法隆寺見どころ-修学旅行・観光ポイントまとめ

法隆寺見どころ

法隆寺見どころ(東院伽藍等)

法隆寺見どころを解説しています。修学旅行・観光に役立つ簡単まとめを提供。法隆寺で見逃せない夢殿(国宝)・救世観音像(国宝)などを解説しています。法隆寺有数の見どころである夢殿は聖徳太子一族の斑鳩宮の旧地に建立され、聖徳太子の等身像と言われる救世観音像を安置しています。(法隆寺見どころ下記参照)

法隆寺見どころ(西院伽藍)

【法隆寺 歴史・簡単概要】 奈良世界遺産
法隆寺(ほうりゅうじ)とは第31代・用明天皇(ようめいてんのう)が自らの病気平癒を祈願する為に発願したが、実現しないまま崩御し、飛鳥時代前期の607年(推古天皇15年)に第33代・推古天皇(すいこてんのう)と用明天皇の皇子・聖徳太子(しょうとくたいし)が用明天皇の遺志を継いで創建し、本尊・薬師如来(やくしにょらい)を安置したのが起源と言われています。670年(天智9年)に焼失したが、その後再建され、693年(持統7年)に仁王会(にんのうえ)が行われたとも言われています。奈良時代前期の739年(天平11年)に行信僧都(ぎょうしんそうづ)が聖徳太子を偲び、斑鳩宮(いかるがのみや)の旧地に夢殿(ゆめどの)を建立した言われています。
奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・・・)基本情報

スポンサーリンク

【法隆寺-夢殿・見どころ】 ★★★修学旅行
夢殿は見逃せない国宝です。夢殿は中門を改造した礼堂(らいどう)と廻廊(かいろう)に囲まれた八角円堂(はっかくえんどう)です。夢殿は奈良時代前期の739年(天平11年)に行信僧都が聖徳太子を偲び、聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮(いかるがのみや)の旧地に建立した言われています。ただ夢殿は鎌倉時代に屋根勾配(こうばい)を急にするなどの修理が行われたそうです。なお夢殿は本瓦葺(ほんがわらぶき)です。
(夢殿・ポイントまとめ)
●夢殿は厨子(ずし)に聖徳太子の等身像と言われている救世観音(ぐぜかんのん)像(国宝)を安置しています。なお救世観音像は長年秘仏とされ、白布に包まれていたが、明治時代初期に文人・岡倉天心(おかくらてんしん)とアメリカの東洋美術史家・フェノロサが白布を取ったとも言われています。
●夢殿は基壇(きだん)は二重で、最大径が約11.3メートルです。
●毎年1月16日から18日に夢殿修正会(しゅしょうえ・上宮王院修正会)が行われ、国家の興隆・寺門の興隆が祈願されます。
夢殿(歴史概略・特徴・・・)

【法隆寺-東大門・見どころ】 ★★修学旅行
東大門は見逃せない国宝です。東大門は西院伽藍と東院伽藍の間にある三間一戸八脚門(さんけんいっこはっきゃくもん)です。東大門は奈良時代(710年~793年)に建立されました。ただ東大門はかつて鏡池(かがみいけ)の東に南向きに建立されたが、平安時代に現在の場所に移されたとも言われています。なお東大門は本瓦葺の切妻造(きりづまづくり)です。
(東大門・ポイントまとめ)
●東大門は中ノ門とも言われています。

【法隆寺-伝法堂・見どころ】 ★★★修学旅行
伝法堂は見逃せない国宝です。伝法堂は床が板張りで、天井は天井板を張らない化粧屋根裏(けしょうやねうら)です。伝法堂は中の間・東の間・西の間に分かれています。伝法堂は奈良時代(710年~793年)に第45代・聖武天皇(しょうむてんのう)の夫人・橘古那可智(たちばなのこなかち)が住居を移して仏堂に改造したと言われています。なお伝法堂は本瓦葺の切妻造です。
(伝法堂・ポイントまとめ)
●伝法堂は桁行七間・梁間四間です。
●伝法堂は中の間・東の間・西の間にそれぞれ乾漆阿弥陀三尊(あみださんぞん)像(重要文化財)を安置しています。
伝法堂(歴史概略・特徴・・・)

