カテゴリー:観光スポット

  • ナガレ山古墳

    ナガレ山古墳(アクセス・見どころ・概要・・・)

    ナガレ山古墳(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介。ナガレ山古墳は馬見古墳群の中央群に属し、馬見丘陵公園にあります。馬見丘陵公園は1984年(昭和59年)に馬見古墳群を保全・活用する為に整備が着工され、2012年(平成24年)に開園しました。
  • 馬見丘陵公園

    馬見丘陵公園(アクセス・見どころ・概要・・・)

    馬見丘陵公園(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介。馬見丘陵公園は馬見古墳群を保全・活用する為に整備されました。馬見古墳群は武内宿禰の後裔で、古墳時代に大和葛城地方に本拠を置いていた古代豪族・葛城氏の墓域とも言われています。
  • 馬見丘陵公園

    箸墓古墳(アクセス・見どころ・概要・・・)

    箸墓古墳(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介。箸墓古墳は卑弥呼の墓とも言われています。卑弥呼は中国の歴史書「魏志倭人伝伝」によると3世紀初め頃に邪馬台国の女王で、鬼道(呪術)に優れ、内乱を鎮めて30余国を統属したと言われています。
  • 西南院

    西南院(アクセス・見どころ・概要・・・)当麻寺

    西南院(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介。西南院はかつて当麻寺西塔の別当でした。西塔は奈良時代末期に建立されたと言われている東塔よりも新しく、平安時代初期に建立されたと言われています。西塔は東塔よりも高い、総高約25.2メートルです。
  • 柳生一刀石

    柳生一刀石(アクセス・見どころ・概要・・・)

    柳生一刀石(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介。柳生一刀石は人気アニメ「鬼滅の刃・吾峠呼世晴作」で主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が岩を一刀両断にする名シーンを再現できる場所として、県内外のコスプレイヤーに人気になっています。
  • 石光寺

    石光寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    石光寺には境内に牡丹(ボタン)・芍薬(シャクヤク)・紫陽花(アジサイ)・百日紅(サルスベリ)・桜など四季おりおりの花が植えられ、関西花の寺二十五霊場の20番札所になっています。牡丹は薬用として中国から伝わり、古くから石光寺に植えられていたそうです。
  • 慈眼寺

    慈眼寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

    慈眼寺では毎年2月・3月の午の日に秘仏(本尊)・聖観世音菩薩を開帳し、やくよけの法要(初午法要・二の午法要)が行われます。やくよけの法要(観音会式)が済まないと諸社寺の会式(えしき)が始まらないとも言われ、慈眼寺は古くから「鍵元の寺」と称されています。
  • 飛鳥神社

    飛鳥神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    飛鳥神社の祭神である菅原道真(すがわらのみちざね)は江戸時代に京終郷と高畠村の灌漑用水の利用をめぐる水論の際、高畠村(高畑村)が将軍家に訴えたが、京終郷が菅原道真(天神さん)を祀る北野天神に祈願したところ利運を得た為に合祀されるようになったと言われています。
  • 崇道天皇社

    崇道天皇社(アクセス・見どころ・概要・・・)

    崇道天皇社の主祭神である崇道天皇(早良親王・さわらしんのう)は第49代・光仁天皇の皇子で、第50代・桓武天皇の弟だったが、藤原種継の暗殺事件に連座し、淡路に流される途中で絶食死しました。その後悪疫が流行し、親王の祟りと恐れられ、霊を慰める為に崇道天皇(すどうてんのう)の追号を贈られました。
  • 談山神社

    多武峰(アクセス・見どころ・概要・・・)

    多武峰の中腹には678年(天武天皇7年)に藤原氏の祖・藤原鎌足(中臣鎌足)の長男で、僧・定恵(じょうえ)が父・鎌足の墓を摂津安威(阿武山古墳)から大和(奈良)に移し、十三重塔を建立したのが起源とも言われている談山神社(たんざんじんじゃ)が造営されています。

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る