春日大社上巳の節供祭2020/4/3(日程・・・)

春日大社上巳の節供祭

春日大社上巳の節供祭(日程・・・)を紹介しています。上巳の節供祭は毎年4月3日に行われています。上巳の節供祭では4月3日の上巳の節句に桃花を飾った古式神饌を神前に供え、天下泰平・万民の幸福・子供の無病息災を祈願します。上巳の節供祭は1101年(康和3年)から始まったとも言われています。上巳の節供祭は五節供祭に数えられています。(詳細下記参照)

【春日大社上巳の節供祭2020 日程時間(要確認)】
春日大社上巳の節供祭2020(●新型コロナによる実施の有無・内容要確認)は2020年(令和2年)4月3日(金曜日)10:00から行われます。(拝観不可)

【春日大社上巳の節供祭 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市春日野町160
最寄り駅・バス停・・・春日大社本殿(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅からは奈良交通バス・春日大社本殿行き

*奈良交通バス・市内循環外回りの場合、春日大社表参道(徒歩約10分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク

【上巳の節供祭 歴史・簡単概要】
春日大社上巳の節供祭(じょうしのせっくさい)は1101年(康和3年)から始まり、春日大社で行われる五節供祭のひとつに数えられているそうです。ちなみに五節供祭は1月7日(人日の節句)の御祈祷始式・5月5日(端午の節句)の菖蒲祭・8月7日(七夕の節句)の七夕節供祭・10月9日(重陽の節句)の重陽節供祭です。
上巳の節供祭では4月3日の上巳の節句に桃花を飾った古式神饌を神前に供え、天下泰平・万民の幸福・子供の無病息災を祈願します。
上巳(じょうし・じょうみ)の節句は1月7日の人日(じんじつ・七草)の節句・5月5日の端午(たんご・菖蒲)の節句・7月7日の七夕(しちせき)の節句・9月9日の重陽(ちょうよう・菊)の節句とともに五節句に数えられています。ちなみに五節句は平安時代に中国から日本に伝わり、江戸時代には江戸幕府により、お祝いの日に定められたそうです。上巳の節句は旧暦の3月3日(新暦の4月頃)で、桃の花が咲く季節であることから桃の節句とも言われました。上巳の節句では元来川で身を浄め、紙などで作った人形で身体を撫でたり、息を吹き掛けたりして、人形に罪穢(つみけがれ)を移して水に流すというお祓いの行事が行われ、その後川に人形を流して厄災を祓う流し雛(ながしびな)の風習と変わったと言われています。
桃は中国で仙木・仙果とされ、古来から邪気を祓い、不老長寿を与えるとされました。また桃は陰陽道で魔除け・厄除けの果物と言われてます。ちなみに桃はバラ科モモ属の落葉小高木です。

【春日大社 歴史・簡単概要】
春日大社(かすがたいしゃ)は社伝によると約1,300年前に常陸国・鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を御蓋山(みかさやま)の山頂・浮雲峰(うきぐものみね)に勧請したのが起源と言われています。その後768年(神護景雲2年)左大臣・藤原永手(ふじわらのながて)が第48代・称徳天皇の勅命により、現在の場所に社殿を造営して、下総国・香取神宮の経津主命(ふつぬしのおおみこと)や河内国・枚岡神社(ひらおかじんじゃ)の天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)を勧請したと言われています。その後平安時代に藤原氏が隆盛すると官祭が行われるようになりました。ちなみに春日大社の例祭・春日祭は賀茂社(かもしゃ(上賀茂神社・下鴨神社))の葵祭・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の石清水祭と合わせて、三大勅祭に数えられました。春日大社は藤原氏の氏寺だった興福寺(こうふくじ)と関係が深く、興福寺が実権を握っていた時期もありました。なお春日大社は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
*参考・・・春日大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ春日大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【春日大社上巳の節供祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
春日大社(アクセス・見どころ・・・)情報
春日大社見どころ春日若宮おん祭2020春日若宮おん祭2020日程

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る