中華そばおしたにラーメン(アクセス・マップ・・・)

中華そばおしたに

中華そばおしたに(アクセス・マップ・メニュー・・・)情報を紹介しています。中華そばおしたには近鉄橿原線の尼ヶ辻駅南東に位置しています。尼ヶ辻駅から徒歩10分で行くことができ、公共交通機関利用者に交通の便がよいラーメン店です。また中華そばおしたは奈良市から斑鳩町に至る奈良県道9号奈良大和郡山斑鳩線沿いにもあります。

【中華そばおしたに アクセス・マップ】
場所・・・奈良県奈良市四条大路5-4-30
最寄り駅・バス停・・・尼ヶ辻駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄橿原線
路線・時刻表・運賃チェック

【中華そばおしたに 営業時間・定休日(要確認)】
11:00~14:00・18:30~21:30(火曜日~土曜日)
11:00~15:00(日曜日)
月曜日・日曜日の夜の部は定休日です。

【中華そばおしたに メニュー・価格(要確認)】
特製醤油そば(チャーシュー4枚・味玉・ネギ・メンマ)1,000円、醤油そば(チャーシュー2枚・ネギ・メンマ)800円、特製塩そば(チャーシュー4枚・味玉・玉ねぎ・カイワレ・メンマ)1,000円、塩そば(チャーシュー2枚・玉ねぎ・カイワレ・メンマ)800円、特製まぜそば(角切りチャーシュー・チャーシュー2枚・味玉・玉ねぎ・ネギ)1,000円、まぜそば(角切りチャーシュー・玉ねぎ・ネギ)800円
チャーシュー3枚200円、味玉100円、黒ばらのり100円、ネギ100円、玉ねぎ100円、メンマ100円、麺大盛り150円、麺替え玉(まぜそば不可)150円
白ご飯(小)100円、白ご飯200円、からあげ(2個)+ご飯300円、チャーシュー丼400円、チャーシュー丼+からあげ(2個)500円、
からあげ(3個)270円、からあげ(6個)540円、からあげ(9個)800円、チャーシュー盛り400円、あてメンマ200円
ビンビール中500円、ビンビール小400円、ジュース(オレンジ・コーラ)150円

スポンサーリンク

【中華そばおしたに 歴史・簡単概要】
中華そばおしたに(ちゅうかそばおしたに)は2017年(平成29年)1月21日に営業を開始しました。店主・押谷さんは奈良市出身で、学校卒業後に職を転々とし、飲食店で修行して独立することを考えるようになり、ラーメン店の開業を決めたそうです。麺や拓で働き始め、3年ほど働いて店長になったが、その後ミシュランに掲載されたふく流らーめん轍に移りました。ふく流らーめん轍では本町店の店長や2015年(平成27年)10月に営業を開始した寺田町の総本家の店長も務め、2017年(平成29年)に地元奈良市に独立開業しました。ふく流らーめん轍では独立開業に備え、試作したラーメンを限定メニューとして提供していたそうです。中華そばおしたにでは安全で体に優しいラーメンをコンセプトに化学調味料に頼らず、国産丸鶏から透き通った出汁を取っっています。醤油ダレは地元奈良のイゲタ醤油(井上本店)に貝・昆布などで旨味を加え、ポルチーニオイルで香り付けをしています。麺は三河屋製麺(東京都東久留米市)からしなやかで、コシのある細麺を取り寄せています。
*参考・・・中華そばおしたに(アクセス・マップ・メニュー・・・)

【中華そばおしたに 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0742-31-7068

【中華そばおしたに おすすめ散策ルート】
中華そばおしたにからは南西にあり、いずれも世界遺産である唐招提寺・薬師寺を散策するのがおすすめです。また秋篠川沿いに整備されている奈良西の京斑鳩自転車道を散策するのもおすすめです。

【中華そばおしたに 備考(駐車場・座席・・・)】
*駐車場あり7台
*全席禁煙
*18席(カウンター10席、テーブル(4人掛け×2卓))
*カード不可・電子マネー不可

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る