カテゴリー:観光スポット

  • 安倍文殊院

    安倍文殊院(アクセス・見どころ・・・)・桜名所

    安倍文殊院は京都宮津市の切戸文殊・山形高畠町の亀岡文殊と合わせて、日本三文殊に数えられています。また安倍文殊院は三輪明神・長谷寺・朝護孫子寺・当麻寺中之坊・おふさ観音・談山神社・久米寺とともに大和七福八宝めぐりのひとつに数えられています。
  • 御霊神社

    御霊神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    御霊神社の秋季例祭ではかつて疫病が流行した際、中街道に祭神・井上皇后(いがみこうご)、上街道に祭神・早良親王(さわらしんのう)、下街道に祭神・他戸親王(おさべしんのう)の神霊をのせた神輿を据え、疫病の侵入を防いでいたそうです。
  • 長谷寺

    長谷寺(アクセス・見どころ・・・)・桜紅葉名所

    長谷寺は花の名所で、古くから花の御寺と称され、「枕草子(清少納言)」・「源氏物語(紫式部)」・「更級日記(菅原孝標女)」などに記されています。なお現在初瀬山は牡丹の名所で、150種・7,000株と言われる牡丹が4月下旬から5月上旬に見ごろを迎えるそうです。
  • 藤原宮跡

    藤原宮跡(アクセス・見どころ・概要・・・)

    藤原宮跡の藤原宮は694年(持統8年)から710年(和銅3年)まで持統天皇・文武天皇・元明天皇が3代に渡って宮居したが、676年(天武天皇5年)頃から建設が始まり、藤原京遷都後の704年(慶雲元年)頃に完成したそうだ。この後708年(和銅元年)には平城京遷都の勅が下されたそうです。
  • 大神神社

    大神神社(アクセス・見どころ・・・)・桜名所

    大神神社がご神体(神体山)とする三輪山は高さ約467メートルの円錐形の山で、松・杉・檜などの大樹に覆われ、一木一草に至るまで神宿るものとされています。ちなみに三輪山は古来美和山・御諸山(みもろやま)・三諸岳(みもろだけ)とも記されました。
  • 朝護孫子寺

    朝護孫子寺(アクセス・見どころ・・・)・桜紅葉名所

    朝護孫子寺を創建したとも言われている聖徳太子が物部守屋に対する戦勝祈願をした日は必勝の秘法を授けられたとされる毘沙門天の縁日である寅の年・寅の日・寅の刻とされています。ちなみに寅は毘沙門天のお使いと言われています。
  • 室生寺

    室生寺(アクセス・見どころ・・・)・紅葉名所

    室生寺は徳川幕府5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院の寄進によって伽藍が修理されたり、桂昌院の力添えによって法相宗から真言宗に改められたりしたことから女性の参詣が許され、女人禁制の高野山に対して、女人高野と言われるようになりました。
  • 橿原神宮

    橿原神宮(アクセス・見どころ・概要・・・)

    橿原神宮で祀られている神武天皇は「古事記」・「日本書紀」で初代天皇とされています。神武天皇は45歳で日向を出発し、瀬戸内海を東進して大和一帯を平定し、紀元前660年(神武天皇元年)に大和畝傍橿原宮で即位し、127歳で没したと言われています。

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る