薬師寺花会式2018/3/25~31

薬師寺花会式は奈良の春の風物詩です。花会式は毎年3月25日から3月31日まで行われています。花会式では10種(梅・桃・桜・山吹・椿・牡丹・藤・百合・杜若・菊)の造花を本尊・薬師如来に供え、薬師悔過法要が行われます。なお鬼追式では薬師如来の力を授かった毘沙門天が暴れ回る黒・青・赤・白・黄の5匹の鬼を退散させます。(詳細下記参照)

【薬師寺花会式2018 日程時間(要確認)】
薬師寺花会式2018は2018年(平成30年)3月25日(日曜日)~31日(土曜日)13:00から行われます。

【薬師寺花会式 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市西ノ京町457
最寄り駅・バス停・・・西ノ京駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄橿原線

スポンサーリンク


【薬師寺花会式 花会式奉納行事(要確認)】
3月23日13:00からお身拭い
3月25日13:00から柴燈大護摩(火渡り式)
3月26日12:45から稚児行列、13:15から献香、14:00頃から百華能
3月27日14:00頃から奉納舞
3月28日13:15から献茶
3月29日13:15から献華、14:00頃から舞楽
3月30日14:00頃から奉納演奏
3月31日18:30から結願法要(18:30から神供・薬師悔過行法、20:30頃から鬼追い式)

【薬師寺花会式 歴史・簡単概要】
薬師寺花会式(はなえしき)・修二会(しゅにえ)は奈良時代から行われていたが、1108年(天仁元年)から毎年本尊・薬師如来に造花を供えるようになり、花会式と言われるようになりました。1107年(嘉承2年)第73代・堀河天皇が皇后・篤子内親王(とくしないしんのう)の病気平癒を本尊・薬師如来に祈願し、その霊験によって病気が平癒しました。翌1108年(天仁元年)に皇后が女官に10種類の造花を作らせ、本尊・薬師如来に供えたと言われています。ちなみに修二会は1月(正月)に行われる修正会 (しゅしょうえ) と同様に昨年を反省し、新年の国家安泰・天下泰平・万民豊楽・五穀豊穣などを祈願します。修二会は2月に行われることに由来し、修二月会とも言われています。修二会は中国のから伝わり、奈良時代には南都七大寺で盛んに行われるようになったと言われています。なお修二会は2月に行う寺院が多いが、薬師寺の場合には旧暦の2月末に行っていたことから新暦の3月25日から3月31日に行うようになったそうです。3月31日の結願の夜には鬼追式(おにおいしき)が行われます。
花会式では10種(梅・桃・桜・山吹・椿・牡丹・藤・百合・杜若・菊)の造花を本尊・薬師如来に供え、薬師悔過法要が行われます。薬師悔過法要は初夜(しょや)・半夜(はんや)・後夜(ごや)・晨朝(じんぢょう)・日中(にっちゅう)・日没(にちもつ)の1日6回あり、10人の練行衆が不眠不休で1週間行うそうです。そして最終日の結願の夜に鬼追式が行われます。鬼追式では薬師如来の力を授かった毘沙門天が暴れ回る黒・青・赤・白・黄の5匹の鬼を退散させます。ちなみに鬼追式終了後、お松明が授与されます。お松明には無病息災・家内安全などのご利益があるとも言われています。
堀河天皇は叔母で19歳年上だが、幼いころから聡明だったと言われる篤子内親王を皇后にすることを強く望んだと言われているそうです。堀河天皇と篤子内親王は仲は睦まじく過ごしたが、堀河天皇が1107年(嘉承2年)に20歳で崩御し、篤子内親王は余生を出家して、堀河天皇の菩提を弔ったと言われています。

【薬師寺 歴史・簡単概要】
薬師寺(やくしじ)は680年(天武天皇9年)第40代・天武天皇の発願により、鵜野讃良(うののさらら・持統天皇)の皇后の病気平癒を祈願する為、藤原京右京八条三坊に創建されたが、710年(和銅3年)の平城京遷都後に現在の場所である西ノ京に移されたと言われています。ちなみに当初の薬師寺では688年(持統天皇2年)に無遮大会(かぎりなきおがみ)が行われ、698年(文武天皇2年)には伽藍がほぼ完成したと言われています。その後薬師寺は973年(天禄4年)の火災や1528年(享禄元年)の筒井順興の兵火により、多くの伽藍を焼失し、創建当初の建物は東塔だけになりました。なお薬師寺は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
薬師寺は法相宗の大本山です。
*参考・・・薬師寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ薬師寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【薬師寺花会式 備考・リンク】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
薬師寺(アクセス・見どころ・・・)情報
薬師寺見どころ

関連記事

ピックアップ記事

  1. しあわせ回廊なら瑠璃絵
    奈良で2019年2月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 行基会大祭

    喜光寺行基会大祭2019/3/2

    喜光寺行基会大祭は奈良の春の風物詩です。行基会大祭は毎年3月2日に行われています。行基会大祭は行基の…
  2. お水取り

    東大寺お水取り2019/3/1~14

    東大寺お水取り2019は奈良の春の風物詩です。お水取り2019は2019年3月1日から14日まで行わ…
  3. 菅原天満宮おんだ祭

    菅原天満宮おんだ祭2019/2/25

    おんだ祭は奈良の新春の風物詩です。おんだ祭は毎年2月25日に行われています。おんだ祭では新春にこの秋…
  4. 盆梅展

    菅原天満宮盆梅展2019/2/10~3/10

    盆梅展は奈良の新春の風物詩です。盆梅展は毎年2月から行われています。盆梅展は祭神・菅原道真がこよなく…
  5. しあわせ回廊なら瑠璃絵

    しあわせ回廊なら瑠璃絵2019/2/8~14

    しあわせ回廊なら瑠璃絵は奈良の冬の風物詩です。しあわせ回廊なら瑠璃絵は毎年2月8日から14日まで行わ…

ピックアップ記事

  1. 若草山
    若草山は福岡県北九州市の皿倉山と山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園とともに新日本三大夜景に選ばれていま…
  2. 吉野山
    吉野山に造営されている吉水神社(よしみずじんじゃ)はかつて金峯山寺(きんぷせんじ)の僧坊・吉水院(き…
ページ上部へ戻る