法隆寺桜見ごろ

法隆寺桜は奈良の春の風物詩です。法隆寺には枝垂桜・染井吉野・山桜・里桜などの桜の木が植えられ、桜と夢殿(国宝)などの伽藍・池などの光景が美しいと言われています。夢殿近くには枝垂桜が植えられ、西院廻廊(国宝)の東出口や大講堂(国宝)の西側、そして東大門(国宝)付近の桜並木が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【法隆寺桜見ごろ(要確認)】
法隆寺桜は例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。なお桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
奈良桜見ごろ2019奈良桜ライトアップ2019奈良桜名所

【法隆寺桜・法隆寺 アクセス・地図】
場所・・・奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
最寄り駅・バス停・・・法隆寺駅(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。
*JR関西本線

*JR法隆寺駅からバス・法隆寺門前行きの場合、法隆寺門前
*JR王寺駅からバス・春日大社奈良行きの場合、法隆寺前
*近鉄奈良駅からバス・JR王寺駅行きまたはバス・法隆寺行きの場合、法隆寺前
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【法隆寺桜 歴史・簡単概要】
法隆寺は桜の名所です。桜は例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。法隆寺には枝垂桜(シダレザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・山桜(ヤマザクラ)・里桜(サトザクラ)などの桜の木が植えられ、桜と夢殿(国宝)などの伽藍・池などの光景が美しいと言われています。夢殿近くには枝垂桜が植えられ、西院廻廊(国宝)の東出口や大講堂(国宝)の西側、そして東大門(国宝)付近の桜並木が美しいと言われています。
夢殿は739年(天平11年)に行信僧都(ぎょうしんそうず)が聖徳太子を偲び、聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮(いかるがのみや)の旧地に建立した言われています。夢殿は厨子(ずし)に聖徳太子の等身像と言われている救世観音像(国宝)を安置しています。
西院廻廊は7世紀後半の飛鳥時代に建立されたが、大講堂近くの折れ曲がり部分より北側は平安時代に建立されたそうです。回廊は廊下だけでなく、聖域を区切る役割もあるそうです。
大講堂は925年(延長3年)に鐘楼とともに落雷によって焼失し、その後990年(正暦元年)に再建されたと言われています。大講堂は本尊・薬師三尊像(国宝)や四天王像(重要文化財)を安置しています。
東大門は奈良時代に建立されました。ただ東大門はかつて鏡池の東に南向きに建立されたが、平安時代に現在の場所に移されたとも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。なお奈良では奈良地方気象台の移転により、現在奈良女子大付属中等教育学校の染井吉野が標準木とされ、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。

【法隆寺 歴史・簡単概要】
法隆寺(ほうりゅうじ)・斑鳩寺(いかるがでら)は銅造薬師如来坐像(国宝)の光背銘によると第31代・用明天皇が自らの病気平癒を祈願する為に発願したが、実現しないまま崩御し、607年(推古天皇15年)に第33代・推古天皇と第31代・用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が遺志を引き継いで創建したのがも起源と言われています。また聖徳太子が第31代・用明天皇の為に発願したのが起源とも言われています。聖徳太子は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)」によると601年(推古天皇9年)に大和平野を見渡す斑鳩の里に斑鳩宮(いかるがのみや)を造営することを決意し、605年(推古13年)に飛鳥から斑鳩宮に移り住んだとも言われています。643年 (皇極2年) に聖徳太子の子・山背大兄王(やましろのおおえのおう)が蘇我氏に襲撃されて斑鳩宮で自害し、聖徳太子一族は滅亡しました。法隆寺は670年(天智9年)に焼失したが、その後再建され、693年(持統7年)に仁王会(にんのうえ)が行われたとも言われています。739年(天平11年)に行信僧都(ぎょうしんそうず)が聖徳太子を偲び、斑鳩宮の旧地に夢殿(国宝)を建立した言われています。その後慶長年間(1596年~1615年)に関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼が伽藍を修造し、江戸時代に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉とその生母・桂昌院が伽藍を修造しました。なお法隆寺は1993年(平成5年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(法隆寺地域の仏教建造物)のひとつに登録されました。
法隆寺は聖徳宗の総本山です。
*参考・・・法隆寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ法隆寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【法隆寺桜 備考】
*お祭り・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
法隆寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ピックアップ記事

  1. 聖武天皇祭
    奈良で2019年5月に行われるイベントです。イベントを見たり、参加したい方は事前に場所・時間・内容な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 薪御能

    薪御能2019/5/17・18

    薪御能は奈良の春の風物詩です。薪御能は毎年5月の第3金曜日・土曜日に行われています。薪御能では午前中…
  2. 三枝祭

    率川神社三枝祭2019/6/16~18

    率川神社三枝祭・ゆりまつりは奈良の初夏の風物詩です。三枝祭は毎年6月17日に行われています。三枝祭で…
  3. 竹供養

    大安寺竹供養2019/6/23

    大安寺竹供養は奈良の初夏の風物詩です。竹供養は毎年6月23日に行われています。竹供養では本尊・十一面…
  4. 夏越大祓式

    春日大社夏越大祓式2019/6/30

    春日大社夏越大祓式は奈良の夏の風物詩です。夏越大祓式は毎年6月30日に行われています。夏越大祓式(な…
  5. 弁財天供

    興福寺弁財天供2019/7/7

    興福寺弁財天供は奈良の夏の風物詩です。弁財天供は毎年7月7日に行われています。弁財天供では弁財天を安…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る