当麻寺見所ランキング-修学旅行・観光必見

当麻寺見どころ

当麻寺見所ランキング

当麻寺見所ランキングを紹介。当麻寺見所ランキングは1位が高さ約5メートルの厨子に本尊・当麻曼荼羅を安置する本堂、2位がいずれも平安時代以前に建立され、大日如来を祀る三重塔である東塔・西塔、3位が日本国内最古の塑像とも言われる弥勒仏坐像を安置する金堂です。(当麻寺見所ランキング下記参照)

当麻寺見どころ一覧

【当麻寺 歴史・簡単概要】
当麻寺・當麻寺は612年(推古天皇20年)に第31代・用明天皇の第3皇子・麻呂古親王が異母兄・聖徳太子の教えにより、救世観音を本尊とする万法蔵院を河内(大阪)に創建したのが起源とも言われています。その後白鳳時代(645年~710年)に河内から当麻(當麻)に移ったとも、7世紀末頃に672年(天武天皇元年)の壬申の乱で功績があった当麻国見が氏寺として創建したとも言われています。763年(天平宝字7年)に当麻曼荼羅が作られ、平安時代に密教文化が栄えたとも言われているが、1180年(治承4年)の平重衡による南都焼き討ちにより、金堂などの伽藍の一部を焼失しました。中世以降は中将姫伝説の広まりとともに曼荼羅信仰の寺として再興されました。
奈良・当麻寺基本情報

スポンサーリンク

【当麻寺1位 本堂(曼荼羅堂)・見所解説】
ランキング1位は本堂(国宝)です。本堂は仁王門を入ってまっすぐ進み、金堂と講堂の間を通り抜けた先に建立されています。本堂は正面から拝観するのがおすすめです。正面から拝観すると山内最大の建物である本堂の大きさ(桁行7間(正面約21.02メートル)・梁間6間(奥行約18.06メートル))を感じることができます。本堂は高い基壇の上に建立されていることから実際の大きさよりも大きく感じるかもしれません。本堂は内陣・礼堂(外陣)に分かれ、内陣は天平時代の様式を残し、外陣はその内陣を取り込む形で拡張されたと言われ、その歴史を感じるのもいいかもしれません。本堂には高さ約5メートルの厨子(国宝)に本尊・当麻曼荼羅(重要文化財)が安置されています。厨子は鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が寄進した須弥壇(国宝)上に安置され、須弥壇には「源」の文字が見られます。本堂には織殿観音と言われている十一面観音立像(重要文化財)・中将姫坐像(二十九歳像)・来迎阿弥陀如来立像(奈良県の重要文化財)・役行者三尊坐像(役行者・前鬼・後鬼)なども安置しています。なお東向きに建立された本堂(西堂)では毎年4月14日に練供養会式が行われ、夕日とともに中将姫が長さ約110メートルの来迎橋を渡り、極楽浄土に迎えられた現身往生(来迎引接)が再現されています。(要確認)
(本堂(曼荼羅堂) ・ポイントまとめ)
●本堂(曼荼羅堂) は1957年(昭和32年)から1960年(昭和35年)に行われた解体修理によると奈良時代に建立され、平安時代初期頃に曼荼羅を安置する為に改造され、1161年(永暦2年)に更に改造されたと言われています。その後1268年(文永5年)に屋根の修理が行われたと言われました。
本堂(歴史概略・・・)

【当麻寺2位 東塔・西塔・見所解説】
ランキング2位は東塔(国宝)・西塔(国宝)です。東塔・西塔は双方を見比べながら拝観するのがおすすめです。見比べながら拝観すると総高約24.4メートルの東塔と総高約25.2メートルの西塔の高さの違いが分かるかもしれません。東塔・西塔はともに相輪が九輪ではなく、八輪であることも確認しましょう。じっくり眺めると東塔の水煙が珍しい魚骨状、西塔の水煙が未敷蓮華を表しているなど様式の違いが分かります。東塔には金剛界大日如来、西塔には胎蔵界大日如来が本尊として祀られています。
(東塔・西塔・ポイントまとめ)
●東塔は奈良時代末期に建立されたと言われています。西塔は平安時代初期に建立されたと言われています。西塔では1911年(明治44年)から1914年(大正3年)に修理が行われ、1219年(建保7年)の修理の際に収められた舎利容器が心柱頂部から発見されました。ちなみに西塔では2016年(平成28年)から修理が行われ、瓦が葺き替えたり、基壇が改修されたりしました。
東塔・西塔(歴史概略・・・)

【当麻寺3位 金堂・見所解説】
ランキング3位は金堂(重要文化財)です。金堂は正面から拝観するのがおすすめです。正面から拝観すると金堂の大きさ(桁行5間(正面約12.10メートル)・梁間4間(奥行約9.54メートル))を感じることができます。ちなみに当麻寺が曼荼羅信仰の寺として信仰される以前は金堂が当麻寺の中心的な堂塔でした。当麻寺の歴史の変遷を感じるのもいいかもしれません。金堂には本尊として、日本国内最古の塑像とも言われている像高約2.197メートルの弥勒仏坐像(国宝)が安置されています。弥勒仏坐像はその形式から当麻寺創建時の7世紀末頃に造仏されたとも言われています。金堂には弥勒仏坐像を守護する四天王(重要文化財)・不動明王も安置されています。四天王の内、多聞天像を除く、持国天立像・増長天立像・広目天立像は日本国内最古の乾漆像とも言われています。
(金堂・ポイントまとめ)
●金堂は1180年(治承4年)の兵火で焼失した講堂の火災に類焼し、1184年(寿永3年)に再建され、1326年(正中3年)に大規模に修理されたと言われています。
金堂(歴史概略・・・)

【当麻寺番外 講堂・見所解説】
ランキング番外は講堂(重要文化財)です。講堂は本堂(国宝)前で、参道を挟んで金堂(重要文化財)と対照の位置に建立されています。講堂は桁行7間(約17.87メートル)・梁間4間(約12.44メートル)で、近付くとその大きさを感じることができます。講堂は現在本瓦葺だが、かつて金堂とともに厚板を葺いた木瓦葺だったと言われ、歴史を感じさせます。なお講堂は丈六(像高約227.0センチ)の阿弥陀如来坐像(重要文化財)を安置しています。阿弥陀如来坐像はふくよかな円満相で、豊かな肉付きと流麗な衣文の流れが平安時代末期の気品を表しているとも言われています。
(講堂・ポイントまとめ)
●講堂は野垂木(のだるき)の墨書によると平安時代末期の1180年(治承4年)に平家乱入による兵火で焼失し、鎌倉時代後期の1303年(乾元2年)に再建されました。講堂床下からは焼土層が確認され、1180年(治承4年)に焼失したことが裏付けられました。
●講堂は本尊・阿弥陀如来坐像(重要文化財)や伝阿弥陀如来坐像(重要文化財)・妙幢菩薩立像(重要文化財)・地蔵菩薩立像(重要文化財)・2体の不動明王立像(いずれも平安時代)・千手観音立像(鎌倉時代)・毘沙門天立像(平安時代)などを安置しています。
講堂(歴史概略・・・)

【当麻寺見所ランキング 備考】
*参考・・・奈良・当麻寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る