カテゴリー:その他

  • 曽爾高原紅葉見ごろ(10月上旬~11月下旬頃)紅葉名所

    曽爾高原紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。曽爾高原には広大な高原にススキが分布し、ススキと標高約1,038メートルの倶留尊山・標高約849メートルの亀山・お亀池などの光景が美しいと言われています。ススキは風に吹かれて昼間の太陽の光を浴びると銀色の波のように揺れ、夕暮れの夕陽の光を浴びると金色の波のように揺れます。
  • 戒長寺紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)紅葉名所

    戒長寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。戒長寺には樹高約30メートルのオハツキイチョウなどが植えられ、紅葉と本堂などの光景が美しいと言われています。落葉すると一帯は黄色い絨毯を敷いたようになります。ちなみに鎮守社である戒場神社には樹齢300年を超えるとも言われる朴の木も植えられ、見どころになっています。
  • 法隆寺桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

    法隆寺桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。法隆寺には枝垂桜・染井吉野・山桜・里桜などの桜の木が植えられ、桜と夢殿(国宝)などの伽藍・池などの光景が美しいと言われています。夢殿近くには枝垂桜が植えられ、西院廻廊(国宝)の東出口や大講堂(国宝)の西側、そして東大門(国宝)付近の桜並木が美しいと言われています。
  • 大神神社桜見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)桜名所

    大神神社桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。大神神社には神体(神体山)とする三輪山や境内に染井吉野・山桜・枝垂桜・八重桜など約100本の桜の木が植えられ、桜と三輪山・拝殿(重要文化財)などの光景が美しいと言われています。三輪山には山桜が点々と分布し、桜本来の素朴な美しさを見せているとも言われています。
  • 鳥見山公園紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)紅葉名所

    鳥見山公園紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。鳥見山公園にはモミジ・カエデ・イチョウ・ドウダンツツジなどが分布し、紅葉と勾玉池などの光景が美しいと言われています。鳥見山公園には展望台が整備され、奈良盆地(大和盆地)や標高約637.2メートルの伊那佐山(いなさやま)などの眺望を楽しむこともできます。
  • 高取城跡紅葉見ごろ(11月中旬~12月上旬頃)紅葉名所

    高取城跡紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。高取城跡にはモミジ・カエデ・クヌギ・ブナなど分布し、紅葉と残された石垣などの光景が美しいと言われています。本丸・二の丸跡周辺が見どころです。高取町では紅葉が見ごろを迎える時期にたかとり城まつりが行われています。火縄銃の実演・時代行列などのイベントが行われます。(要確認)
  • 石上神宮桜見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)桜名所

    石上神宮桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。石上神宮には外苑公園を中心に約600本の染井吉野が植えられ、桜と外苑公園との光景が美しいと言われています。外苑公園・石上神宮前を通る県道51号線にも桜並木が続いています。ちなみに外苑公園では例年桜が見ごろを迎える時期にぼんぼりが灯されたり、屋台・露店が出店されたりします。(要確認)
  • 門僕神社紅葉見ごろ(11月下旬頃)紅葉名所

    門僕神社紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。門僕神社には鳥居前に扇状の葉の上に銀杏(ぎんなん)の実がなる珍しい高さ約35メートル・周囲約3メートルのオハツキイチョウ(雌木(めぎ))と銀杏の実がならないイチョウ(雄木(おぎ))が植えられ、黄葉のイチョウと鳥居などの光景が美しいと言われています。
  • 等彌神社紅葉見ごろ(11月上旬~12月上旬頃)紅葉名所

    等彌神社紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。等彌神社には約100本のモミジ・カエデ・イチョウなどが植えられ、紅葉と拝殿・桃神池(桃神社)などの光景が美しいと言われています。桃神池の水面に映し出される逆さ紅葉が美しいと言われています。等彌神社では紅葉が見ごろを迎える時期に献灯祭・紅葉ライトアップが行われます。(要確認)
  • 屏風岩公苑桜見ごろ(4月中旬~下旬頃)桜名所

    屏風岩公苑桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。屏風岩公苑は奈良県内で最も桜の開花が遅いとも言われています。屏風岩公苑には樹齢100年越えの山桜約300本や染井吉野が植えられ、桜と柱状の割れ目である柱状節理の屏風岩との光景が美しいと言われています。屏風岩公苑では桜が見ごろを迎える時期にライトアップが行われています。(要確認)

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る