カテゴリー:観光スポット

  • 西大寺

    西大寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    西大寺はかつて東西11町・南北7町、合計31町歩(約48ヘクタール)に及ぶ境内に薬師金堂・弥勒金堂・四王院・十一面堂院・東西の五重塔など百以上の堂宇が立ち並び、南都七大寺にふさわしい大伽藍の寺院だったとも言われています。
  • 慈光院

    慈光院(アクセス・見どころ・概要・・・)

    慈光院には慈光院を創建した片桐石州像があります。片桐石州像は石州が自分の為に京都大徳寺の高林庵(こうりんあん)に安置したが、明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)によって高林庵が廃寺になったことから慈光院に移されたそうです。
  • 海龍王寺

    海龍王寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    海龍王寺の名称の由来になった海龍王経は734年(天平6年)に初代住持・玄昉が唐から日本に戻る途中に東シナ海で暴風雨に遭遇した際、一心に唱えたと言われています。ちなみに玄昉は種子島に漂着したが、735年(天平7年)に平城宮に無事に戻ったと言われています。
  • 中宮寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    中宮寺は第二次大戦後に隣接する法隆寺を総本山とする聖徳宗に合流したが、7世紀前半の創建以来1300年に渡って尼寺の法燈を守り続け、法華寺(ほっけじ)・円照寺(えんしょうじ)とともに大和三門跡尼寺の随一とも言われています。
  • 法輪寺

    法輪寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    法輪寺は聖徳太子が飛鳥から斑鳩に3つの井戸を移したことから法輪寺がある土地は三井(みい)と言われ、法輪寺も地名から三井寺(みいでら)と言われるようになりました。なお3つの井戸の内、1つの井戸が現存し、国の史跡に指定されているそうです。
  • 秋篠寺

    秋篠寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    秋篠寺に安置されている伎芸天立像(重要文化財)は瞑想しているような表情が美しいと言われています。伎芸天立像(ぎげいてん)は頭部が奈良時代に造られた脱活乾漆造で、体部は鎌倉時代に補作された木造です。ちなみに伎芸天立像は像高約206センチです。
  • 法華寺

    法華寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    法華寺を創建した光明皇后は社会福祉にも尽力し、病院に当たる施薬院(せやくいん)や貧窮者・孤児の為の悲田院(ひでいん)などを設置しました。また法華寺内に浴室(からふろ)を建立し、千人の衆生の垢を流したとも言われています。
  • 談山神社

    談山神社(アクセス・見どころ・・・)・桜紅葉名所

    談山神社の名称は645年(大化元年)の大化の改新の際、藤原鎌足(中臣鎌足)と中大兄皇子(天智天皇)が多武峰(とうのみね)の山中で談合を行い、談い山(かたらいやま)・談所ヶ森(だんじょのもり)とも言われたことに由来しています。
  • 高松塚古墳

    高松塚古墳(アクセス・見どころ・概要・・・)

    高松塚古墳に隣接している高松塚壁画館では日本画家・前田青邨らによる壁画発見当時の現状模写・一部復元模写・再現模造模写や棺を納めた石槨(せっかく)の原寸模型、そして古墳に副葬されていた太刀飾金具・木棺金具・海獣葡萄鏡などのレプリカが展示されています。
  • 石舞台古墳

    石舞台古墳(アクセス・見どころ・概要・・・)

    石舞台古墳の埋葬者とも言われている蘇我馬子は第30代・敏達天皇の時に大臣(おおおみ)となり、587年(用明天皇2年)に排仏派である物部守屋(もののべのもりや)を滅ぼし、592年(崇峻天皇5年)には東漢駒(やまとのあやのこま)に第32代・崇峻天皇を暗殺させて実権を握りました。

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る