唐招提寺見どころを全部解説-知れば修学旅行・観光を満喫

唐招提寺見どころ

唐招提寺見どころを全部解説

唐招提寺見どころを全部徹底的に解説しています。奈良時代に建立された金堂(国宝)・平城宮の東朝集殿から建立された講堂(国宝)・鼓楼(国宝)・経蔵(国宝)などの唐招提寺見どころ・魅力を解説しています。また唐招提寺の歴史や鑑真和上なども解説しています。(唐招提寺見どころの個別解説下記参照)

【唐招提寺 歴史・簡単概要】 奈良世界遺産
唐招提寺(とうしょうだいじ)とは奈良時代中期の759年(天平宝字3年)に唐(中国)の渡来僧(とらいそう)・鑑真和上(がんじんわじょう)が第40代・天武天皇(てんむてんのう)の第7皇子・新田部親王(にいたべしんのう)の宅跡を朝廷から下賜され、戒律(かいりつ)を学ぶ修行道場として創建したのが起源です。寺号には唐(中国)から来日した鑑真和上の為の寺という意味があります。ちなみに鑑真和上は東大寺(とうだいじ)で5年、この地で5年を過ごし、76歳で亡くなりました。当初新田部親王の旧宅を改造した経蔵(きょうぞう)や宝蔵(ほうぞう)、そして講堂(こうどう)などだけだったが、その後8世紀後半に鑑真和上の弟子・如宝(にょほう)が金堂(こんどう)を完成させました。
奈良世界遺産・唐招提寺(アクセス・・・)基本情報

スポンサーリンク

【金堂の簡単解説 唐招提寺】★★★修学旅行・観光の見どころ
最大のハイライトである金堂は国宝です。金堂は奈良時代(8世紀後半)に鑑真和上(がんじんわじょう)の弟子で、渡来僧・如宝(にょほう)が建立しました。金堂は奈良時代に当初から金堂として建立された唯一金堂とも言われています。金堂は本瓦葺(ほんがわらぶき)の寄棟造(よせぬねづくり)です。金堂は最大のハイライトです。金堂は歴史に注目です。
(金堂・キーポイント)
●金堂は桁行七間・梁間四間です。正面間口の中央は約4.7メートルだが、両端は次第に狭くなって約3.3メートルです。金堂は大きさにも注目です。
●金堂は本尊である盧舎那仏(るしゃなぶつ)坐像(国宝)・薬師如来(やくしにょらい)立像(国宝)・千手観音(せんじゅかんのん)立像(国宝)などを安置しています。また梵天(ぼんてん)立像・帝釈天(たいしゃくてん)立像・四天王(してんのう)立像も安置しています。
●金堂の屋根を飾っていた鴟尾(しび)は劣化が激しく、平成の大修理の際に新しい鴟尾に代えられました。西側の鴟尾は奈良時代8世紀後半、東側の鴟尾は鎌倉時代後期の1323年(元亨3年)に造られました。
●2000年(平成12年)から開始された平成の大修理に伴う調査により、奈良時代後期の781年(天応元年)に伐採されたヒノキが使われていたことが分かりました。

【講堂の簡単解説 唐招提寺】★★★修学旅行・観光の見どころ
ハイライトである講堂は国宝です。講堂は奈良時代中期の760年(天平宝字4年)頃に行われた平城宮(へいじょうきゅう)の改修の際、平城宮の東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)を移して改修し、鎌倉時代に屋根が切妻造(きりづまづくり)から入母屋造(いりもやづくり)に改められたと言われています。講堂は現在平城宮(へいじょうきゅう)の唯一の遺構とも言われています。講堂は本瓦葺の入母屋造です。講堂は歴史と建築様式に注目です。
(講堂・キーポイント)
●講堂は桁行九間・梁間四間です。
●講堂は本尊である弥勒如来(みろくにょらい)坐像(重要文化財)・持国天(じこくてん)立像(重要文化財)・増長天(ぞうちょうてん)立像(重要文化財)などを安置していました。
●講堂は僧侶が習学する場所で、講師・読師(どくし)が座る論義台が置かれています。
●講堂では例年6月6日に開山忌舎利会(かいざんきしゃりえ)が行われ、舎利会御諱(おんいみな)法要が行われています。

