カテゴリー:その他

  • 興福寺南円堂・興福寺見どころ

    興福寺藤見ごろ(4月下旬~5月上旬頃)・藤名所

    興福寺藤見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。興福寺では重要文化財である南円堂に向かって右側に左近の藤(さこんのふじ・南円堂藤)が植えられています。左近の藤は室町時代に東大寺鐘・春日野鹿・佐保川蛍・猿沢池月・雲居坂雨・轟橋旅人・三笠山雪とともに南都八景に数えられました。
  • 春日大社藤見ごろ

    春日大社藤見ごろ(4月下旬~5月上旬頃)・藤名所

    春日大社藤見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。春日大社には直会殿近くに樹齢700年以上とも言われる砂ずりの藤・萬葉植物園の藤の園に早咲きから遅咲きまでの20種・約200本の藤が植えられています。砂ずりの藤の名称は例年5月上旬頃に花房が1メートル以上に延び、 砂にすれるということに由来しています。
  • 奈良県護国神社椿見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)・椿名所

    奈良県護国神社椿見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。奈良県護国神社には弁慶・月の輪・隠れ磯・参平・紅乙女・乙女椿・卜判錦・初雁・あけぼの・卜判・錦魚葉椿・英勝侘助・緋縮緬・花車・加茂本阿弥・太郎冠者・覆輪侘助・氷室雪月花・酒中花など早咲きから遅咲きまでの約1,000種・約1万本の椿が植えられています。
  • 伝香寺椿見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)・椿名所

    伝香寺椿見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。伝香寺には散り椿が植えられ、東大寺の糊こぼし(良弁椿)・白毫寺の五色椿とともに大和三名椿(奈良三名椿)に数えられています。散り椿は桜のように一枚一枚花びらが散り、その潔さを称して武士椿とも言われています。散り椿は現在は3代目です。
  • 白毫寺椿見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)・椿名所

    白毫寺椿見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。白毫寺には樹齢約400年・樹高約5メートル・根回り約1メートルの五色椿が植えられ、東大寺開山堂の糊こぼし・伝香寺の散り椿とともに大和三名椿(奈良三名椿)に数えられています。五色椿は大輪の八重で、一本の木から白・紅・紅白絞り・桃色など色とりどりの花を咲かせます。
  • 東大寺椿見ごろ(3月~4月頃)・椿名所

    東大寺椿見ごろ(時期・・・)情報を紹介しています。東大寺には開山堂(国宝)に糊こぼし(のりこぼし)とも、良弁椿(ろうべんつばき)とも言われる椿が植えられ、白毫寺の五色椿・伝香寺の散り椿とともに大和三名椿(奈良三名椿)に数えられています。糊こぼしの植えられている庭は通常非公開だが、垣間から見ることができます。
  • 壷阪寺桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)・桜名所

    壷阪寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。壷阪寺には広大な山内に染井吉野など約300本の桜の木が植えられ、桜と高さ約10メートルの天竺渡来大釈迦如来石像・高さ約20メートルの天竺渡来大観音石像・多宝塔などの光景が美しいと言われています。桜は境内の伽藍・石像などを包み込むように咲きます。
  • 三輪恵比須神社(アクセス・見どころ・・・)

    三輪恵比須神社の起源になった海石榴市(つばいち)は日本最古の和歌集「万葉集」で「紫(むらさき)は 灰指(さ)すものそ 海石榴市(つばいち)の 八十(やそ)の衢(ちまた)に 逢へる児(こ)や誰」と詠まれました。男性が海石榴市で出会った女性に名前を尋ねて求婚したが、名前を教えてもらえなかったというものです。
  • 奈良ホテル(アクセス・見どころ・・・)

    奈良ホテルの本館は興福寺・東大寺・春日大社など寺社の多い奈良の景観に配慮し、屋根に鴟尾(しび)を置き、壁面を白い漆喰(しっくい)で仕上げた木造2階建て瓦葺きになりました。本館の内装は桃山風とドイツ風の意匠が混在する和洋折衷様式になっています。
  • 旧大乗院庭園(アクセス・見どころ・・・)

    旧大乗院庭園ゆかりの大乗院は1087年(寛治元年)に創建され、太政大臣・藤原忠通(ふじわらのただみち)の九男で、第4代院主(興福寺第44代別当)・信円(しんえん)の頃に門跡寺院になり、中世に一乗院(いちじょういん)とともに興福寺の有力な塔頭になり、門主が興福寺別当を務めるようになりました。

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る