郡山城跡

郡山城跡(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。郡山城がある奈良は良質な石材が少ないとされ、郡山城の築城や改修の際には周辺の寺院の石仏・仏塔・墓石などが徴用され、石垣からは逆さ地蔵と言われる石地蔵が見つかっています。ちなみに石垣からは平城京の羅城門の礎石に使われていたとも言われる石も見つかっているそうです。

【郡山城跡 アクセス・地図】
場所・・・奈良県大和郡山市城内町
最寄り駅・バス停・・・近鉄郡山駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄橿原線
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【郡山城跡 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【郡山城跡 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【郡山城跡 歴史・簡単概要】
郡山城跡(こおりやまじょうあと)は奈良時代に薬園があった場所と言われています。郡山城は1162年(応保2年)に郡山衆が雁陣の城を築いたのが起源とも言われています。その後1580年(天正8年)に筒井順慶(つついじゅんけい)が織田信長の援助によって大和国守護になり、1581年(天正9年)に明智光秀(あけちみつひで)が普請目付になって改修したと言われています。1584年(天正12年)に筒井順慶が亡くなると関白・豊臣秀吉の命により、養子・筒井定次が伊賀上野城に転封になり、1585年(天正13年)に秀吉の異父弟・豊臣秀長(とよとみひでなが)が入城し、大規模に改修したと言われています。しかし1591年(天正19年)に秀長、1595年(文禄4年)に養子・豊臣秀保が亡くなり、その後五奉行・増田長盛(ますだながもり)が入城し、惣構えに改修したと言われています。関ヶ原の戦い後、増田長盛が高野山に追放されると建物は伏見城に移されたと言われています。江戸時代に水野勝成が入城する際、徳川幕府によって改修されました。その後1724年(享保9年)に柳沢吉里が入城すると明治維新まで柳沢氏の居城になりました。なお郡山城は1873年(明治6年)に建物が破却され、一部は売却されたそうです。
郡山城跡(本丸・毘沙門曲輪)は奈良県の指定史跡です。
*参考・・・郡山城跡(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【郡山城跡 見どころ・文化財】
郡山城跡の見どころは桜です。郡山城跡は桜の名所とされ、日本さくら名所100選にも選ばれています。ちなみに桜が見ごろを迎える3月下旬から4月上旬に大和郡山お城祭りが行われます。なお復元された追手門(梅林門)・追手東隅櫓・追手向櫓も見どころです。
奈良桜名所

【郡山城跡 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0743-52-2010(大和郡山市観光協会)

【郡山城跡 おすすめ散策ルート】
郡山城跡からは郡山城の本丸跡に造営された柳澤神社(やなぎさわじんじゃ)まで散策するのがおすすめです。

【郡山城跡 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・郡山城跡アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地蔵会万灯供養
    奈良で2019年8月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. なつの鹿寄せ

    奈良公園なつの鹿寄せ2019/7/14~9/22

    奈良公園なつの鹿寄せ(日程・時間等)を紹介。なつの鹿寄せは毎年7月中旬頃から9月中旬頃まで行われてい…
  2. ならまち遊歩

    ならまち遊歩2019/8/17~25

    ならまち遊歩(日程・時間等)を紹介。ならまち遊歩は毎年夏に行われています。ならまち遊歩では江戸時代の…
  3. 地蔵会万灯供養

    元興寺地蔵会万灯供養2019/8/23・24

    元興寺地蔵会万灯供養(日程・時間等)を紹介。地蔵会万灯供養は毎年8月23日・24日に行われています。…
  4. 平城京天平祭夏

    平城宮跡平城京天平祭夏2019/8/23~25

    平城宮跡平城京天平祭夏(日程・時間・・・)を紹介しています。平城京天平祭夏は毎年夏に行われています。…
  5. 奈良バサラ祭り

    バサラ祭り2019/8/24・25

    バサラ祭り(日程・時間等)を紹介。バサラ祭りは毎年夏に行われています。バサラ祭りでは春日大社・平城宮…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る