カテゴリー:観光スポット

  • 片岡梅林

    片岡梅林(アクセス・見どころ・概要・・・)

    片岡梅林がある奈良公園は登大路園地・浅茅ヶ原園地・荒池園地・浮雲園地・春日野園地・茶山園地・東塔跡園地・猿沢池園地・みとりい池園地などがあり、奈良公園周辺には国の天然記念物に指定されている鹿が1000頭以上生息しています。
  • 曽爾高原

    曽爾高原(アクセス・見どころ・概要・・・)

    曽爾高原のお亀池にはお亀池伝説が残されています。お亀は子供を産んで役目が終わったことから実家に戻ったが、夫が夜泣きする子供に授乳をしてもらう為に実家に向かったが、「もう来ないで下さい」と言いながら大蛇に化けてお亀池から現れ、大口を開けて襲い掛かったそうです。
  • 高田千本桜・大中公園

    高田千本桜・大中公園(アクセス・見どころ・・・)桜名所

    高田千本桜・大中公園では約1,200本の桜が見頃を迎える時期に夕闇とともにぼんぼりが灯り、ライトアップされます。また4月の第1日曜日には大和高田商工会議所・大和高田市文化協会・大和高田市の主催による民謡(うた)と踊りと野点の祭典も行われるそうです。(要確認)
  • 竜田公園・三室山

    竜田公園・三室山(アクセス・見どころ・・・)桜名所

    竜田公園・三室山は平安時代初期の貴族で、六歌仙の一人・在原業平(ありわらのなりひら)が「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」、平安時代中期の僧侶で、歌人・能因法師が「嵐ふく 三室の山の もみじ葉は たつ田の川の 錦なりけり」と詠んだ古来からの紅葉の名所です。
  • 又兵衛桜・本郷の瀧桜

    又兵衛桜・本郷の瀧桜(アクセス・見どころ・・・)桜名所

    又兵衛桜・本郷の瀧桜の由来となった後藤又兵衛はかつて黒田如水・長政親子に仕えていたが、長政と意見が合わずに浪人し、その後大坂の陣では豊臣方に加わり、その采配の見事さから摩利支天の再来と称されたが、大坂夏の陣で討死したと言われています。
  • 月ヶ瀬梅林

    月ヶ瀬梅林(アクセス・見どころ・概要・・・)

    月ヶ瀬梅林がある月ヶ瀬には1331年(元弘元年)の元弘の乱で敗れた後醍醐天皇が笠置山から撤退する際、逃れてきた女官が滞在していた月ヶ瀬で熟れた梅の実を見て、京の都で使用される紅花染め用の烏梅(うばい)の製法を教えたという烏梅伝来の伝承が残されているそうです。
  • 綱越神社

    綱越神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    綱越神社で7月に行われる例祭(おんぱら祭)では古式に則って神馬引き(しんめひき)や茅の輪くぐり(ちのわくぐり)が行われるだけでなく、神賑行事として奉納花火大会・おんぱら音頭踊り・音楽隊の演奏会・日本舞踊奉納・歌謡ショーなどのイベントも行われます。
  • 率川阿波神社初戎祭

    率川阿波神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    率川阿波神社では毎年1月5日に初戎祭(はつえびすさい)行われ、商売繁盛を祈願します。初戎祭では吉兆福笹(限定)が授与され、神酒・甘酒も振る舞われます。(要確認)なお初戎祭の前日には宵戎祭(よいえびすさい)も行われます。
  • 南市恵毘須神社南市の初戎

    南市恵毘須神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    南市恵毘須神社では毎年1月5日に初戎(はつえびす)が行われ、商売繁盛・福徳招来・五穀豊穣などを祈願します。初戎では福俵などの縁起物を付けた吉兆笹(福笹)が売られ、参道には縁起ものを売る店が並びます。ちなみに初戎の前夜には宵宮祭として宵戎が行われます。
  • 奈良国立博物館

    奈良国立博物館(アクセス・見どころ・概要・・・)

    奈良国立博物館の本館は赤坂離宮(迎賓館)・新宿御苑御休所などを設計した宮内省内匠寮技師・片山東熊(かたやまとうくま)が設計し、明治時代を代表する洋風建築とされ、昭和44年(1969年)には国の重要文化財に指定されました。

奈良観光おすすめ

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る