【鼓楼の簡単解説 唐招提寺】★★★修学旅行・観光の見どころ
鼓楼(ころう)は国宝です。鼓楼は2階建ての楼造(ろうづくり)です。鼓楼は鎌倉時代前期の1240年(仁治元年)に建立されました。鼓楼は西側の対称位置にある鐘楼(しょうろう)に対し、鼓楼と言われているが、古くは太鼓ではなく、鑑真和上が唐(中国)から請来(しょうらい)した仏舎利(ぶっしゃり)を安置し、舎利殿(しゃりでん)とも言われています。鼓楼は本瓦葺の入母屋造です。鼓楼は建築様式に注目です。
(鼓楼・キーポイント)
●鼓楼は桁行三間・梁間二間です。
●鼓楼は厨子(ずし)に仏舎利を収めた金亀舎利塔(きんきしゃりとう)を安置しています。金亀舎利塔は鑑真和上請来の如来舎利三千粒(にょらいしゃりさんぜんりゅう)を収める白瑠璃舎利壺(はくるりしゃりこ)とそれを包む方円彩糸花網(ほうえんさいしかもう)から構成されています。鼓楼では例年5月19日にうちわまきが行われ、うちわまきにも注目です。

【経蔵の簡単解説 唐招提寺】★★修学旅行・観光の見どころ
経蔵は国宝です。経蔵は奈良時代の759年(天平宝字3年)の創建以前にあった第40代・天武天皇の第7皇子・新田部親王(にいたべしんのう)邸の米倉を改造したものと言われています。経蔵は山内最古の建物とも言われています。経蔵は高床式倉庫(たかゆかしきそうこ)です。経蔵は校倉造(あぜくらづくり)です。経蔵は建築様式に注目です。
(経蔵・キーポイント)
●経蔵は日本最古の校倉と言われています。

【宝蔵の簡単解説 唐招提寺】★★修学旅行・観光の見どころ
宝蔵は国宝です。宝蔵は奈良時代の759年(天平宝字3年)の創建時に建立されたと言われています。宝蔵は校倉倉庫です。宝蔵は本瓦葺の寄棟造です。宝蔵は建築様式に注目です。
(宝蔵・キーポイント)
●宝蔵は経蔵と並んで建つが、経蔵よりも一回り大きい建物です。宝蔵と経蔵の大きさの違いに注目です。

【礼堂の簡単解説 唐招提寺】
礼堂(らいどう)は重要文化財です。礼堂は鎌倉時代後期の1283年(弘安6年)に僧房(そうぼう)を改築したものと言われています。礼堂は隣に建つ鼓楼に安置されている仏舎利を礼拝する為の堂です。礼堂は本瓦葺の入母屋造です。礼堂は歴史に注目です。
(礼堂・キーポイント)
●礼堂は釈迦如来(しゃかにょらい)立像(重要文化財)・日供舎利塔(にくしゃりとう・重要文化財)を安置しています。
●礼堂がある南北19間の細長い建物の内、南8間が礼堂(仏堂)・北10間が東室(ひがしむろ)、礼堂と東室の間の1間が通路である馬道(めどう)です。礼堂は長さにも注目です。

【御影堂の簡単解説 唐招提寺】★修学旅行・観光の見どころ
御影堂(興福寺(こうふくじ)旧一乗院(いちじょういん))は重要文化財です。御影堂は宸殿(しんでん)・殿上(でんじょう)・玄関から構成されています。御影堂は江戸時代前期の1649年(慶安2年)に興福寺の別当坊・一乗院(廃絶)の宸殿として建立され、1962年(昭和37年)までは奈良県庁や奈良地方裁判所の庁舎として使用されていたが、1964年(昭和39年)に移されました。御影堂は歴史の変遷に注目です。
(御影堂・キーポイント)
●御影堂は鑑真和上坐像(国宝)を安置しています。
●御影堂には画家・東山魁夷が描いた鑑真和上坐像厨子扉絵・ふすま絵・障壁画があります。

