大台ヶ原紅葉見ごろ(10月中旬頃)紅葉名所

大台ヶ原紅葉見ごろ

大台ヶ原紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大台ヶ原にはブナ・ミズナラ・シロヤシオ・ナナカマド・オオイタヤメイゲツなどが分布し、紅葉と大台ヶ原・周囲の山々などの光景が美しいと言われています。東大台にある日出ヶ岳の展望台からは360度パノラマを楽しむことができます。なお西大台は事前の入山申請が必要になります。(詳細下記参照)

【大台ヶ原紅葉見ごろ(要確認)】
大台ヶ原の紅葉見ごろは例年10月中旬頃です。なお紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
奈良紅葉見ごろ奈良紅葉名所奈良紅葉ライトアップ2018

【大台ヶ原紅葉・大台ヶ原 アクセス・地図】
場所・・・奈良県吉野郡上北山村・川上村・三重県多気郡大台町
最寄り駅・バス停・・・大台ヶ原

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄吉野線・大和上市駅からバス・大台ヶ原行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【大台ヶ原紅葉 歴史・簡単概要】
大台ヶ原は奈良を代表する紅葉の名所です。大台ヶ原の紅葉見ごろは例年10月中旬頃です。紅葉の見ごろは平地よりも1カ月ほど早くなります。大台ヶ原にはブナ・ミズナラ・シロヤシオ・ナナカマド・オオイタヤメイゲツなどが分布し、紅葉と大台ヶ原・周囲の山々などの光景が美しいと言われています。東大台にある日出ヶ岳(ひでがだけ)の展望台からは360度パノラマを楽しむことができます。また大蛇ぐら(だいじゃぐら)からは眼下に垂直約800メートルの断崖絶壁の絶景を楽しむことができます。
東大台はビジターセンターから東側のエリアです。東大台には一般登山者向けのコース・東大台ヶ原自然観察路が整備され、登山道には牛石ヶ原(うしいしがはら)・正木ヶ原(まさきがはら)・大蛇ぐらなどがあります。なお西大台は事前の入山申請が必要になります。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィル(葉緑素)が分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。アントシアニンは植物において広く存在する色素、カロテノイドは黄・橙・赤色などを示す天然色素です。

【大台ヶ原 歴史・簡単概要】
大台ヶ原(おおだいがはら)・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県と三重県の県境付近にあります。大台ヶ原山は紀伊半島東部に位置する台高山脈(だいこうさんみゃく・大台ヶ原山地(おおだいがはらさんち))の主峰である標高約1,695メートルの山です。大台ヶ原山は日本国内で珍しい非火山性の隆起準平原です。大台ヶ原山は山全体が特別天然記念物に指定され、ユネスコエコパーク(生物圏保護区)に登録されています。また大台ヶ原山は日本百名山・日本百景・日本の秘境100選などにも選ばれています。大台ヶ原は大台ヶ原山・標高約1,654メートルの三津河落山(さんずこうちさん)・標高約1,529メートルの経ヶ峰(きょうがみね)など標高1,400~1,600メートルなどに囲まれた面積40平方キロ・東西5キロほどの台地です。ちなみに大台ヶ原は年間を通じて降水量が多く、世界遺産である屋久島(やくしま)に並ぶとも言われるほどの多雨地帯です。大台ヶ原は日出ヶ岳(ひでがだけ)・大蛇ぐら(だいじゃぐら)などの展望地がある東大台と原生的な森林が広がる西大台に大きく分けられます。ちなみに東大台には一般登山者向けのコース・東大台ヶ原自然観察路が整備されています。西大台に入るには事前手続きが必要になります。なお大台ヶ原は吉野熊野国立公園(よしのくまのこくりつこうえん)に属しています。
*参考・・・大台ヶ原・大台ヶ原山(アクセス・歴史・見どころ・・・)大台ヶ原・大台ヶ原山(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【大台ヶ原紅葉 備考】
*お祭り・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
大台ヶ原(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る