菅原天満宮おんだ祭2020/2/25(日程・時間・・・)

菅原天満宮おんだ祭

菅原天満宮おんだ祭

菅原天満宮おんだ祭(日程・時間・・・)を紹介しています。おんだ祭は毎年2月25日に行われています。おんだ祭では新春にこの秋の五穀豊穣を祈願します。おんだ祭はユーモラスな狂言形式の農耕儀礼です。おんだ祭では翁面の田主が鍬で耕したり、牛面の子どもが鋤を引いたり、田主が「福の種 蒔こうよ」と種を蒔いたりする田植えの所作をユーモラスに行います。(詳細下記参照)

【菅原天満宮おんだ祭2020 日程時間(要確認)】
菅原天満宮おんだ祭2020は2020年(令和2年)2月25日(火曜日)14:00から行われます。

【菅原天満宮おんだ祭 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市菅原町518
最寄り駅・バス停・・・近鉄大和西大寺駅(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線

スポンサーリンク


【菅原天満宮おんだ祭 歴史・簡単概要】
菅原天満宮おんだ祭(おんだまつり)では新春にこの秋の五穀豊穣を祈願します。おんだ祭はユーモラスな狂言形式の農耕儀礼です。
おんだ祭では先ず本殿で神事が行われます。その後おんだ祭は神輿蔵の前に青竹を立てて、しめ縄を張った斎場を神田に見立てて行われます。おんだ祭では翁面の田主が鍬で耕したり、牛面の子どもが鋤を引いたり、田主が「福の種 蒔こうよ」と言って種を蒔いたりする田植えの所作をユーモラスに行います。
おんだ祭は御田植祭(お田植祭)とも言われます。御田植祭は神社などで農作業を模擬的に演じ、豊作を祈願する神事です。御田植祭は重労働の田植えを田植歌を歌いながら楽しく行う風習と豊穣を祈願する儀礼とが結びついたとも言われています。ちなみに新春に予祝芸能(よしゅくげいのう)として行われる場合、田遊びとも言われています。なお御田植祭は寺社以外にも皇室などでも行われています。

【菅原天満宮 歴史・簡単概要】
菅原天満宮(すがわらてんまんぐう)は起源が明確ではありません。菅原天満宮は土師氏(はじし)が土師氏の祖神・天穂日命(あめのほひのみこと)を祀ったの起源と言われています。土師氏は土師器(はじき)などを製作したことから土師の姓を賜り、781年(天応元年)に菅原道真の曽祖父・土師古人(はじのふるひと)らが土地の名・菅原邑(すがわらむら)から菅原の姓への改姓を勅許されたと言われています。その後「延喜式神名帳(927年(延長5年))」によると小社に列せられました。菅原天満宮は菅家一系三神を祀る延喜式内社の日本最古の天満宮とも言われているそうです。2002年(平成14年)に名称を菅原神社から菅原天満宮に改めました。なお菅原天満宮は天穂日命・野見宿禰(のみのすくね)・菅原道真(すがわらのみちざね)を祀っています。天穂日命は菅家(土師氏)の始祖で、野見宿禰は天穂日命の子孫とされています。
*参考・・・菅原天満宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ菅原天満宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【菅原天満宮おんだ祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
菅原天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る