朝護孫子寺桜見ごろ

朝護孫子寺桜(見ごろ・見どころ・・・)を紹介しています。朝護孫子寺には染井吉野・山桜・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と信貴山・伽藍などの光景が美しいと言われています。朝護孫子寺では桜が見ごろを迎える時期に桜まつりが行われています。(要確認)桜まつりでは境内にある約2,000基の石灯籠に日没後から火が灯されます。(詳細下記参照)

【朝護孫子寺桜見ごろ(要確認)】
朝護孫子寺桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。なお桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
奈良桜見ごろ2019奈良桜ライトアップ2019奈良桜名所

【朝護孫子寺桜・朝護孫子寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
最寄り駅・バス停・・・信貴山門(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR王寺駅から奈良交通バス・信貴山門行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【朝護孫子寺桜 歴史・簡単概要】
朝護孫子寺は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。朝護孫子寺には染井吉野(ソメイヨシノ)・山桜(ヤマザクラ)・枝垂桜(シダレザクラ)などの桜の木が植えられ、桜と信貴山・伽藍などの光景が美しいと言われています。朝護孫子寺では桜が見ごろを迎える時期に桜まつりが行われています。(要確認)桜まつりでは境内にある約2,000基の石灯籠に日没後から火が灯され、本堂がライトアップされるそうです。またぼんぼんも境内に吊るされるそうです。
灯籠(とうろう)は飛鳥時代の仏教伝来とともに中国から伝来し、奈良時代に多くの寺院で造られるようになったとも言われています。灯籠は元々仏像に清浄な灯りを献じる役割があるとも言われています。
本堂は1592年(文禄元年)に関白・豊臣秀吉が再建したとも、1602年(慶長7年)に秀吉の子・豊臣秀頼が再建したとも言われています。その後修復され、1746(延享3年)に完成しました。しかし1951年(昭和26年)の火災で焼失し、1958年(昭和33年)に再建されました。なお本堂は本尊である毘沙門天王像(奥秘仏・中秘仏・お前立ち)が安置され、奥秘仏・中秘仏は特別な行事や時期にご開帳されます。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。なお奈良では奈良地方気象台の移転により、現在奈良女子大付属中等教育学校の染井吉野が標準木とされ、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。

【朝護孫子寺 歴史・簡単概要】
朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)・信貴山寺(しぎさんじ)は起源が明確ではありません。朝護孫子寺は寺伝によると第31代・用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子(うまやどのおうじ))が創建したとも言われています。聖徳太子は廃仏派の大連(おおむらじ)・物部守屋(もののべのもりや)を討伐する際、河内稲村城に向かう途中の信貴山で戦勝祈願をすると天空から毘沙門天(びしゃもんてん)が出現し、587年(用明天皇2年)に必勝の秘法を授けられて勝利したことから自ら毘沙門天を刻んで、伽藍を建立したとも言われています。ちなみに聖徳太子は信ずべし貴ぶべき山として信貴山と名付け、秘法を授けられた日が582年(敏達天皇11年)の寅年、寅日、寅の刻であったことから毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されるようになったそうです。その後910年(延喜10年)に命蓮上人(みょうれんしょうにん)が勅命により、第60代・醍醐天皇の病気平癒を毘沙門天王に祈願したところ病気が平癒し、第60代・醍醐天皇の朝廟安穏・守護国土・子孫長久の祈願寺として、勅号・朝護孫子寺を賜りました。戦国時代の1536年(天文5年)に木沢長政(きざわながまさ)が信貴山頂に信貴山城を築き、1577年(天正5年)に城主・松永久秀(まつながひさひで)と織田信長(おだのぶなが)による信貴山攻防戦によって焼失しました。その後1610年(慶長15年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)が再建しました。
朝護孫子寺は信貴山真言宗の総本山です。
*参考・・・朝護孫子寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ朝護孫子寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【朝護孫子寺桜 備考】
*お祭り・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
朝護孫子寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓮華会式
    奈良で2019年7月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 弁財天供

    興福寺弁財天供2019/7/7

    興福寺弁財天供(日程・時間等)を紹介。弁財天供は毎年7月7日に行われています。弁財天供では弁財天を安…
  2. なつの鹿寄せ

    奈良公園なつの鹿寄せ2019/7/14~9/22

    奈良公園なつの鹿寄せ(日程・時間等)を紹介。なつの鹿寄せは毎年7月中旬頃から9月中旬頃まで行われてい…
  3. なら燈花会

    奈良公園なら燈花会2019/8/5~14

    なら燈花会2019(日程・時間等)を紹介。なら燈花会は毎年8月上旬から行われています。なら燈花会では…
  4. 大仏殿夜間参拝

    東大寺大仏殿夜間参拝2019/8/13・14

    東大寺大仏殿夜間参拝(日程・時間等)を紹介。大仏殿夜間参拝は毎年8月13日・14日に行われています。…
  5. 中元万燈籠

    春日大社中元万燈籠2019/8/14・15

    春日大社中元万燈籠(日程・時間等)を紹介。中元万燈籠は毎年8月14日・15日に行われています。中元万…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る