法華寺見どころの完全解説-修学旅行・観光ガイド

法華寺(Hokke-ji Temple)

法華寺見どころの完全解説

法華寺見どころを簡単にまとめてポイント解説します。法華寺はかつて総国分尼寺で、見どころには豊臣秀吉と母・淀殿の寄進によって再建された本堂(重文)・鐘楼(重文)・浴室(重要有形民俗文化財)があります。また修学旅行生や観光客に人気がある横笛堂・名勝庭園(名勝)・南門(重文)・光月亭(県指定文化財)などの見どころもあります。

【本堂(重要文化財)・十一面観音の解説】

★見どころ概要:本堂は古くは講堂と言われていました。本尊は特別公開以外に厨子(ずし)が閉じられ、人間国宝・松久朋琳(まつひさほうりん)作の分身像が厨子の前に安置されています。本堂は厨子に本尊・十一面観音(じゅういちめん)像(国宝)を安置しています。1983年(昭和58年)に正面に八角灯籠(はっかくどうろう)1基が建立されました。
★歴史ポイント:本堂は1601年(慶長6年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の側室で、豊臣秀頼(とよとみひでより)の生母・淀殿(よどどの)の寄進により、片桐且元(かたぎりかつもと)を奉行として再建されました。高欄(こうらん)の擬宝珠(ぎぼし)に「1601年(慶長6年)」の銘が残されています。なお本堂には天平時代(奈良時代)・鎌倉時代などの古材が一部転用されています。
★様式ポイント:本堂は屋根が寄棟造(よせむねづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。本堂は正面・奥行が桁行七間・梁間四間です。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【鐘楼(重要文化財)・鐘楼堂の解説】

★見どころ概要:鐘楼(鐘楼堂)は上層に縁や高欄を設けない珍しい形式になっています。
★歴史ポイント:鐘楼は1602年(慶長7年)に関白・豊臣秀吉の側室・淀殿とその子・豊臣秀頼が再建したと言われています。鬼瓦に「1602年(慶長7年)」の銘が刻まれています。なお鐘楼には古材が一部転用されています。
★様式ポイント:鐘楼は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の本瓦葺です。鐘楼は袴腰(はかまごし)付きです。鐘楼は正面・奥行が桁行三間・梁間二間です。

【南門(重要文化財)・正門の解説】

★見どころ概要:南門は境内の南側に建立されている正門です。
★歴史ポイント:南門は慶長年間(1596年~1615年)頃に関白・豊臣秀吉の側室・淀殿とその子・豊臣秀頼が建立したと言われています。
★様式ポイント:南門は四脚門(しきゃくもん)です。南門は屋根が切妻造(きりつまづくり)の本瓦葺です。

【浴室(重要有形民俗文化財)・光明皇后の解説】

★見どころ概要:浴室は光明皇后の伝承から古くは尼僧ではなく、庶民が使用していたそうです。浴室には第45代・聖武天皇の妻・光明皇后が「我自ら千人の垢を去らん」と発願し、千人の垢を自ら流したという伝説が残されています。千人目は全身がかさぶたで被われた癩(らい)者で、光明皇后が膿を吸うと体はみるみる美しくなり、大光明を放って昇天しました。病人は阿しゅく如来(あしゅくにょらい)の化身だったと言われています。
★歴史ポイント:浴室は1766年(明和3年)に再建されました。浴室は昭和初期に室戸台風で竃(かまど)が損傷し、2003年(平成15年)に半解体修理が行われました。
★様式ポイント:浴室は屋根が切妻造の桟瓦葺(さんがわらぶき)です。浴室は総高約4メートル・横幅約6メートル・奥行約4メートルです。浴室は正面・奥行が三間・梁間二間です。

【光月亭(奈良県指定文化財)・旧東谷家住宅の解説】

★見どころ概要:光月亭は旧東谷家住宅です。旧東谷家住宅は取り壊される予定だったが、住職・久我高照(こがこうしょう)門跡が法華寺に移築しました。
★歴史ポイント:光月亭は江戸時代中期に月ヶ瀬(旧月ヶ瀬村)の庄屋・東谷家住宅として建てられました。1971年(昭和46年)に法華寺に移築され、1973年(昭和48年)に茶室・慶久庵(けいきゅう)が建てられました。
★様式ポイント:光月亭は屋根が入母屋造の茅葺(かやぶき)です。

【横笛堂・横笛像の解説】

★見どころ概要:横笛堂は山内で最古の建物と言われています。横笛堂にはかつて横笛が手紙の反故(ほご)で自らの姿を表した張り子の横笛像が安置されていました。横笛堂はかつて赤門(東門)を出たすぐ近くにある飛地に建立されていたが、その後赤門東側に移築されました。
★歴史ポイント:横笛堂は室町時代以前に建立されました。
★様式ポイント:横笛堂は屋根が切妻造の本瓦葺です。横笛堂は正面・奥行が桁行三間・梁間三間です。
★雑学:横笛堂には平清盛(たいらのきよみり)の娘で、第80代・高倉天皇(たかくらてんのう)の皇后、そして第81代・安徳天皇(あんとくてんのう)の生母である建礼門院(けんれいもんいん)の雑仕女・横笛と平清盛の嫡男・平重盛(たいらのしげもり)の家来・斎藤時頼(さいとうときより)との悲恋物語が残されています。

【名勝庭園(名勝)・池泉回遊式庭園の解説】

★見どころ概要:名勝庭園は春・秋に一般公開されます。春には美しいカキツバタを眺めることができます。名勝庭園は面積約500坪の池泉回遊式庭園です。名勝庭園は前庭・内庭・主庭から構成されています。名勝庭園では5月にカキツバタ(燕子花・杜若)が見ごろを迎えます。なお名勝庭園では春季・秋季に期間限定で一般公開されています。
★歴史ポイント:名勝庭園は江戸時代初期または元禄年間(1688年~1704年)に京都・仙洞御所(せんとうごしょ)から移築された客殿の為に作庭されたと言われています。

【法華寺の見どころ一覧・解説 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・法華寺(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山(Mt. Wakakusa-yama)
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る