白毫寺(アクセス・見どころ・概要・・・)

白毫寺

白毫寺

白毫寺(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。白毫寺は春の五色椿(奈良県指定天然記念物)と秋の萩から花の寺と言われています。五色椿は東大寺(とうだいじ)・開山堂の糊こぼし・伝香寺(でんこうじ)の散り椿とともに奈良三名椿に数えられています。五色椿は興福寺(こうふくじ)の塔頭・喜多院から移されたそうです。

【白毫寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市白毫寺町392
最寄り駅・バス停・・・高畑町(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バス
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【白毫寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00

【白毫寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生500円、高校生・中学生300円、小学生200円

団体
大人・大学生450円、高校生・中学生250円、小学生150円

スポンサーリンク


【白毫寺 歴史・簡単概要】
白毫寺(びゃくごうじ)は715年(霊亀元年)第38代・天智天皇の第7皇子・志貴皇子(施基親王)の山荘跡を寺に改めたのが起源とも言われています。また白毫寺は真言宗の宗祖である弘法大師・空海の師とも言われている勤操大徳が創建した石淵寺(いわぶちでら)の一院だったとも言われています。鎌倉時代に真言律宗の祖・叡尊(えいそん)が再興し、叡尊の弟子・道照が中国から宋版一切経(いっさいきょう)の摺本を請来して、経蔵に収めたことから一切経寺とも言われたそうです。その後室町時代の兵火によって焼失し、寛永年間(1624年~1643年)頃に興福寺(こうふくじ)の僧・空慶が復興し、五色椿が興福寺の塔頭・喜多院からが移されてきたとも言われています。なお白毫寺は本尊・阿弥陀如来(重要文化財)を安置しています。
白毫寺は真言律宗の寺院です。
*参考・・・白毫寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【白毫寺 見どころ・文化財】
白毫寺の見どころは3月下旬ごろから見ごろを迎える五色椿です。五色椿は一本の木から赤・白・ピンク・紅白の絞りなど大輪の花咲かせます。ちなみに五色椿は樹齢400年を超えるとも言われています。なお白毫寺には五色椿以外にもあけぼの・八重白椿などの椿もあります。

重要文化財・・・木造阿弥陀如来坐像、木造菩薩坐像(伝文殊菩薩)、木造地蔵菩薩立像、木造興正菩薩坐像、木造閻魔王坐像、木造太山王坐像、木造司命半跏像・司録半跏像

【白毫寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0742-26-3392

【白毫寺 おすすめ散策ルート】
白毫寺からは新薬師寺(しんやくしじ)を経由し、春日大社(かすがたいしゃ)・興福寺(こうふくじ)・奈良公園まで散策するのがおすすめです。

【白毫寺 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場なし。
*参考・・・白毫寺アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養
    奈良で2019年8月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. なつの鹿寄せ

    奈良公園なつの鹿寄せ2019/7/14~9/22(日程・時間・・・)

    奈良公園なつの鹿寄せ(日程・時間等)を紹介。なつの鹿寄せは毎年7月中旬頃から9月中旬頃まで行われてい…
  2. 釆女祭

    春日大社釆女祭2019/9/13(日程・時間・・・)

    春日大社釆女祭(日程・時間等)を紹介。釆女祭は毎年中秋の名月の日に行われています。花扇奉納行列では秋…
  3. 十七夜盆踊り

    東大寺十七夜盆踊り2019/9/17(日程・時間・・・)

    東大寺十七夜盆踊り(日程・時間等)を紹介。十七夜盆踊りは毎年9月17日に行われています。十七夜盆踊り…
  4. 転害会

    手向山八幡宮転害会2019/10/5(日程・時間・・・)

    手向山八幡宮転害会(日程・時間等)を紹介。転害会は毎年10月5日に行われています。転害会では明治維新…
  5. 塔影能

    興福寺塔影能2019/10/5(日程・時間・・・)

    興福寺塔影能(日程・時間等)を紹介。塔影能は毎年10月の第1土曜日に行われています。塔影能では東金堂…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る