東大寺節分豆まき2024/2/3(日程時間・・・)

東大寺節分豆まき

東大寺節分豆まき

東大寺節分豆まき(日程・・・)を紹介しています。節分豆まきは例年節分(立春の前日)に行われています。節分豆まきでは午前中に飯道神社で古いお札・お守りなどを焚き上げる還宮が行われます。午後から法要が行われ、その後二月堂の舞台で豆まきが行われ、次に二月堂下の法華堂前広場の特設の舞台から福鈴と福寿の豆まきが行われます。(詳細下記参照)

【東大寺節分豆まき2024 日程時間(要確認)】

東大寺節分豆まき2024は2024年(令和6年)2月3日(土曜日)に行われます。10:00から古札揆遣、14:00から法要・豆まき、18:00から星供養です。法華堂前広場の特設舞台からの豆まきは参加人数に制限があります。特設舞台での豆まきに加え、手渡しでの福豆・福鈴の配布を行う予定です。
*参考・・・東大寺ホームページ
●奈良の寺院・神社では節分・豆まきなどの行事が行われています。
奈良節分・豆まき2024

【東大寺節分豆まき アクセス・マップ】

場所・・・奈良県奈良市雑司町406-1
最寄り駅・バス停・・・東大寺大仏殿・春日大社前(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バス

*近鉄奈良駅(徒歩約20分)
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【東大寺節分豆まき 歴史・簡単概要】

東大寺節分豆まき(せつぶんまめまき)は例年節分(立春の前日)に行われています。節分豆まきでは厄除け・招福を祈願します。
節分豆まきでは先ず午前中に二月堂東南にある飯道神社(はんどうじんじゃ・いいみちじんじゃ)で古いお札・お守りなどを焚き上げる還宮(げんぐう・古札揆遣)が行われます。午後から法要が行われ、その後二月堂の舞台で豆まきが行われ、次に二月堂下の法華堂前広場の特設の舞台から福鈴と福寿の豆まきが行われます。なお夕方から星曼荼羅を掲げ、星に除災与楽を祈願する星供養(ほしくよう)も行われます。

  • 節分は元々季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
  • 星供養(ほしくよう)では立春・元旦などに星を供養し、一年間の幸福を祈り、災いを除きます。ちなみに星供養は中国の道教で行われていた冬至の祭儀が起源と言われています。なお星供養は北斗法(ほくとほう)・星供(ほしく)・星まつり(ほしまつり)などとも言われています。
  • 飯道神社は752年(天平勝宝4年)に修二会(お水取り)を始めた東大寺権別当・実忠ゆかりの地である近江国(滋賀県甲賀市)に祀られている飯道神社から勧請されたとも言われています。また第45代・聖武天皇が近江国の紫香楽宮に一時的に遷都したり、東大寺が近江国の甲賀・信楽から木材を調達したりしたゆかりから近江国に祀られている飯道神社から勧請されたとも言われています。

●東大寺の歴史(創建から現在)を紹介しています。
東大寺歴史
●東大寺の見どころ(大仏・大仏殿など)を紹介しています。
東大寺見どころ

【東大寺 歴史・簡単概要】

東大寺(とうだいじ)・金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)は728年(神亀5年)に第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為に東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の智行僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾山寺(きんしょうせんじ・金鍾寺(きんしょうじ)が起源と言われています。基皇子は727年(神亀4年)10月5日に誕生したが、728年(神亀5年)9月13日に亡くなり、同年11月に金鍾山寺が建立されました。その後741年(天平13年)に国分寺(金光明寺)・国分尼寺(法華寺)建立の詔が発せられると翌742年(天平14年)に大和国分寺になり、名称を大和金光明寺(きんこうみょうじ)に改められました。その後743年(天平15年)に聖武天皇が大仏造立の詔を発し、当初滋賀甲賀市信楽町の紫香楽宮(しがらきのみや)で大仏の造立が開始されたが、745年(天平17年)に都が平城京に戻ると東大寺で大仏の造立が開始され、752年(天平勝宝4年)にインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)を導師として、大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われ、758年(天平宝字2年)に大仏殿が完成しました。752年(天平勝宝4年)からお水取り(修二会・お松明)も始まりました。789年(延暦8年)の造東大寺司の廃止までに講堂・東西両塔・三面僧房などの諸堂が建立されました。なお東大寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
東大寺は華厳宗の大本山です。
*参考・・・奈良世界遺産・東大寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

【東大寺節分豆まき 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
東大寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東大寺お水取り2024

関連記事

スポンサーリンク(Sponsor Link)

ピックアップ記事

  1. なら瑠璃絵(Nara Rurie)

    奈良2月のイベント・行事(節分豆まき・なら瑠璃絵・・・)

  2. お水取り(Omizutori)

    奈良3月のイベント・行事(お水取り・春日祭・・・)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

ページ上部へ戻る