門僕神社(アクセス・見どころ・概要・・・)

門僕神社

門僕神社(アクセス・見どころ・拝観料金・ご朱印・・・)情報を紹介しています。門僕神社の例祭では柿と餅を100個ずつ竹串に刺して器の中で盛り上げ、その上に赤鶏頭(けいとう)の花と葉をさして人形をかたどった頭甲(すこ)という神饌や牛の舌・犬の舌と言われる大判形の餅などが神前に供えられ、獅子舞が奉納されます。

【門僕神社 アクセス・地図】
場所・・・奈良県宇陀郡曾爾村今井733
最寄り駅・バス停・・・曾爾村役場前(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。
*榛原駅からバス・曾爾村役場前行き
JRおでかけネット近畿時刻表・ダイヤ案内奈良交通バス案内システム

【門僕神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【門僕神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【門僕神社 歴史・簡単概要】
門僕神社(かどふさじんじゃ)は起源が明確ではありません。門僕神社は第21代・雄略天皇の時代に祀られたとも言われています。門僕神社は曽爾村八ヶ大字の産土神として信仰されたとも言われています。門僕神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」によると大和国宇田郡十七座と記され、平安時代以前から祀られていたとも言われています。その後中世に春日神社とも言われていたそうです。1679年(延宝7年)に社殿が造営さたが、洪水によって流され、その後社地の北端に移して再建されたと言われています。江戸時代に村の安泰・五穀豊穣を祈願する為、獅子舞が奉納されるようになったと言われています。なお門僕神社は天兒屋根命(あめのこやねのみこと)を主祭神に祀り、經津主命(ふつぬしのみこと)・武甕槌神(たけみかづちのかみ)・姫大御神(ひめおおみかみ)・玉祖命(たまのおやのみこと)・天手力男命(あまのたぢからおのみこと)・天宇受賣命(あまのうずめのみこと)を配祀しています。境内社には四社明社(大国主命・大田命・市杵島比賣命)・八幡宮(第15代・応神天皇)があります。

【門僕神社 見どころ・文化財】
門僕神社の見どころは奈良県の無形民族文化財に指定さている曽爾の獅子舞(そにのししまい)です。獅子舞は毎年10月の例祭で行われています。ちなみに曽爾の獅子舞には奉舞・神前舞・悪魔払・参神楽・獅子踊・接ぎ獅子・荒舞の種類があります。なお奈良県の天然記念物に指定されているお葉付きイチョウも見どころです。お葉付きイチョウは葉が直接実に付いた珍しいイチョウです。

【門僕神社 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0745-94-2106(曽爾村観光協会)

【門僕神社 おすすめ散策ルート】
門僕神社から室生龍穴神社(むろうりゅうけつじんじゃ)・室生寺(むろうじ)まで散策するのがおすすめです。

【門僕神社 備考(駐車場・御朱印・リンク・・・)】
駐車場あり。
*参考・・・門僕神社アクセス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 若草山
  2. 吉野山
ページ上部へ戻る