滝谷花しょうぶ園芝桜見ごろ(4月下旬~5月上旬頃)

滝谷花しょうぶ園

滝谷花しょうぶ園芝桜見ごろ(例年)・見どころ

滝谷花しょうぶ園芝桜見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介しています。滝谷花しょうぶ園ではしばざくら花園など園内各所の面積約2千平方メートルに白色にピンク色の縞が入った多摩の流れなど7種の芝桜が地面を覆うように植えられ、紫・ピンク・白色などの花を咲かせます。なお高台にある食堂では飲食(軽食・弁当・飲み物)を楽しむことができます。(詳細下記参照)

【滝谷花しょうぶ園 芝桜見ごろ(例年)】
滝谷花しょうぶ園の芝桜見ごろは例年4月下旬頃から5月上旬頃です。ただ芝桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。

【滝谷花しょうぶ園芝桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・奈良県宇陀市室生瀧谷348
最寄り駅・バス停・・・滝谷花しょうぶ園(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄大阪線三本松駅から奈良交通・直行バス
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【滝谷花しょうぶ園 芝桜見ごろ(例年)・見どころ】
滝谷花しょうぶ園は芝桜(シバザクラ)の名所です。滝谷花しょうぶ園の芝桜見ごろは例年4月下旬頃から5月上旬頃です。芝桜は桜が散り始めることから次々と咲き始めると言われています。
滝谷花しょうぶ園ではしばざくら花園など園内各所の面積約2千平方メートルに白色にピンク色の縞(しま)が入った多摩の流れ(たまのながれ)など7種の芝桜が地面を覆うように植えられ、紫・ピンク・白色などの花を咲かせます。滝谷花しょうぶ園には桜(例年4月上旬頃~4月中旬頃)・てっせん(例年5月上旬頃~6月上旬頃)も植えられ、芝桜と一緒に楽しめる場合もあります。またチューリップ・シャクナゲなども楽しめる場合もあります。なお高台にある食堂では飲食(軽食・弁当・飲み物)を楽しむことができます。
芝桜(シバザクラ)はハナシノブ科の多年草です。芝桜は北アメリカ東部原産で、モスフロックスとも言われています。日本では葉の形やその匍匐性(ほふくせい)などから「芝桜」と名付けられました。またハナツメクサ(花詰草・花爪草)とも言われています。芝桜は高さ5~10センチで、よく枝分かれして地面をはうように密生して広がります。葉は常緑で硬く、長さ1センチほどの披針形(ひしんけい)または針状です。花は春に径1.5センチほどの小花を円錐花序(えんすいかじょ)につけ、赤・淡桃・藤・白色などの花を咲かせます。芝桜は寒暑・乾燥に強く、常緑であることから芝生代わりに植えられたり、花壇・石垣の間などに植えられたします。

【滝谷花しょうぶ園 歴史・簡単概要】
滝谷花しょうぶ園(たきだにはなしょうぶえん)は三本松長瀬の大師堂と室生寺を結ぶ大師の道沿いで、室生の山々に囲まれた静かな山あいの里にあります。大師の道は伊賀・名張など三重県から三重県松阪市六軒と奈良県桜井市初瀬を結ぶ初瀬街道(はせかいどう)を通り、三本松長瀬から山越えで室生寺にお参りする古道で、かつて多くの参拝客が通っていました。滝谷花しょうぶ園は面積約1万坪で、花しょうぶ花園・あじさいの花園・しばざくら花園・てっせん花園・藤棚・睡蓮池・鑑賞園・てっせんの花道・品種見本園・竹やぶ散策道・池・噴水・見晴台・ブルーベリーの丘・あずま屋・藤棚休憩所・休憩所・休憩観賞席・小かげ休憩所・お座敷・ふれあい広場(苗即売所)・バーベキューハウス・売店・食堂・喫茶・駐車場などがあります。滝谷花しょうぶ園には100万本のハナショウブ・約3,000株のテッセン・梅・雪柳・れんぎょう・しだれ桜・はなずおう・芝桜・花水木・ハマナス・シャクナゲ・藤・睡蓮・笹ゆり・アジサイ・蓮・ブルーベリー・バーベナ・サルスベリ・ノウゼンカズラ・むくげ・萩・コスモス・ススキ・彼岸花・カエデ・サザンカなどが植えられています。滝谷花しょうぶ園ではソロキャンプ・ファミリーキャンプ・ブルーベリー摘み&ジャムづくり体験などもできます。
*参考・・・滝谷花しょうぶ園(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

【滝谷花しょうぶ園芝桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
滝谷花しょうぶ園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る