春日大社献茶祭2020/5/10(日程・時間・・・)

春日大社献茶祭

春日大社献茶祭

春日大社献茶祭(日程・時間・・・)を紹介しています。献茶祭は毎年5月10日に行われています。献茶祭はわび茶の完成者である茶人・千利休ゆかりの表千家・裏千家・武者小路千家の三千家の家元が3年交代の輪番制で行われます。献茶祭では舞殿で家元が濃茶(おこい)・薄茶(おうす)を点てて神前に供えます。なお献茶祭では神事後、拝服席が設けられます。(要確認)(詳細下記参照)

【春日大社献茶祭2020 日程時間(要確認)】
春日大社献茶祭2020は2020年(令和2年)5月10日(日曜日)11:00から行われます。なお裏千家の場合、10:00から行われます。

【春日大社献茶祭 アクセス・地図】
場所・・・奈良県奈良市春日野町160
最寄り駅・バス停・・・春日大社本殿(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*JR奈良駅・近鉄奈良駅からは奈良交通バス・春日大社本殿行き

*奈良交通バス・市内循環外回りの場合、春日大社表参道(徒歩約10分)
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

スポンサーリンク


【春日大社献茶祭 歴史・簡単概要】
春日大社献茶祭(けんちゃさい)はわび茶(草庵の茶)の完成者である茶人・千利休ゆかりの表千家(おもてせんけ)・裏千家(うらせんけ)・武者小路千家(むしゃのこうじせんけ)の三千家の家元が3年交代の輪番制で行われます。ちなみに輪番制は1947年(昭和22年)4月3日の話し合いによって決まったそうです。
献茶祭では舞殿で家元が濃茶(おこい)・薄茶(おうす)を点てて神前に供えます。なお献茶祭では神事後、拝服席が設けられます。(要確認)
表千家は千利休による千家流茶道の本家であり、利休が建てた茶室・不審庵(ふしんあん)を継いだ利休の孫・千宗旦(せんそうたん)の三男・江岑宗左(こうしんそうさ)に始まります。
裏千家は利休の孫・千宗旦が建てた茶室・今日庵(こんにちあん)を継いだ宗旦の末っ子・仙叟宗室(せんそうそうしつ)に始まります。
武者小路千家は千利休の孫・宗旦(そうたん)の次男・一翁宗守(いちおうそうしゅ)が茶室・官休庵(かんきゅうあん)が開いたことに始まります。
濃茶はたくさんの抹茶で練って点てたお茶です。薄茶は少なめの抹茶で点てられたお茶です。濃茶は薄茶と比べると格式が高いとされています。濃茶では色も味も濃厚になることから良質な抹茶が使われることが多いそうです。

【春日大社 歴史・簡単概要】
春日大社(かすがたいしゃ)は社伝によると約1,300年前に常陸国・鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を御蓋山(みかさやま)の山頂・浮雲峰(うきぐものみね)に勧請したのが起源と言われています。その後768年(神護景雲2年)左大臣・藤原永手(ふじわらのながて)が第48代・称徳天皇の勅命により、現在の場所に社殿を造営して、下総国・香取神宮の経津主命(ふつぬしのおおみこと)や河内国・枚岡神社(ひらおかじんじゃ)の天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)を勧請したと言われています。その後平安時代に藤原氏が隆盛すると官祭が行われるようになりました。ちなみに春日大社の例祭・春日祭は賀茂社(かもしゃ(上賀茂神社・下鴨神社))の葵祭・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の石清水祭と合わせて、三大勅祭に数えられました。春日大社は藤原氏の氏寺だった興福寺(こうふくじ)と関係が深く、興福寺が実権を握っていた時期もありました。なお春日大社は1998年(平成10年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都奈良の文化財)のひとつに登録されました。
*参考・・・春日大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ春日大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【春日大社献茶祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
春日大社(アクセス・見どころ・・・)情報
春日大社見どころ春日若宮おん祭2020春日若宮おん祭2020日程

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る