薬師寺歴史の簡単マトメ-修学旅行・観光の解説

薬師寺(Yakushi-ji Temple)

薬師寺歴史の簡単マトメ-年表と重要人物

薬師寺歴史を簡単にまとめてポイント解説します。薬師寺は680年(天武天皇9年)に天武天皇が皇后・鵜野讃良(持統天皇)の病気平癒を祈願する為に発願し、藤原京右京八条三坊に創建されました。なお時代別に年表にまとめ、重要人物も紹介しています。

薬師寺見どころ

【前史(藤原京)】

★藤原京(ふじわらきゅう)は676年(天武天皇5年)頃から都の候補になり、その後整備され、694年(持統天皇8年)に飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)から遷都されました。

【薬師寺創建(起源・由来)】

★薬師寺は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」によると680年(天武天皇9年)に第40代・天武天皇(てんむてんのう)が皇后・鵜野讃良(うののさらら(第41代・持統天皇(じとうてんのう)))の病気平癒を祈願する為に発願したのが起源です。ただ第40代・天武天皇は686年(朱鳥元年)に薬師寺の完成を待たずに崩御しました。
★薬師寺は686年(朱鳥元年)に鵜野讃良が第41代・持統天皇に即位し、690年(持統天皇4年)から藤原京の造営を開始され、694年(持統天皇8年)に飛鳥浄御原宮から藤原宮に遷都すると藤原京右京八条三坊(奈良県橿原市城殿町)に建立されました。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【飛鳥時代(592年~710年)の出来事】

★688年(持統天皇2年)に無遮大会(かぎりなきおがみ)が行われました。
★697年(文武天皇元年)に「続日本紀(しょくにほんぎ)」によると本尊・薬師如来(やくしにょらい)が開眼し、翌698年(文武天皇2年)に薬師寺(本薬師寺)の伽藍がほぼ完成し、僧侶が住したと言われています。なお本薬師寺は「中右記(ちゅうゆうき)」・「左経記(さけいき)」などによると平安時代中期(11世紀初頭)まで存続していたとも言われています。本薬師寺跡には金堂・東塔の礎石、西塔の心礎が残されています。

【奈良時代(710年頃~794年頃)の出来事】

★710年(和銅3年)に平城京(へいじょうきょう)遷都が行われると718年(養老2年)に薬師寺も現在の場所・平城京右京六條二坊に移されました。
★養老年間(717年~724年)に吉備内親王(きびないしんのう)が第43代・元明天皇(げんめいてんのう)の為に東院堂を建立しました。
★722年(養老6年)に第40代・天武天皇の為に弥勒(みろく)像、第41代・持統天皇の為に釈迦(しゃか)像が造仏されました。
★730年(天平2年)に東塔が建立されたと言われています。
★奈良時代に薬師寺は四大寺に数えられ、金堂・東西両塔・大講堂など主要な伽藍に裳階(もこし)が付けられ、 「龍宮造り」とも言われました。

【平安時代(794年頃~1185年頃)の出来事】

★973年(天禄4年)に食堂からの出火によって講堂・三面僧坊・回廊・経蔵・鐘楼・中門・南大門・東院堂など薬師寺の多くの伽藍が焼失しました。
★989年(永祚元年)に台風によって金堂の上層が倒壊しました。
★1005年(寛弘2年)に食堂が再建され、1013年(長和2年)に南大門が再建されました。
★1095年(嘉保2年)に本薬師寺跡から仏舎利(ぶっしゃり)を掘り出しました。

【鎌倉時代(1185年頃~1333年頃)の出来事】

★1285年(弘安8年)に東院堂が再建されました。

【南北朝時代(1337年頃~1392年頃)の出来事】

★1361年(正平16年・興安元年)に地震によって金堂・東西両塔が破損し、中門・回廊・西院などが倒壊しました。

【室町時代(1336年頃~1573年頃)の出来事】

★1445年(文安2年)に台風によって金堂・南大門が倒壊し、仮金堂が建立されました。
★1512年(永正9年)に西院の西門(南門)が建立されました。1650年(慶安3年)に西院の西門が薬師寺の南門として移されました。

【戦国時代(1493年頃~1590年頃)の出来事】

★1528年(享禄元年)に筒井順興(つついじゅんこう)の兵火によって金堂・講堂・中門・西塔・僧坊など薬師寺の多くの伽藍が焼失しました。薬師寺創建時から唯一現存する東塔は焼失を免れました。

【江戸時代(1603年頃~1868年頃)の出来事】

★1600年(慶長5年)に金堂が再建されました。
★1603年(慶長8年)に休ヶ岡八幡宮が再興されました。
★1852年(嘉永5年)に講堂が再建されました。ただ1995年(平成7年)に解堂されました。

【明治時代以降(1868年頃~)の出来事】

★1944年(昭和19年)に地震によって金堂・講堂・東塔が傾斜し、東大門・北大門が倒壊し、塔頭(たっちゅう)・地蔵院(じぞういん)が大破しました。
★1976年(昭和51年)に金堂が再建されました。
★1981年(昭和56年)に西塔が再建されました。
★1991年(平成3年)に玄奘三蔵院が建立されました。
★1998年(平成10年)に薬師寺はユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)に登録されました。
★2003年(平成15年)に大講堂が再建されました。

【第40代・天武天皇:薬師寺開基】

第40代・天武天皇は第34代・舒明天皇と第35代・皇極天皇(第37代・斉明天皇)の子として生まれました。若い頃から兄・中大兄皇子と行動を共にし、668年(天智天皇7年)に兄・中大兄皇子が第38代・天智天皇に即位すると皇太弟として政治を助けました。その後甥で、天智天皇の第1皇子・大友皇子が成人すると皇嗣問題が起こりました。兄・天智天皇が病気に臥すと剃髪して吉野に引き籠りました。兄・天智天皇が崩御し、甥・大友皇子が第39代・弘文天皇に即位すると672年(天武天皇元年)に挙兵し、弘文天皇が自害しました。673年(天武天皇2年)に飛鳥浄御原宮で第40代・天武天皇として即位し、兄・天智天皇の皇女・鵜野讃良を皇后にしました。八色の姓で氏姓制度を再編したり、律令制の導入に向けて制度改革を進めたりしました。なお第40代・天武天皇は686年(朱鳥元年)10月1日に崩御しました。

【薬師寺 備考】
*参考・・・薬師寺(歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山(Mt. Wakakusa-yama)
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る