龍田大社節分祭・御火焚祭2024/2/3(日程時間・・・)

龍田大社節分祭・御火焚祭

龍田大社節分祭・御火焚祭(日程・・・)を紹介しています。節分祭・御火焚祭は例年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では一年の息災を祈願し、御火焚祭や福餅まきなどが行われます。御火焚祭では願い事が書かれた護摩木を護摩壇で浄火によって焚き上げます。節分祭では本厄除けの祈祷を受けられた方に福餅が撒かれます。(要確認)(詳細下記参照)

【龍田大社節分祭・御火焚祭2024 日程時間(要確認)】

龍田大社節分祭・御火焚祭2024は2024年(令和6年)2月3日(土曜日)13:30から行われます。(現在確認中・要注意)
*参考・・・龍田大社ホームページ
●奈良の寺院・神社では節分・豆まきなどの行事が行われています。
奈良節分・豆まき2023

【龍田大社節分祭・御火焚祭 アクセス・マップ】

場所・・・奈良県生駒郡斑鳩町龍田1-5-3
最寄り駅・バス停・・・龍田神社前(竜田神社前)(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*JR王寺駅・近鉄王寺駅から奈良交通バス

*近鉄筒井駅からバス・王寺行きの場合、龍田神社前(徒歩すぐ)
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【龍田大社節分祭・御火焚祭 歴史・簡単概要】

龍田大社節分祭(せつぶんさい)・御火焚祭(おひたきさい)は例年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では旧暦の年の変わり目である立春に今後1年間が無事に過ごせるように祈願します。
節分祭では一年の息災を祈願し、御火焚祭や厄除開運餅まきなどが行われます。御火焚祭では無病息災(むびょうそくさい)大願成就(たいがんじょうじゅ)などの願い事が書かれた護摩木(ごまぎ・祈願木)を護摩壇(ごまだん)で浄火(じょうか)によって焚き上げます。節分祭では本厄除けの祈祷を受けられた方に福餅が撒かれます。また福のおすそ分け福豆も撒かれます。(要確認)なお節分祭・御火焚祭では厄除開運甘酒が授与されます。(要確認)

  • 節分は元々季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。

【龍田大社 歴史・簡単概要】

龍田神社(たつたじんじゃ)・竜田神社は起源が明確ではありません。龍田神社は第10代・崇神天皇の時代に祀られたとも言われています。その後法隆寺(ほうりゅうじ・斑鳩寺)の鎮守になったと言われています。第31代・用明天皇の皇子・聖徳太子(厩戸皇子)が法隆寺を創建する場所を探していた際、老人に化した龍田大明神が現れ、「斑鳩の郷は仏法が末永興隆する地として伽藍建立に適している」と告げられ、聖徳太子は法隆寺の守護を願って、龍田大明神を祀ったと言われています。龍田神社は当初龍田比古命(たつたひこのみこと)・龍田比女命(たつたひめのみこと)を祀り、龍田比古龍田比女神社とも言われていたそうです。龍田神社は「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)・927年(延長5年)編纂」によると小社に列せられました。明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)によって法隆寺から離れ、龍田大社(たつたたいしゃ)の摂社になったが、1922年(大正11年)には龍田大社から独立しました。なお龍田神社は天御柱命(あめのみはしらのみこと)・国御柱命(くにのみはしらのみこと)・龍田比古命・龍田比女命を祀っています。ちなみに天御柱命・国御柱命は龍田大社から勧請されたと言われています。
*参考・・・龍田神社(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

【龍田大社節分祭・御火焚祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
龍田大社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

奈良観光おすすめ

  1. 柳生一刀石
  2. 若草山(Mt. Wakakusa-yama)
  3. 吉野山
ページ上部へ戻る