大文字送り火2021/8/15(日程・時間・・・)

奈良大文字送り火

大文字送り火

大文字送り火2021・奈良(日程・時間・・・)を紹介しています。大文字送り火は毎年8月15日に行われています。大文字送り火では高円山(たかまどやま)に設置された108基の火床に点火され、30分ほど見ることができます。なお大文字送り火では奈良公園内の飛火野(とびひの)で、奈良県出身の英霊を供養する為、神式と仏式の慰霊祭が行われます。(詳細下記参照)

【大文字送り火2021 日程時間(要確認)】
大文字送り火2021(●新型コロナによる実施の有無・内容要確認)は2021年(令和3年)8月15日(日曜日)20:00から行われます。なお18:50から慰霊祭が奈良公園内の飛火野で行われます。ちなみに20:00から演奏会も行われるそうです。

【大文字送り火2021・奈良公園 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市
最寄り駅・バス停・・・近鉄奈良駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線

*JR奈良線・奈良駅(徒歩約15分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク

【大文字送り火 歴史・簡単概要】
大文字送り火(だいもんじおくりび)は1960年(昭和35年)に奈良市長・鍵田忠三郎の発願によって始まりました。大文字送り火は盂蘭盆(うらぼん)の最終日である8月15日の夜、戦没者の慰霊と世界平和を祈願します。
大文字送り火では先ず奈良公園内の飛火野(とびひの)で、奈良県出身の英霊を供養する為、神式と仏式の慰霊祭が行われます。神式の慰霊祭は春日大社の神職、仏式の慰霊祭は奈良市内の寺院の僧侶が行うそうです。慰霊祭終了後、飛火野の篝火(かがり火)に点火され、それを合図に高円山(たかまどやま)の大文字送り火に点火され、30分ほど見ることができます。
高円山には「大」の字に人間の煩悩の数と言われる108基の火床が配置されています。「大」の字は宇宙を意味し、煩悩の焼却と諸霊に供養する清浄心を表すそうです。なお「大」の字は一画が長さ約109mメートル・二画が長さ約164mメートル・三画が長さ約128メートルで、日本最大級と言われているそうです。ちなみに京都・五山送り火の「大文字」は一画が長さ約80メートル・二画が長さ約160メートル・三画が長さ約120メートル、「左大文字」は一画が長さ約48メートル・二画が長さ約68メートル・三画が長さ約59メートルです。
高円山は春日山(かすがやま)の南にある標高約432メートルの山です。高円山は春日山とともに万葉散策コースになっています。

【奈良公園 歴史・簡単概要】
奈良公園(ならこうえん)は奈良県奈良市にある都市公園です。奈良公園は明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)によって荒廃していた興福寺(こうふくじ)の境内と猿沢池(さるさわいけ)付近を整備し、1880年(明治13年)2月14日に開園しました。その後東大寺(とうだいじ)・春日大社(かすがたいしゃ)の境内や芳山(ほやま)・春日山(かすがやま)・若草山(わかくさやま)などの山林も編入されました。ちなみに奈良公園は総面積約502ヘクタールです。東大寺・興福寺・春日大社なども含めると南北約2キロメートル・東西約4キロメートルで、総面積約660ヘクタールにもなります。奈良公園周辺には国の天然記念物に指定されている鹿が1,000頭以上生息しています。鹿は春日大社の神使で神聖視され、手厚く保護されているそうです。なお奈良公園には登大路園地(のぼりおおじえんち)・浅茅ヶ原園地(あさじがはらえんち)・荒池園地(あらいけえんち)・浮雲園地(うきぐもえんち)・春日野園地(かすがのえんち)・茶山園地(ちゃやま えんち)・東塔跡園地(とうとうあとえんち)・猿沢池園地(さるさわいけえんち)・みとりい池園地などがあります。
奈良公園は国の名勝です。
*参考・・・奈良公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ奈良公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【大文字送り火2021 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
奈良公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る