【法隆寺-東院鐘楼・見どころ】 ★★修学旅行
東院鐘楼(しょうろう)は見逃せない国宝です。東院鐘楼は奈良時代に鋳造され、梵鐘(びおんしょう)内部に中宮寺(ちゅうぐうじ)と陰刻(いんこく)された梵鐘を吊っています。梵鐘は中宮寺から移されたとも言われています。東院鐘楼は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に建立されました。なお鐘楼は本瓦葺の入母屋造(いりもやづくり)です。鐘楼は袴腰(はかまごし)付きです。
(東院鐘楼・ポイントまとめ)
●東院鐘楼は桁行三間・梁間二間です。
●東院鐘楼に吊るされている梵鐘は舎利殿(しゃりでん)の舎利を奉出(ご開帳)する際や法要が行われる際に撞かれたそうです。

【法隆寺-絵殿及舎利殿・見どころ】 ★修学旅行
絵殿及舎利殿は見逃せない重要文化財です。舎利殿は聖徳太子が2才の春の2月15日に東に向って合掌し、「南無仏(なむぶつ)」と唱えるとその掌中からこぼれ落ちたとも言われている舎利一粒を安置しています。絵殿及舎利殿は鎌倉時代前期の1219年(承久元年)に建立されました。なお絵殿及舎利殿は本瓦葺の切妻造です。
(絵殿及舎利殿・ポイントまとめ)
●絵殿及舎利殿は桁行七間・梁間三間です。
●絵殿にはかつて平安時代後期の1069年(延久元年)に摂津の絵師・秦致貞(はたのむねさだ)が描いた聖徳太子絵伝の障子(しょうじ)絵(国宝)が飾られていました。現在は江戸時代に描かれた聖徳太子絵伝が飾られています。
●毎年1月1日から3日間、舎利講を舎利殿で行い、舎利をご開帳しています。
絵殿及舎利殿(歴史概略・特徴・・・)

【法隆寺-旧富貴寺羅漢堂・見どころ】 ★修学旅行
旧富貴寺羅漢堂(ふきじらかんどう)は見逃せない重要文化財です。旧富貴寺羅漢堂は法隆寺の西院伽藍から東院伽藍に向かう途中にあります。旧富貴寺羅漢堂は平安時代後期(1086年~1184年)に建立された三重塔の初層とも言われています。なお旧富貴寺羅漢堂は檜皮葺(ひわだぶき)の宝形造(ほうぎょうづくり)です。
(旧富貴寺羅漢堂・ポイントまとめ)
●旧富貴寺羅漢堂は桁行一間・梁間一間です。
●旧富貴寺羅漢堂は元々富貴寺にあったが、荒れ果てていたことから侯爵(こうしゃく)・細川護立(ほそかわもりたつ)が寄進しました。
旧富貴寺羅漢堂(歴史概略・特徴・・・)

【法隆寺-桜・見どころ】
桜の名所です。境内にはソメイヨシノ・サトザクラ・シダレザクラ・ヤマザクラがあり、例年3月下旬から4月上旬に見ごろを迎えます。
法隆寺桜見ごろ

【法隆寺-鬼追式・見どころ】
毎年節分の日に鬼追式(おにおいしき)が行われています。鬼追式では西円堂(国宝)の基壇上で赤鬼・青鬼・黒鬼がそれぞれ所作を行って松明を投げ、その後現れた毘沙門天(びしゃもんてん)が鬼を追い払って鬼の魔性を降伏させます。
(鬼追式・ポイントまとめ)
●鬼追式は平安時代前期の1261年(弘長元年)から行われていると言われています。
法隆寺鬼追式

【法隆寺-夢殿本尊開扉法要・見どころ】
毎年4月11日から5月18日・10月22日から11月23日に夢殿本尊開扉法要(ゆめでのほんぞんかいひほうよう)が行われています。夢殿本尊開扉法要では夢殿に安置されている秘仏・救世観音像(国宝)が特別公開されます。
(夢殿本尊開扉法要・ポイントまとめ)
●救世観音像は聖徳太子の等身像と言われ、飛鳥時代に造仏されたと言われています。
法隆寺夢殿本尊開扉法要

【法隆寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る