奈良基督教会(アクセス・見どころ・概要・・・)

奈良基督教会

奈良基督教会(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。奈良基督教会を設計・施工した大木吉太郎は1887年(明治20年)に生まれ、1971年(昭和46年)に亡くなった奈良県出身の宮大工です。関東大震災後に古社寺の調査・修復に参加し、1931年(昭和6年)に河川改修に伴う小浜聖ルカ教会の改築にも参加しました。

【奈良基督教会 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市登大路町45
最寄り駅・バス停・・・近鉄奈良駅(徒歩約2分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線
路線・時刻表・運賃チェック

【奈良基督教会 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開(見学には電話・メールが必要)

【奈良基督教会 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開(見学には電話・メールが必要)

スポンサーリンク

【奈良基督教会 歴史・簡単概要】
奈良基督教会(ならきりすときょうかい)は1885年(明治18年)にアメリカ人牧師であるジョン・マキム主教と日本人信徒が伝道を開始したのが始まりです。奈良で最初に洗礼を受けた信徒は弁護士の玉置・中山の両氏でした。1887年(明治20年)に奈良基督教会が創立され、奈良英和学校が設立され、花芝町に教会が建設されたと言われています。1909年(明治42年)に登大路町に面積約1,600余坪の土地を取得し、教会が移築されたと言われています。1928年(昭和3年)に定礎式が行われ、1929年(昭和4年)12月に親愛幼稚園舎が完成し、1930年(昭和5年)4月に会堂が完成したと言われています。奈良基督教会は奈良公園地区の景観にそぐわない洋風建築は認められず、信徒で、宮大工・大木吉太郎(おおききちたろう)が設計・施工した純和風建築になり、欄間があります。親愛幼稚園舎は当初信徒会館として建設が開始されたが、工事完了間際に幼稚園舎として使用することとなり、1930年(昭和5年)4月に開園しました。1982年(昭和57年)に学校法人親愛学園親愛幼稚園が設立されました。1990年(平成 2年)にシオンホールが完成し、2005年(平成17年)にセーラハウスが完成し、マリア館が改築されました。
*参考・・・奈良基督教会(アクセス・見どころ・・・)

【奈良基督教会 見どころ・文化財】
奈良基督教会の見どころはいずれも重要文化財に指定されている会堂・親愛幼稚園舎です。会堂は1930年(昭和5年)に建設されました。会堂は建築面積約343.61平方メートルの三廊式教会堂です。会堂は木造で、桟瓦葺(さんがわらぶき)の一部銅板葺(どうばんぶき)です。西面に渡廊下が附属しています。親愛幼稚園舎は1929年(昭和4年)に建設されました。親愛幼稚園舎は建築面積約259.88平方メートルです。親愛幼稚園舎は木造で、桟瓦葺の一部銅板葺です。

【奈良基督教会 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0742-22-3818(日本聖公会奈良基督教会)

【奈良基督教会 おすすめ散策ルート】
奈良基督教会からは東側にある興福寺を散策するのがおすすめです。また興福寺から足の伸ばして東大寺・春日大社を散策するのもおすすめです。興福寺南側にある猿沢池や奈良町などを散策するのもいいかもしれません。

【奈良基督教会 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場不明。

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る