らぁめんトリカヂイッパイ(アクセス・マップ・・・)

らぁめんトリカヂイッパイ

らぁめんトリカヂイッパイ(アクセス・マップ・メニュー・・・)情報を紹介しています。らぁめんトリカヂイッパイは近鉄奈良線の生駒駅北側に位置しています。生駒駅から徒歩15分で行くことができ、公共交通機関利用者に比較的交通の便がよいラーメン店です。らぁめんトリカヂイッパイは奈良県道142号生駒停車場宛木線沿いにもあります。

【らぁめんトリカヂイッパイ アクセス・マップ】
場所・・・奈良県生駒市俵口町1093
最寄り駅・バス停・・・生駒駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。
*近鉄奈良線
路線・時刻表・運賃チェック

【らぁめんトリカヂイッパイ 営業時間・定休日(要確認)】
11:00~14:30・18:00~21:00(月曜日~土曜日)
11:00~14:30(日曜日)日曜日は不定期で18:00から営業
定休日は原則なし。

【らぁめんトリカヂイッパイ メニュー・価格(要確認)】
特製醤油らぁめん1,050円、特製塩らぁめん1,050円、特製味噌らぁめん1,150円、特製和えそば1,050円、醤油らぁめん800円、塩らぁめん800円、味噌らぁめん900円、和えそば800円、本日の限定
全部のせ(味玉・鶏チャーシュー)250円、麺大盛100円、味玉トッピング120円、豚肩ローストッピング(3枚)250円、鶏チャーシュー(3枚)180円
ミニそぼろご飯150円、玉子かけご飯150円、ごはん100円、ミニごはん50円、KIMAGURE丼400円
キリンハートランド400円、持ち帰り鶏チャーシュー500円

スポンサーリンク

【らぁめんトリカヂイッパイ 歴史・簡単概要】
らぁめんトリカヂイッパイは2014年(平成26年)6月28日に営業を開始しました。らぁめんトリカヂイッパイは無化調スープと100%国産小麦の自家製麺にこだわったラーメン店です。船長とも言われる店主・中村さんは3年ほど修行した後、17年間に渡って自営の整骨院で柔道整復師として働いていました。2011年(平成23年)に整骨院近くにラーメン家みつ葉(奈良市富雄元町)がオープンし、ラーメン店を開業する決意をしたそうです。その後製麺所の体験に参加したり、東京にある食の道場で15日間住み込みで勉強し、地元生駒(大阪生まれの奈良育ち)で開業しました。清湯スープは京赤地鶏の親丸鶏とガラを使っています。タレは島根県・森田醤油の生揚げ醤油に火入れ、魚醤をブレンドしています。麺は北海道産の超強力粉・ゆめちからを100%使用した自家製麺です。鶏チャーシューは国産の鶏ムネ肉をゆっくり時間を掛けて低温で調理しています。水は逆浸透膜式浄水器により、不純物を徹底的に除去しています。醤油らぁめんは地鶏の清湯スープに生揚げ醤油を使用しています。塩らぁめんは天然塩をブレンドし、貝柱・牡蠣煮干し・魚介の風味が香ります。なおらぁめんトリカヂイッパイはわざわざ訪れたいミシュランガイド2017に選ばれました。
*参考・・・らぁめんトリカヂイッパイ(アクセス・マップ・メニュー・・・)

【らぁめんトリカヂイッパイ 連絡先(要確認)】
電話番号・・・非公開
らぁめんトリカヂイッパイtwitter

【らぁめんトリカヂイッパイ おすすめ散策ルート】
らぁめんトリカヂイッパイからは西側にある阿弥陀寺を散策するのがおすすめです。周辺にはあまり観光スポットがないことから次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

【らぁめんトリカヂイッパイ 備考(駐車場・座席・・・)】
*駐車場あり店前5台
*全席禁煙
*10席(カウンター席のみ)
*カード不可・電子マネー不可

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る