奈良節分祭・豆まき2021/2/~(日程・・・)

大安寺節分会

奈良節分祭・豆まき

奈良節分祭・豆まき情報を紹介しています。節分祭・豆まきは毎年節分(立春の前日)を中心に行われます。節分祭は神社で言われることが多く、寺院で節分会(せつぶんえ)などと言われています。またかつて宮中で行われていた鬼払いの儀式から追儺式(ついなしき)・追儺などとも言われます。

●●●緊急事態宣言発出以降、節分行事の更なる中止・変更などが行われているようです。必ずご自身で最終確認をお願いします。
●2021年(令和3年)は立春が2月3日、節分が2月2日になります。ただ例年通りに2月3日に節分行事を行う寺社もあります。
●新型コロナの影響により、節分行事の一部などを中止・変更する寺社があります。また今後の新型コロナの状況により、中止・変更になることもあるいかもしれません。必ず確認して下さい。

【奈良節分祭・豆まき2021 日程時間(要確認)】
節分祭・豆まきは2021年(令和3年)2月2日(火曜日)中心に行われます。ただ例年通りに2月3日(水曜日)に行う神社・寺院もあります。なお行事は神社・寺院で異なります。

【節分 基礎知識】
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。

スポンサーリンク

【東大寺節分豆まき】
東大寺節分豆まきでは午前中に古いお札・お守りなどを焚き上げる還宮が行われます。午後から二月堂の舞台で豆まきが行われ、次に二月堂下の法華堂前広場の特設の舞台から福鈴と福寿の豆まきが行われます。なお夕方から星供養も行われます。(要確認)
東大寺節分豆まき

【興福寺追儺会】
興福寺追儺会では東金堂に安置されている本尊・薬師三尊像(重要文化財)の前で、無病息災・延命長寿の為の薬師悔過の法要が行われます。法要終了後、6匹の鬼(赤鬼・青鬼・黒鬼・3匹の子鬼)を毘沙門天が退治する鬼追式が行われます。鬼追式終了後、福豆まきが行なわれます。(要確認)
興福寺追儺会

【春日大社節分万燈籠】
節分万燈籠では夜に境内にある約3,000基の燈籠(約2,000基の石燈籠・約1,000基の釣燈籠)に火が灯されます。ちなみに献燈(有料)することもできます。節分万燈籠では火が灯される前に舞楽が奉納されます。(要確認)
春日大社節分万燈籠

【元興寺節分柴燈護摩会】
元興寺節分柴燈護摩会では本堂内陣に波切不動明王立像などを移し、年越しの除厄・家内安全・心願成就を祈願します。その後導師・山伏による厄除け・招福を祈願する柴燈大護摩供と火渡りが行われます。願いが書かれた護摩木を焚き上げて祈願成就を願います。最後に舞台で年男・年女による福豆まきが行われます。(要確認)
元興寺節分柴燈護摩会

【大安寺節分会】
大安寺節分会では護摩堂で開運護摩祈祷(星供護摩)が行われます。その後僧侶が本堂の廊下を暴れ回る鬼を法力と豆によって退治します。なお節分会では福豆まき・福引きなどが行われます。(要確認)
大安寺節分会

【金峯山寺節分会・鬼火の祭典】
金峯山寺節分会・鬼火の祭典では修験者(山伏)が1年分の般若心経を唱える日数心経を行い、1年間の除災招福を祈願します。次に人の運命を司る星を供養する星供秘法・鬼に「福は内 鬼も内」と豆を撒く鬼の調伏式・蔵王堂前で採灯大護摩供が行われます。その後福豆まきも行われます。(要確認)
金峯山寺節分会・鬼火の祭典

【法隆寺鬼追式】
法隆寺鬼追式では西円堂の基壇上で赤鬼・青鬼・黒鬼がそれぞれ所作を行って松明を投げ、その後毘沙門天が現れて鬼を追い払って鬼の魔性を降伏させます。赤鬼は貪欲、青鬼は怒り、黒鬼は愚痴を表し、貪欲・怒り・愚痴は人間の善根を毒する三毒とされています。
法隆寺鬼追式

【奈良節分祭・豆まき 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る