カテゴリー:桜見ごろ

  • 奈良公園桜

    奈良公園桜見ごろ(3月下旬~4月下旬頃)桜名所

    奈良公園桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。奈良公園は広大な園内の若草山・浮見堂・春日野園地・東大寺東塔跡周辺などに奈良の八重桜・奈良の九重桜・染井吉野・山桜・枝垂桜など約1,700本の桜の木が植えられ、桜と若草山・浮見堂・鷺池・鹿などの光景が素晴らしいと言われています。なお東大寺・興福寺の境内にも桜の木が植えられています。
  • 長谷寺

    長谷寺桜見ごろ(3月下旬~4月中旬頃)桜名所

    長谷寺桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。長谷寺には染井吉野・山桜・枝垂桜・紅枝垂桜・寒緋桜・大島桜・河津桜・奈良八重桜・初瀬桜など約1,000本の桜の木が植えられ、桜と本堂などの伽藍との光景が美しいと言われています。本堂の舞台からは山内の桜を眺めることができます。高浜虚子は「花咲かば 堂塔埋もれ つくすべし」と詠みました。
  • 氷室神社桜

    氷室神社桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

    氷室神社桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。氷室神社は参道脇の鏡池前に奈良市内で一番早く咲き、奈良一番桜とも言われている枝垂桜・奈良の八重桜などの桜の木が植えられ、桜と四脚門(奈良県指定有形文化財)・鏡池(かがみいけ)・参道・鳥居などの光景が素晴らしいと言われています。
  • 葛城山麓公園桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)桜名所

    葛城山麓公園桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。葛城山麓公園には染井吉野(ソメイヨシノ)・二度咲き桜(ニドザキサクラ)・朝鮮桜(チョウセンサクラ)など約500本の桜の木が植えられ、桜と公園・葛城山との光景が美しいと言われています。葛城山麓公園には散策路が整備され、散策しながら桜を楽しむこともできます。
  • 高田千本桜・大中公園

    大中公園桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

    大中公園桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。大中公園は高田千本桜の一部になっています。高田千本桜は約2.5キロメートルに染井吉野・山桜・彼岸桜・枝垂桜・八重桜など約1,200本の桜の木が植えられ、桜と高田川との光景が美しいと言われています。夜桜ライトアップが行われたり、民謡と踊りと野点の祭典が行われたりします。(要確認)
  • 郡山城跡

    郡山城跡桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

    郡山城跡桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。郡山城跡には一帯に染井吉野(ソメイヨシノ)・八重桜(ヤエザクラ)・枝垂桜(シダレザクラ)など約800本の桜の木が植えられ、御殿桜とも言われ、日本さくら名所100選に選定されている桜と天守台・追手向櫓・追手東隅櫓などの城跡との光景が美しいと言われています。
  • 竜田公園・三室山

    三室山桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

    三室山桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。三室山は竜田川沿いとともに染井吉野(ソメイヨシノ)など約300本の桜の木が植えられ、桜と三室山・竜田川との光景が美しいと言われています。桜は三室山の半分を多い、竜田川沿いに桜並木が続きます。三室山は山頂から眺めるのもよし、竜田川沿いから眺めるのもよしと言われています。
  • 吉野山

    吉野山桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)桜名所

    吉野山桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。吉野山は白山桜(シロヤマザクラ)など約200種・約3万本の桜の木が植えられ、桜が集中して植えられ、一目千本と言われる下千本(しもせんぼん)・中千本(なかせんぼん)・上千本(かみせんぼん)・奥千本(おくせんぼん)などの光景が素晴らしいと言われています。
  • 帯解寺桜

    帯解寺桜見ごろ(4月中旬頃)桜名所

    帯解寺桜見ごろ・桜見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。帯解寺は境内に染井吉野・八重桜・山桜など約10本の桜の木が植えられ、桜と本堂・十三重の塔(石塔)などの光景が素晴らしいと言われています。なお1663年(寛文3年)に江戸幕府4代将軍・徳川家綱が寄進した手水鉢なども見どころです。

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る