法隆寺-修学旅行・観光見所ランキング

法隆寺見どころ

法隆寺見所ランキング

法隆寺見所ランキングを紹介。法隆寺見所ランキングは1位が739年(天平11年)に行信僧都が聖徳太子を偲んで建立した夢殿、2位が7世紀後半(飛鳥時代)に再建された高さ約31.5メートルの五重塔、3位が7世紀後半(飛鳥時代)に再建され、1949年(昭和24年)に火災が発生して壁画と柱が焼損した金堂です。(法隆寺見所ランキング下記参照)

法隆寺見どころ一覧(西院伽藍)法隆寺見どころ一覧(東院伽藍等)

【法隆寺 歴史・簡単解説】
法隆寺とは第31代・用明天皇が自らの病気平癒を祈願する為に発願したが、実現しないまま崩御し、607年(推古天皇15年)に第33代・推古天皇と用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が用明天皇の遺志を継いで創建し、本尊・薬師如来を安置したのが起源と言われています。670年(天智9年)に焼失したが、その後再建され、693年(持統7年)に仁王会が行われたとも言われています。739年(天平11年)に行信僧都が聖徳太子を偲び、斑鳩宮の旧地に夢殿を建立した言われています。慶長年間(1596年~1615年)に関白・豊臣秀吉の子・秀頼、江戸時代に江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉とその生母・桂昌院が伽藍の修造を行いました。
奈良世界遺産・法隆寺基本情報

スポンサーリンク

【1位 夢殿・見所解説】
ランキング1位は夢殿(国宝)です。夢殿は最大径約11.3メートルの高い二重基壇の上に建立され、その周りを回って拝観するのがおすすめです。回って拝観すると八角円堂である夢殿の形を実感することができます。また鎌倉時代に屋根の勾配が急こう配に変更されたことや頂上の露盤宝珠も確認できます。ちなみに奈良時代の八角円堂は夢殿と奈良県五條市・栄山寺の八角堂(国宝)だけです。夢殿は聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の旧地に建立され、本尊として厨子に聖徳太子の等身像と言われている観音菩薩立像(国宝)が安置され、飛鳥時代から奈良時代の歴史を感じるのもいいかもしれません。ちなみに夢殿では春季(4月中旬頃~5月中旬頃)・秋季(10月中旬頃~11月中旬頃)に夢殿本尊特別開帳が行われています。(要確認)なお夢殿には行信僧都坐像(国宝)・道詮律師坐像(国宝)・聖観音立像(重要文化財)も安置されています。
(夢殿・ポイントまとめ)
●夢殿は739年(天平11年)に行信僧都が聖徳太子を偲び、聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の旧地に建立した言われています。8世紀末(奈良時代後期~平安時代初期)頃には「夢殿」と言われていたそうです。その後度々修理が行われ、1230年(寛喜2年)に屋根勾配を急にするなどの修理が行われました。ただ天平時代(建立当初)の姿に復元することもできるほど古材が残されているそうです。なお法隆寺では1934年(昭和9年)から夢殿などを含む伽藍で昭和の大修理も行われました。

【2位 五重塔・見所解説】
ランキング2位は五重塔(国宝)です。五重塔は近付いて拝観するのがおすすめです。近付いて拝観すると高さ約31.5メートルの五重塔の高さを感じることができます。また五重(最上部)の屋根の一辺が初重の屋根の約半分になっていることも確認しましょう。ただ初重の屋根には裳階が付いています。ちなみに五重塔は初重の屋根から五重の屋根までの大きさの逓減率が大きくなっています。五重塔には初層内陣の東面(文殊菩薩と維摩居士)・西面(分舎利)・南面(弥勒浄土)・北面(釈迦の涅槃)に仏教の開祖・お釈迦様に関する4つの説話に由来する塔本四面具(国宝)と言われる塑造(そぞう)の群像が安置されています。五重塔(仏塔)は古代インドでお釈迦様の遺骨・仏舎利を祀るストゥーパを起源としていることも感じられるかもしれません。
(五重塔・ポイントまとめ)
●五重塔は607年(推古天皇15年)の創建時に建立されたが、670年(天智9年)に焼失し、その後7世紀後半(飛鳥時代)に再建されたと言われています。五重塔は日本最古、世界最古の五重塔と言われています。なお1926年(大正15年)に心礎内からガラス製の舎利壺とそれを納める金・銀・響銅製の容器からなる舎利容器が発見され、調査後に元に戻されました。

【3位 金堂・見所解説】
ランキング3位は金堂(国宝)です。金堂は一般的に本堂とも言われ、寺院の中で主要な伽藍です。金堂は桁行五間・梁間四間の周りを回りながら拝観するのがおすすめです。回って拝観するとその大きさを実感することができます。ちなみに金堂は三つ屋根があるように見えるが、一番下は裳階です。金堂は二階の屋根の軒を支える四方の柱も眺めましょう。四方の柱には龍(昇り龍・降り龍)の彫刻が刻まれています。四方の柱は江戸時代中期の元禄年間(1688年~1704年)に取り付けられたとも言われています。金堂には釈迦三尊像(国宝)・薬師如来坐像(国宝)・阿弥陀三尊像(重要文化財)・四天王立像(国宝)・毘沙門天立像と吉祥天立像(国宝)が安置されています。釈迦三尊像は渡来系の仏師・鞍作止利(くらつくりのとり)が像仏し、杏仁形の眼・太い耳朶など大陸風の像容になっています。
(金堂・ポイントまとめ)
●金堂は607年(推古天皇15年)の創建時に建立されたが、670年(天智9年)に焼失し、その後7世紀後半(飛鳥時代)に再建されたと言われています。1949年(昭和24年)に解体修理中の壁画模写作業中に火災が発生し、壁画と柱が焼損しました。ちなみに焼損した壁画は公開されていないが、世界遺産登録を記念し、1994年(平成6年)に特別公開されました。なお2004年(平成16年)に奈良文化財研究所は年輪年代測定によると金堂などに使われている部材が650年代末から690年代末に伐採されたと発表しました。

【番外 大講堂・見所解説】
ランキング番外は大講堂(国宝)です。大講堂は西院伽藍で、金堂(国宝)・五重塔(国宝)の北側に建立されています。大講堂は桁行九間・梁間四間で、法隆寺最大の建物とも言われ、近付くとその大きさを感じることができます。大講堂は現在桁行が九間だが、創建時・再建時は八間で、江戸時代中期の元禄年間(1688年~1704年)の修理の際に西側に増築されて九間に改修され、昭和の大修理でもそのまま九間になっており、その歴史も感じることができます。ちなみに2009年(平成21年)~2011年(平成23年)に行われた屋根の葺き替え工事の際、大講堂は東西約49メートル・南北約32メートル・高さ約20メートルの覆屋に覆われ、3月に2年間の工事が完了しました。
(大講堂・ポイントまとめ)
●大講堂は平安時代前期の925年(延長3年)に鐘楼とともに落雷で焼失し、その後平安時代中期の990年(正暦元年)に再建されたと言われています。大講堂はかつて食堂が建立されていた場所で、奈良時代中期の747年(天平19年)以降に講堂に改められたとも言われています。
●大講堂は本尊・薬師三尊(やくしさんぞん)像(国宝)・四天王(してんのう)像(重要文化財)を安置しています。
法隆寺大講堂見所(歴史概略・・・)

【法隆寺見所ランキング 備考】
*参考・・・奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ奈良世界遺産・法隆寺(アクセス・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 吉野山

    奈良桜見ごろ2021(例年3月下旬~4月中旬)早め

ページ上部へ戻る