どころ一覧

【長谷寺 歴史・簡単概要】
長谷寺とは寺伝によると686年(朱鳥元年)に僧・道明上人が初瀬山の西の岡(本長谷寺)に第40代・天武天皇の銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)を安置したのが起源とも言われています。その後727年(神亀4年)に僧・徳道上人が第45代・聖武天皇の勅により、東の岡(現在の本堂)に近江高島から流れ出でた霊木を使って十一面観世音菩薩を造仏して安置したと言われています。847年(承和14年)に定額寺に列せられ、858年(天安2年)に僧侶を統括する上座・寺主・都維那の僧職・三綱が置かれました。平安時代中期以降は徳道上人が閻魔大王からお告で開いたとされる西国三十三ヶ所観音霊場として信仰されました。1585年(天正13年)の関白・豊臣秀吉による根来攻め以降、新義真言宗門徒が入山して真言宗豊山派になりました。
奈良・長谷寺基本情報

スポンサーリンク

【長谷寺1位 本堂・見所解説】
ランキング1位は本堂(国宝)です。本堂は登廊を登った小初瀬山中腹の断崖絶壁に建立されています。本堂は本尊を安置する正堂・礼拝の為の礼堂・正堂と礼堂を繋ぐ相の間から構成され、礼堂の前に舞台があり、舞台から本堂を眺めるのがおすすめです。正堂には正面・側面に裳階が付けられています。本堂は舞台から広大な参道を眺めるのもおすすめです。ちなみに本堂は断崖絶壁に迫り出した懸造(かけづくり)・舞台造(ぶたいづくり)で、清水寺の清水の舞台(本堂)と同じ形式になっています。本堂には正堂に像高約10.18メートルの本尊・十一面観世音菩薩立像が安置されています。本尊は通常の十一面観音像と異なり、右手に数珠とともに地蔵菩薩が持つような錫杖を持ち、長谷寺式十一面観音(長谷型観音)と言われています。特別拝観などでは十一面観世音菩薩立像のお御足(おみあし)に直接触れて参拝することができます。
(本堂・ポイントまとめ)
●本堂は奈良時代に建立されたが、その後度々焼失しました。1588年(天正16年)に関白・豊臣秀吉の弟・豊臣秀長の援助によって再建されたが、1650年(慶安3年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって現在の本堂が再建されました。
本堂(歴史概略・・・)

【長谷寺2位 登廊・見所解説】
ランキング2位は登廊(重要文化財)です。登廊は小初瀬山の山麓から中腹に建立され、下登廊・繋屋・中登廊・蔵王堂・上登廊から構成されています。登廊は長さ約200メートル(108間)で、399段あります。登廊は本堂などに登りながらじっくり拝観しましょう。段数を数えるのも面白いかもしれません。また途中で立ち止まって後方を眺めるのもおすすめです。登廊には風雅な長谷型灯籠が吊るされています。また途中には天狗杉・紀貫之郷里の梅などもあります。登廊周辺には約150種・約7,000株のボタンが植えられ、例年4月下旬頃~5月上旬頃に見ごろを迎え、普段と違った登廊の光景を眺めることができます。
(登廊・ポイントまとめ)
●登廊は1039(長歴3年)に奈良・春日大社の社司・中臣信清が子供の病気平癒のお礼に建立したが、その後近世以降に再建されました。ただ下登廊・繋屋・中登廊は1882年(明治15年)に焼失し、1894年(明治27年)に再建されました。
登廊(歴史概略・・・)

【長谷寺3位 仁王門・見所解説】
ランキング3位は仁王門(重要文化財)です。仁王門は正面から拝観するのがおすすめです。正面から拝観すると高さ12.4メートルの仁王門の高さを実感できます。仁王門は石段の。上に建立されていることから石段下から眺めると実際よりも高く感じるかもしれません。仁王門には第107代・後陽成天皇(1586年(天正14年)~1611年(慶長16年))の宸筆である額「長谷寺」が掛けられ、その額を確認しましょう。仁王門には両脇に仁王像、楼上に釈迦三尊・十六羅漢像が安置されています。
(仁王門・ポイントまとめ)
●仁王門は第66代・一条天皇の時代(986年(寛和2年)~1011年(寛弘8年))頃に建立されたが、その後度々焼失しました。1894年(明治27年)に現在の仁王門が再建されました。なお2014年(平成26年)11月から2年5ヶ月掛けて保存修理が行われました。
仁王門(歴史概略・・・)

【長谷寺番外 五重塔・見所解説】
ランキング番外は五重塔です。五重塔は本堂(国宝)の西側に建立されています。五重塔は1876年(明治9年)の落雷で焼失した三重塔跡の北側に建立され、その歴史を感じることができます。五重塔は高さ約31.3メートルで、近付くとその大きさを感じることができます。五重塔は純和様式の塔で、丹色の塔身と金色の相輪が美しいと言われ、じっくりその美しさを確認しましょう。ちなみに五重塔は組物が柱から外側に斗 (ます) 組みが三段出て、丸桁を支える三手先(みてさき)、軒が二軒(ふたのき)繁垂木(しげだるき)になっています。なお五重塔は5月中旬頃~6月上旬頃に見ごろを迎える西洋シャクナゲ、11月中旬頃~12月上旬頃に見ごろを迎える紅葉との光景が美しいと言われています。
(五重塔・ポイントまとめ)
●五重塔は1954年(昭和29年)に戦没被災者慰霊の為に建立されました。五重塔は太平洋戦争後に国内で最初に建立された五重塔で、昭和の名塔とも言われています。
●五重塔は本尊・大日如来を祀っています。
五重塔(歴史概略・・・)

【長谷寺見所ランキング 備考】
*参考・・・奈良・長谷寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る