【瓊花の簡単解説 唐招提寺】
瓊花(けいか)は御影堂供華園(くげえん)に植えられています。瓊花は中国・江蘇省揚州市原産のスイカズラ科ガマズミ属の半常緑低木で、八仙花(はっせんか)とも言われています。瓊花は小さな白い花を咲かせます。瓊花は1963年(昭和38年)の鑑真和上遷化(せんげ)1,200年の記念事業の一環として、中国仏教協会から贈られました。
(瓊花・キーポイント)
●御影堂供華園は瓊花が見頃を迎える4月中旬頃から5月頃まで特別に開園しています。御影堂供華園は春に注目です。

【蓮の花の簡単解説 唐招提寺】★修学旅行・観光の見どころ
蓮の名所です。蓮の花は境内2ヶ所の池などで見ることができます。蓮の花は例年6月下旬頃から8月中旬頃に見頃を迎えます。ちなみに蓮の花の見ごろは午前中と言われています。蓮の花は夏に注目です。
(蓮の花・キーポイント)
●唐招提寺蓮は鑑真和上が唐(中国)から将来されたと言われています。
●喜光寺(きこうじ)・薬師寺(やくしじ)とともに西ノ京ロータスロードと言われています。ちなみにロータス(Lotus)は蓮です。

【新宝蔵の簡単解説 唐招提寺】★修学旅行・観光の見どころ
所有する大日如来坐像(重要文化財)や旧講堂木彫仏群などを新宝蔵で収蔵・展示しています。ただ新宝蔵が公開されるのは例年春・秋・年末年始だけです。新宝蔵は1970年(昭和45年)に建設されました。新宝蔵は鉄筋コンクリート造です。新宝蔵は収蔵品に注目です。
(新宝蔵・キーポイント)
●新宝蔵は夏場に臨時公開される場合があります。(要確認)

【仏像の簡単解説 唐招提寺】★★★修学旅行・観光の見どころ
仏像にはいずれも国宝である乾漆鑑真和上坐像(御影堂)・乾漆盧舎那仏坐像(金堂)・木心乾漆千手観音立像(金堂)・木心乾漆薬師如来立像(金堂)・木造梵天像と帝釈天立像・木造四天王立像、いずれも重要文化財である木造弥勒如来坐像(講堂)・木造厨子入釈迦如来立像(礼堂)・木造地蔵菩薩立像(地蔵堂)・木造大悲菩薩坐像(中興堂)・木造大日如来坐像などがあります。
(仏像・キーポイント)
●乾漆鑑真和上坐像は奈良時代(8世紀)に造仏され、日本最古の肖像彫刻・天平時代を代表する彫刻とも言われています。乾漆鑑真和上坐像は像高約80.1センチの脱活乾漆造(だっかつかんしつづくり)です。麻布を漆で貼り合わせて制作し、内部が空洞になっています。乾漆鑑真和上坐像は鑑真和上の弟子・忍基(にんき)が制作を指導したとも言われています。
●木心乾漆千手観音立像は奈良時代(8世紀)に造仏されました。木心乾漆千手観音立像は像高約5.36メートルで、大脇手42本・小脇手911本の合計953本の腕があります。

【うちわまきの簡単解説 唐招提寺】
例年5月19日にうちわまきが行われています。うちわまきでは先ず中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)の法要や舞楽の奉納が行われ、その後舎利殿(鼓楼)で参拝者に千本以上のうちわが撒かれます。うちわまきは奈良の風物詩になっています。
(うちわまき・キーポイント)
●うちわまきは法華寺の尼僧が宝扇(ほうせん)を供えたことに由来しています。
唐招提寺うちわまき

【唐招提寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・奈良世界遺産・唐招提寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る